【24人の24mm】一味違う24mm | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】一味違う24mm

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月07日 20時30分]



長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5.6 | 1/80 | ISO100


一味違う24mm


「24mm」と聞くと、単焦点レンズの代表的な焦点距離である一方、 標準的なズームレンズのワイド端という重要な焦点距離です。 レンズ交換式のカメラをお使いの読者の方にとっては、よく目にする焦点距離ではないでしょうか。

そんな「24mm」で筆者が思いついたのが、キヤノン TS-E 24mm F3.5L IIです。
このレンズはキヤノンのラインアップ、Lレンズの1本で、ティルト、シフト撮影を可能にした特殊なマニュアルレンズです。




SONY α7RⅢ+SIGMA MC-11+TS-E 24mm F3.5L Ⅱ

今回はそんなTS-E 24mm F3.5L IIを使って撮影しました。
カメラは筆者の愛機のひとつ、SONY α7RⅢ。
長くキヤノンのユーザーでもある事から、この2つの組み合わせで撮る事にしました。 カメラとレンズを組み合わせるのは、α7ユーザーにはお馴染みのSIGMA MC-11です。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F3.5 | 1/100 | ISO800

撮影へ向かったのは東京から中央道 諏訪IC経由で往復400Km、長野県南佐久郡佐久穂町、八ヶ岳の山中。
標高2000mを超える地点は真夏日でも気温20度前後と過ごしやすい気候でした。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F3.5 | 1/100 | ISO400

遠近感とピントの合う範囲をコントロールできるのがこのレンズの最大の特徴です。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5.6 | 1/125 | ISO100

逆ティルトでは想像を超えるほどのぼかしが非ピント面に発生しますので、簡単にミニチュア風な仕上がりになります。
フォトショップで加工するのではなく、敢えて手間をかけて光学的に補正するのがこのレンズを使う楽しみの1つです。




長野県南佐久郡佐久穂町にて
SONY α7RⅢ + SIGMA MC-11 + TS-E 24mm F3.5L Ⅱ
F5 | 1/500 | ISO100

以前、キヤノン EOS5D MarkⅣとの組み合わせで使用した際は、ピントの調整の為に三脚を据えて撮影するのが基本でした。
α7RⅢではEVF内でピントを拡大できるため、三脚を使わなくとも意図したところにピントを置きやすい為、より軽装で撮影が出来ます。

※細かいピントの調整には三脚を使用する事を推奨致します。

   






▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月07日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Motorsports photo #8 【増税前にデビュー】Motorsports photo #8 2019年09月23日
「ミラーレスカメラでモータースポーツデビュー」 筆者は6年ほどNikon D4でモータースポーツを撮影しておりましたが、ここ1年ほどはミラーレスカメラで撮ることが多くなっています。 筆者がミラーレスカメラに移行し始めた理由は、機材の軽量化とファインダーが見やすいという点から。 サーキットでは1日中、様々なコーナーから撮影をするので、ボディが軽くなることはとても助かります。ですが筆者が移行を決めた1番の理由は小型軽量よりも、ファインダーの見やすさなのです。このことだけでミラーレスカ...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]