【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】単焦点の凄さを思い知らされる24mm

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)


単焦点の凄さを思い知らされる24mm


今回、私が使用したのは、6月14日に発売されたばかりの新レンズ「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)」です。
新レンズと言っても、ニコン/キヤノン/シグママウント用は、発売から既に3年ほど経過しており、「マウントコンバーター MC-11」を介せは、すでにSONY Eマウントボディでも使用できた本レンズ。
でも私には、純正マウントにこだわる理由があります。

「雨男」...。私の休みの日は、決まって天気が悪いのです。
最近では毎週通っている病院でも、「今日も雨ですね」が挨拶になってしまいました。
高い精度の真鍮製マウントを採用していても、隙間から水が入る恐れがある以上、接合部は少ないに越したことはありません。
そして撮影に出掛けた日も雨でした。

訪れたのは江戸時代に作られた学問所「湯島聖堂」。駅から近い聖堂は、平日でも多くの観光客の姿を見かける場所ですが、雨の日は見学者が少なくゆっくり撮影が楽しめます。
こういう時だけ、雨男で良かったと思います。
入口から石段を上がると正面に間口20mの杏壇門が。24mmの広い画角でも、石段を降りないを全景を捉えることができません。そして門の奥に母屋である大成殿を見ることができます。
雨に濡れた聖堂は、艶が増ししっとりとした印象です。大きな木々の隙間から光が差し込む難しいシチュエーション。
大きい明暗差により露出を決めるのに苦労しましたが、屋根の白トビを抑え、屋根下の黒つぶれもありません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

湯島聖堂の裏手は神田明神。
丁度撮影した日が七夕の直前ということもあり、境内にはたくさんの七夕飾りが置かれていました。私が訪れてしまったがために、織姫も彦星も雨で天の川が渡れないかもしれません。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:200
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

広角単焦点レンズの楽しみの1つに接写があります。本レンズも25cmまでの近接撮影が可能で、マクロレンズのような使い方も可能です。
お神輿の細かな装飾もご覧のとおり。年期を感じさせつつも、大事にされている様子が伝わります。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

大口径ならではの大きなボケ味はとても柔らかく綺麗の一言です。ボケの大きな周辺部でも線の細い上品な描写で、ピント面と同じ質感を維持しています。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F4 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:250
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

歪みのない広角レンズは、直線を綺麗に描いてくれます。建物の撮影にとても重宝するレンズです。




SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100
使用機材:SONY α7II + SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM(ソニーE用/フルサイズ対応)

夕方になり、雨が上がったものの厚い雲が空を覆います。
ここ連日の猛暑を考えれば暑さが和らいだ分、逆に運が良かったのかもしれませんが、広角レンズの爽快感を味わうには、やはり青空の下がベストでしょう。
若干影になりつつも駅舎のレンガ地まで捉える高い解像力は、さすがArtレンズと言ったところでしょうか。

個人的には、スナップ撮影には35mmが最適なレンズだと思っています。それでもAPS-Cカメラと併用していると、どちらでも使えるフルサイズの24mmは意外と便利なレンズです。

小型軽量が魅力のSONY α7シリーズに対して、「SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM」は少々大きめのレンズです。
高性能なズームレンズも24mmをカバーし、 大きさもほぼ同等とを考えると、なかなか手にしづらいレンズかもしれません。
それでもF1.4の大きなボケ味や、広角レンズならではの近接撮影、周辺部までシャープに捉える切れ味の良さなど、本レンズでしか味わえない描写を目にすると、やっぱり単焦点レンズは凄いなと思い知らせれます。
24mmはズームレンズで持っているから必要ない、と思わないでください。ズームレンズとは違った便利さが伝わる1本です。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月25日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】「Eがいいっ」Art 28mm F1.4 DG HSM 2019年02月15日
新製品「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」のハンズオンに出かけた日、興味本位でSIGMA マウントコンバーター MC-11も装備していきました。 何を隠そう、筆者のメインカメラはフルサイズα。当時は対応ファームウェアもリリース前(※)でしたが、「フルサイズαの5軸手振れ補正と組み合わせたら最強だな・・・」と膨らんだ妄想は無言実行あるのみ。そう、「Eがいいっ」のです。 ナイフとランプを鞄に詰め込むだけでは飽き足らず、SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSMとCanon EOS 5D Mark IV、そしてMC-11を取り付...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 【SIGMA】 dp3 Quattroで秋のバラ園を行く。 2018年10月09日
皆様こんにちは! 気付けばもう10月。時が過ぎるのもあっという間です。 今回は、もうすぐ始まる旧古河庭園のバラフェスティバルの前に いつぞや撮影した同所の秋バラを載せていきます。 使用したカメラはSIGMA dp3 Quattroです。 「Foveon X3センサーQuattro」と銘打った独自センサーと50mm F2.8(35mm判換算75mm相当)で マクロ撮影もこなせる高性能レンズの相性は抜群! dpシリーズは撮影を終えてRAW現像するたびにニヤニヤしてしまう不思議な力があります。 「画質」を追い求める人は避けて...
続きを読む
SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ 2018年08月23日
F1.4 1/100 ISO-125 先日、東京駅近辺にて友人とポートレート撮影をしてきました。 とても暑い日でしたが、東京駅近辺はポートレートにうってつけの撮影地が沢山あったので、 二人で撮影に夢中で楽しい一日となりました。 F1.4 1/500 ISO-100 とろけるようなボケ味とキレのあるピントがSIGMA Artならではの魅力です。 今回のArt 105mm F1.4、他社にも負けないこの解像力にとても惚れ惚れしました。 背景のビルの描写も湾曲することなく、真っ直ぐと綺麗に写されています。 ピントも素早...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]