MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【24人の24mm】一味違う24mm

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月07日 20時30分]



長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5.6 | 1/80 | ISO100


一味違う24mm


「24mm」と聞くと、単焦点レンズの代表的な焦点距離である一方、 標準的なズームレンズのワイド端という重要な焦点距離です。 レンズ交換式のカメラをお使いの読者の方にとっては、よく目にする焦点距離ではないでしょうか。

そんな「24mm」で筆者が思いついたのが、キヤノン TS-E 24mm F3.5L IIです。
このレンズはキヤノンのラインアップ、Lレンズの1本で、ティルト、シフト撮影を可能にした特殊なマニュアルレンズです。




SONY α7RⅢ+SIGMA MC-11+TS-E 24mm F3.5L Ⅱ

今回はそんなTS-E 24mm F3.5L IIを使って撮影しました。
カメラは筆者の愛機のひとつ、SONY α7RⅢ。
長くキヤノンのユーザーでもある事から、この2つの組み合わせで撮る事にしました。 カメラとレンズを組み合わせるのは、α7ユーザーにはお馴染みのSIGMA MC-11です。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F3.5 | 1/100 | ISO800

撮影へ向かったのは東京から中央道 諏訪IC経由で往復400Km、長野県南佐久郡佐久穂町、八ヶ岳の山中。
標高2000mを超える地点は真夏日でも気温20度前後と過ごしやすい気候でした。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F3.5 | 1/100 | ISO400

遠近感とピントの合う範囲をコントロールできるのがこのレンズの最大の特徴です。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5.6 | 1/125 | ISO100

逆ティルトでは想像を超えるほどのぼかしが非ピント面に発生しますので、簡単にミニチュア風な仕上がりになります。
フォトショップで加工するのではなく、敢えて手間をかけて光学的に補正するのがこのレンズを使う楽しみの1つです。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5 | 1/500 | ISO100

以前、キヤノン EOS5D MarkⅣとの組み合わせで使用した際は、ピントの調整の為に三脚を据えて撮影するのが基本でした。
α7RⅢではEVF内でピントを拡大できるため、三脚を使わなくとも意図したところにピントを置きやすい為、より軽装で撮影が出来ます。

※細かいピントの調整には三脚を使用する事を推奨致します。

   






▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月07日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]