【24人の24mm】24mmで 百段階段。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】24mmで 百段階段。

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年07月30日 20時30分]




【24人の24mm】24mmで 百段階段。


24mm。

個人的にはこの焦点距離から1mm広いと「超広角」なイメージです。
28mmと24mmのレンズ本数ってどちらが多いんでしょうか。昔からの「広角」レンズ代表格なのは間違いありません。

今回の企画で24mmの使い道、というのを色んな視点から見ていて、あぁ、なるほど。こういう風に使うものなのか、と感心しています。

そんな24mmという画角にたじたじな私が選んだ道。
それは「室内撮り」でございます。
移動に制限のある空間だからこそ広角レンズが活躍するケースをお見せ出来ればと思います。




null
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

というわけで今回は東京、目黒の雅叙園で開催されている和のあかり×百段階段2018に足を運びました。
この和のあかり×百段階段 というイベントは数年前から気になっていたのですがなかなか行くきっかけがありませんでした。

なぜかというと常用レンズが中望遠レンズだったからです。
勿論中望遠レンズなりの切り撮り方、楽しみ方はあると思います。

でも折角ならスケール感をそのまま撮れるほうが楽しいと思って、行かないままでいたのですが、広角レンズで撮る機会を得たので行ってみました。

一枚目は草丘の間のMIRRORBOWLER (ミラーボーラー)という方々の作品。
このショットは内部だけを切り撮りました。
全体で見るとさらに素晴らしい空間がありますのでぜひ観に行ってみてください。




null
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

「十畝(じゅっぽ)の間」の折花(おりはな)一枚の紙を折った様々な花が敷き詰められています。
周りの暗がりを入れるのか入れないのか。
一枚目もそうですが広角レンズというのは被写体の要素が多いので特に「引き算」を意識することが多いです。




null
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

こちらは星光の間から一枚。24mmでちょうど良かったなぁと思った画。
野山の草花をそのままに光らせています。




null
絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.



null
絞り:F2.5 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

広角は高低差で写真が全然違うものになります。
どの画を選択するのか、悩みは尽きません。




null
絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

まるで宇宙空間のような…
広角レンズの楽しみ方の一つ。撮影最短距離の短さ。
アウトフォーカス部に広がっていく世界がメインの被写体をさらに引き立ててくれます。




null
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

左右対称。
イメージした構図通りに撮れると広角はバッチリ気持ちいいものです。これは撮れていませんが…
広角ともなると手の僅かな角度、立つポジションのほんの少しの差で構図が崩れます。
だからこそバッチリ撮れた広角の世界は私たちの目を惹きつけてやまないのだと思います。

しかし見事に中央構図狙いばかりになってしまいました。
構図のバランスが大事な広角だからこそ、構図の「崩し」があるとよりダイナミックになったり、印象が変わります。
広角を使いこなす方々は世界がよく見えているなぁと感心してばかりです。




null


というわけで今回の 24mmはPanasonic LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
ボディは同メーカーの Panasonic LUMIX G9 PRO です。

マイクロフォーサーズはセンサーサイズの関係上フルサイズやAPS-Cセンサーに比べて被写界深度が深めです。
広角レンズにおいてはパンフォーカスで撮りたい時など他のセンサーサイズに比べてF値を絞らなくていいという、その深度の深さが優位に働く場合があります。




null
絞り:F2.0 / シャッタースピード:1/13秒 / ISO:400
使用機材:Panasonic G9 PRO + LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.

ちなみにこの百段階段。

階段数は99段しかありません。

理由はなぜか。もし興味があれば行ってみてください。

最近の暑さは本当に気をつけないといけません。
室内で楽しめるこういったイベント、是非足を運んでみてください。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年07月30日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]