【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER

[ Category:Canon|掲載日時:2018年07月20日 20時30分]



遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください!






24mmで ENJOY!SUMMER


夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。

そんなわけで向かったのは、都心から程近いとある湖。今回は筆者ファミリーと友人ファミリーの2家族でレッツキャンピングです。


 

この日は天気予報で「危険な暑さになる」と言っていた土曜日。キャンプ道具を荷下ししただけで汗が滝のように流れてきます。

友人と「キンキンに冷えた生ビール飲みたいねぇ」と話していると、子供達がバーカウンターを占領していました。「りんごじゅーちゅロックで!」という声が聞こえてきそうです。






今回は船でしか行けない場所にキャンプ場があるので、テントなど大量の荷物を船に積み込み湖を渡ります。

風が気持ちいい…と思ったら、まあまあの熱風です。そしてジリジリと肌を焼く攻撃的な日差し。今年も夏が来ました!






タープを張って、テントを建てて、ひと休み。と思ったら、子供達が川で遊びたいというのでスイカを冷やしがてら小川でじゃぶじゃぶ。

父親の威厳を見せつける為に網でアブラハヤ(魚)を6匹捕獲してやりました。






大人だって楽しい!

もともとアウトドア好きの家族同士なのですが、子供が生まれてからしばらく行けない年月がありました。
筆者は昨年5年ぶりにキャンプ復帰。友人は初の子連れキャンプだったので本当に嬉しそうです。






キャンプの醍醐味の一つは、夕食からの夜の時間。
ここから焚き火に移行してダラダラとお酒を飲みながら色々な話をするのがたまりません。

友人は気合を入れて仕込んできたローストチキンをダッチオーブンで仕上げ、筆者はインド仕込みのタンドリーチキンを炭火で焼き上げます。






夕食の時から子供達が「ねぇ、花火まだ〜? あとどのくらい? あと何分くらい? お星様が出てきたら? 早く花火やりたいんだけど〜」と花火アピールを猛プッシュしてきます。

そして念願叶っての花火タイム。私も小さいころキャンプでやる花火がものすごく楽しみだった事を思い出しました。息子もいい顔して花火を楽しんでいます。






花火の締めは、やっぱり線香花火。

たくさん遊んで楽しかった1日、そしてその日のクライマックスにやる“締めの線香花火”は、本当に素晴らしい日本文化だなとしみじみい思いました。






今回使用したレンズは『Canon EF24mm F1.4L II USM』。『SIGMA マウントコンバーター MC-11』を使用し、『SONY α7RIII』へ装着して撮影をしました。
子供がまだ幼く、足元にくっついている事も多いので距離が近くても全身が撮れる広角レンズはとても便利です。また、花火の明るさでもシャッタースピードを稼げるF1.4の明るさはさすがだと感じました。“ハイスピードレンズ”と呼ばれるだけの事はあります。今や標準ズームでも撮れる画角ではありますが、描写も含め単焦点レンズだからこその良さを沢山感じた1本でした。

今年もカメラと共に暑い夏を満喫しましょう!








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年07月20日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.04 【Canon】R Playing vol.04 2019年01月16日
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100 今回はプライベートでも最も愛用している画角、 中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。 レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13) フィルター径:58mm  重量:約425g 1992年生まれなので27歳。 今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。 持ってみるととにかく軽い。 ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。 毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので シテ...
続きを読む
日常にスパイス09 【Nikon】大口径望遠単焦点で日常にスパイス 2019年01月16日
日常にスパイス 09 最近、加速度的に、時間が早く経過していくように感じます。 「あぁ、2018年ももうすぐ終わりだなぁ」なんて考えていたら、 いつの間にか、年が明けてすでに2週間も経過してしまいました。 昨年は、Z7,Z6が発売し、AF-S 500mm F5.6E PF ED VRや、各種Zマウント用レンズなど、 Nikonを愛してやまない私にとっては、そのNikonを存分に堪能できた一年でした。 その上で、新たに今年の抱負も設けるとすれば、「もっとNikonを知り尽くす」です。 「昨年とそんなに変わらな...
続きを読む
null 新しいフォトコンテスト始まりました! 2019年01月16日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 週替わりフォトコンテスト「動物」フォトコンテスト 1/16(水)~1/23(水)の期間中に投稿された動物写真作品が対象です! 何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! 他のフォトコンテストへの同時投稿でW授賞のチャンス! 動物写真作品を投稿するだけ! 今ならW受賞のチャンス 同時開催...
続きを読む
【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 2019年01月16日
『OLYMPUS PEN-F』 私がマップカメラで働き始めてから、初めて買ったカメラです。 フィルム時代からのフォルムをそのまま再現しており、フィルムカメラに憧れがあるが難易度が高いと考えていた私は一目惚れしました。 実際に使ってみると簡単な操作性と高スペックが揃っております。 焦点距離:25mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200 OLYMPUS公式ホームページにはこんな一文があります。『聞こえていた音、空気感までもが写真に残る。そんな写真を撮る楽しさを提供できるカメラを...
続きを読む
M-Eが良い。 【Leica】M‐Eが良い。 2019年01月15日
今回私が興味を持ったライカは、M-E 中身はM9と同じです。 違いはUSBケーブルの差し込み端子がない事と、 フレームセレクトレバーがないこと。 そして、独特なグレーのペイント。 このペイントが非常に良く、 光の加減で、青みがかったり、緑がかったり深みのある色です。 そして、使い込んでいくと、よく擦れる場所や、ぶつけた部分が剥げ真鍮の金色が覗いてきます。 長く使っていきたいカメラです。 早速持ち出して撮影へ 慣れない運転に苦心し、久々に訪れた相模湖。 寒い。そして既に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]