【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


単焦点の凄さを思い知らされる24mm


今回、私が使用したのは、6月14日に発売されたばかりの新レンズ「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)」です。
新レンズと言っても、ニコン/キヤノン/シグママウント用は、発売から既に3年ほど経過しており、「マウントコンバーター MC-11」を介せは、すでにSONY Eマウントボディでも使用できた本レンズ。
でも私には、純正マウントにこだわる理由があります。

「雨男」...。私の休みの日は、決まって天気が悪いのです。
最近では毎週通っている病院でも、「今日も雨ですね」が挨拶になってしまいました。
高い精度の真鍮製マウントを採用していても、隙間から水が入る恐れがある以上、接合部は少ないに越したことはありません。
そして撮影に出掛けた日も雨でした。

訪れたのは江戸時代に作られた学問所「湯島聖堂」。駅から近い聖堂は、平日でも多くの観光客の姿を見かける場所ですが、雨の日は見学者が少なくゆっくり撮影が楽しめます。
こういう時だけ、雨男で良かったと思います。
入口から石段を上がると正面に間口20mの杏壇門が。24mmの広い画角でも、石段を降りないを全景を捉えることができません。そして門の奥に母屋である大成殿を見ることができます。
雨に濡れた聖堂は、艶が増ししっとりとした印象です。大きな木々の隙間から光が差し込む難しいシチュエーション。
大きい明暗差により露出を決めるのに苦労しましたが、屋根の白トビを抑え、屋根下の黒つぶれもありません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

湯島聖堂の裏手は神田明神。
丁度撮影した日が七夕の直前ということもあり、境内にはたくさんの七夕飾りが置かれていました。私が訪れてしまったがために、織姫も彦星も雨で天の川が渡れないかもしれません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

広角単焦点レンズの楽しみの1つに接写があります。本レンズも25cmまでの近接撮影が可能で、マクロレンズのような使い方も可能です。
お神輿の細かな装飾もご覧のとおり。年期を感じさせつつも、大事にされている様子が伝わります。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

大口径ならではの大きなボケ味はとても柔らかく綺麗の一言です。ボケの大きな周辺部でも線の細い上品な描写で、ピント面と同じ質感を維持しています。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

歪みのない広角レンズは、直線を綺麗に描いてくれます。建物の撮影にとても重宝するレンズです。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

夕方になり、雨が上がったものの厚い雲が空を覆います。
ここ連日の猛暑を考えれば暑さが和らいだ分、逆に運が良かったのかもしれませんが、広角レンズの爽快感を味わうには、やはり青空の下がベストでしょう。
若干影になりつつも駅舎のレンガ地まで捉える高い解像力は、さすがArtレンズと言ったところでしょうか。

個人的には、スナップ撮影には35mmが最適なレンズだと思っています。それでもAPS-Cカメラと併用していると、どちらでも使えるフルサイズの24mmは意外と便利なレンズです。

小型軽量が魅力のSONY α7シリーズに対して、「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM」は少々大きめのレンズです。
高性能なズームレンズも24mmをカバーし、 大きさもほぼ同等とを考えると、なかなか手にしづらいレンズかもしれません。
それでもF1.4の大きなボケ味や、広角レンズならではの近接撮影、周辺部までシャープに捉える切れ味の良さなど、本レンズでしか味わえない描写を目にすると、やっぱり単焦点レンズは凄いなと思い知らせれます。
24mmはズームレンズで持っているから必要ない、と思わないでください。ズームレンズとは違った便利さが伝わる1本です。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]