Select Language

【24人の24mm】大口径24mmで日常にスパイス

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月23日 20時30分]



日常にスパイス 06



皆様は、日頃24mmという焦点距離のレンズを、どの程度使いますか。
今現在、各メーカーから多くの種類の24mmのレンズが発売されています。
メーカーごとに設計思想が違い、シャープネスが優先されるものから、 大口径であるもの、最短撮影距離の短いものなど、実に様々です。

24mmという焦点距離は、今では一般的な広角域の焦点距離として 普及しています。
フルサイズセンサーを搭載するカメラに対応するズームレンズ としては、24-70mmなどの焦点距離が、俗にいう「大三元」の 一つとして数えられるようになってからも久しいです。

広角レンズを使う魅力は、その強烈なパースペクティブにあると いっても過言ではありません。
被写体のデフォルメ効果も相まって、24mm程度の広角レンズを 使うともなれば、その画角だけでフォトジェニックな写真を 撮影できます。
あるいは、風景写真などにおいて、純粋に「風景を広く写したい」 という欲求や、「室内を広く見せたい」といったシチュエーション で、効果的に撮影を行うことが可能です。

私が愛してやまないニコンは、もちろん24mmという 焦点距離のレンズを、世に送り出しています。
とりわけ歴史的に有名なものといえば、当時世界で初めて、 最短撮影距離0.3mを実現した、NIKKOR-N AUTO 24mm F2.8でしょうか。 (当時の広角レンズは、近くまで"寄れない"ことが当たり前でした。)

しかしながら今回使用したレンズは、別のもの。
24mmという焦点距離でありながら、F1.4という大口径を実現した、 AF-S 24mm F1.4G ED です。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/4000, F1.4, ISO 100)


パースペクティブの強い画角です。 開放ですと周辺減光もありますので、周辺減光を利用した視線誘導が可能です。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/1000, F1.4, ISO 100)

諧調表現が非常に豊かなレンズです。
こういった陰影のある描写でも、コントラストが付きすぎず、メリハリのある質感を写し取れます。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/8000, F1.4, ISO 500)

人通りが多い場所でのスナップ。
手前側の通行者がボケており、広角ながらその被写界深度の浅さがよくわかります。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/400, F1.4, ISO 500)

最短撮影距離は0.25mなので、近距離撮影で強いパースペクティブ効果と自然なボケを用いたドラマティックな撮影が可能です。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/8000, F1.4, ISO 500)

開放は少し甘さが残る描写ですが、数段絞ることによって改善します。
しかし24mmでF1.4という性能がなんだか楽しく、ついつい開放で撮ってしまいます。
甘さも、撮影像が破たんするようなものではなく、すこしクラシカルな雰囲気を感じるようなものです。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/1250, F1.4, ISO 500)

夕方のグラデーションをきれいに写し取ってくれています。
アウトフォーカス部が実になだらかなのがわかります。




AF-S 24mm F1.4G ED
(SS 1/640, F1.4 ISO 64)

木陰のベンチで読書をする夫婦。
柔らかな描写が、ゆっくりと流れる時間を表現してくれます。




AF-S 24mm F1.4G ED

私は、普段24mmの使用頻度が高いというわけではわりません。
たとえば、AF-S 24-70mm F2.8E ED VRを使用する際などに、必要に応じて使うという程度です。
古い言葉を借りるなら「写真は引き算」ですから、24mmという焦点距離によってもたらされる情報量を、フレーミングなどでいかにしてコントロールするかが肝要です。
私自身が、写真の専門学生だったころは、「中央は勝手に写るのだから、周辺部を意識しなさい。」と講師に口酸っぱく言われたものです。
そういう意味で、私が24mmで行った一連の撮影は、非常に難しいものでした。

ですが、このレンズはとても魅力的です。
昨今のレンズはシャープネス傾向の強いものが多く、裏を返せば空間描写能力に欠けたものが多い印象を受けます。
ディテールを優先的に描写する必要のあるランドスケープなどはレンズ本来のシャープさが重要かもしれませんが、人々を撮るようなドキュメンタリーチックな写真には、このAF-S 24mm F1.4G EDの持つ描写能力が最適に思えます。
ニコンの現行F1.4シリーズは、そういった立体描写にすぐれた、バランスのよいレンズがそろっております。
広角24mmの選択肢として、写真を撮ることを楽しくさせる、オススメの一本だと、私は思います。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲





↓使用した機材はこちら↓






[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月23日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.1

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発インタビュー Vol.1[2019年12月12日]

フルサイズミラーレスという新しいカメラのジャンルを作り出し、カメラ業界を牽引するまで成長をしたソニーのαシリーズ。その中でもプロスポーツや報道カメラマン向けのプロ機材として進化した『α9 II』や、6100万画素の超高画素でありながら、俊敏性も兼ね備えた『α7R IV』など今年は話題性の高いカメラを登場させました。今回のインタビューではこの2...
続きを読む
写真展のご案内 〜高桑正義 写真展『「Wonderful moments』~

写真展のご案内 〜高桑正義 写真展『「Wonderful moments』~[2019年12月12日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 高桑正義 写真展 『「Wonderful moments』 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月13日(金)〜 12月27日(金) 無休(入館は18:50まで)10:00〜19:00 会場:富士フィルム 東京ミッドタウン本社1階 フジフィルムスクエア内 GALLERY X
続きを読む