【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


単焦点の凄さを思い知らされる24mm


今回、私が使用したのは、6月14日に発売されたばかりの新レンズ「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)」です。
新レンズと言っても、ニコン/キヤノン/シグママウント用は、発売から既に3年ほど経過しており、「マウントコンバーター MC-11」を介せは、すでにSONY Eマウントボディでも使用できた本レンズ。
でも私には、純正マウントにこだわる理由があります。

「雨男」...。私の休みの日は、決まって天気が悪いのです。
最近では毎週通っている病院でも、「今日も雨ですね」が挨拶になってしまいました。
高い精度の真鍮製マウントを採用していても、隙間から水が入る恐れがある以上、接合部は少ないに越したことはありません。
そして撮影に出掛けた日も雨でした。

訪れたのは江戸時代に作られた学問所「湯島聖堂」。駅から近い聖堂は、平日でも多くの観光客の姿を見かける場所ですが、雨の日は見学者が少なくゆっくり撮影が楽しめます。
こういう時だけ、雨男で良かったと思います。
入口から石段を上がると正面に間口20mの杏壇門が。24mmの広い画角でも、石段を降りないを全景を捉えることができません。そして門の奥に母屋である大成殿を見ることができます。
雨に濡れた聖堂は、艶が増ししっとりとした印象です。大きな木々の隙間から光が差し込む難しいシチュエーション。
大きい明暗差により露出を決めるのに苦労しましたが、屋根の白トビを抑え、屋根下の黒つぶれもありません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

湯島聖堂の裏手は神田明神。
丁度撮影した日が七夕の直前ということもあり、境内にはたくさんの七夕飾りが置かれていました。私が訪れてしまったがために、織姫も彦星も雨で天の川が渡れないかもしれません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

広角単焦点レンズの楽しみの1つに接写があります。本レンズも25cmまでの近接撮影が可能で、マクロレンズのような使い方も可能です。
お神輿の細かな装飾もご覧のとおり。年期を感じさせつつも、大事にされている様子が伝わります。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

大口径ならではの大きなボケ味はとても柔らかく綺麗の一言です。ボケの大きな周辺部でも線の細い上品な描写で、ピント面と同じ質感を維持しています。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

歪みのない広角レンズは、直線を綺麗に描いてくれます。建物の撮影にとても重宝するレンズです。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

夕方になり、雨が上がったものの厚い雲が空を覆います。
ここ連日の猛暑を考えれば暑さが和らいだ分、逆に運が良かったのかもしれませんが、広角レンズの爽快感を味わうには、やはり青空の下がベストでしょう。
若干影になりつつも駅舎のレンガ地まで捉える高い解像力は、さすがArtレンズと言ったところでしょうか。

個人的には、スナップ撮影には35mmが最適なレンズだと思っています。それでもAPS-Cカメラと併用していると、どちらでも使えるフルサイズの24mmは意外と便利なレンズです。

小型軽量が魅力のSONY α7シリーズに対して、「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM」は少々大きめのレンズです。
高性能なズームレンズも24mmをカバーし、 大きさもほぼ同等とを考えると、なかなか手にしづらいレンズかもしれません。
それでもF1.4の大きなボケ味や、広角レンズならではの近接撮影、周辺部までシャープに捉える切れ味の良さなど、本レンズでしか味わえない描写を目にすると、やっぱり単焦点レンズは凄いなと思い知らせれます。
24mmはズームレンズで持っているから必要ない、と思わないでください。ズームレンズとは違った便利さが伝わる1本です。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

SIGMA DP3 Merrill 【SIGMA】FFFを待ち焦がれ 2019年07月11日
フルサイズセンサーのFoveon。 Foveonユーザーになってからずっと夢見ていたその時が ついに来年実現しそうで考えるとソワソワしてしまいます。 ちなみにFoveon FFは Quattroの1:1:4からFoveonのオリジナルである1:1:1が採用されるとのこと。 その流れも含め今回は DP3 Merrillで撮影した横浜山手西洋館です。 もともと撮影する人たちにとって楽しいスポットですが 毎年何かの展示が開催されることがあります。 今回、数年前の展示ではございますがどうかご覧ください。 金属の質感...
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む
本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
熱帯植物園 【SIGMA】熱帯植物園 2019年05月10日
今回、私が選んだカメラは、2015年に発売された 【SIGMA dp0 Quattro】です。 これを持って熱帯植物園へ行ってきました。 レンズは14mmF4。 35mm判換算で21mm相当の焦点距離です。 歪曲収差が少ないのが特徴です。 目の前いっぱいに広がる熱帯の植物たちを、 一つとして逃がすまいとシャッターを切ります。 目に映る迫力をそのままに。 dp0の超広角と極限まで抑え込まれた歪曲収差だからこそできる表現ではないでしょうか。 もっとこの熱帯の世界を切り取りたいと、ワイドで...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]