アナログが熱い夏。 | THE MAP TIMES 
Select Language



アナログが熱い夏。

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月20日 10時30分]




null

デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。
ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。


null

10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。
紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。
きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光を行っていれば、最新機種に負けず劣らずの画像を出力できる点に驚きました。
アナログ媒体に秘められたパワーは凄いです。


null

暑いを通り越して酷暑が続く今日この頃。
暑さにめっぽう弱い私は、エアコンのよく効いた部屋で黙々とネガのデジタル化に打ち込んでいます。
今回の使用アイテムは、ニコンから発売されている「フィルムデジタイズアダプター ES-2」。

構造も使い方も至ってシンプル。
フィルムをセットしたホルダーを、乳白色のアクリル板を備えた透過板ユニットに装着し、フラッシュやLEDライトなどのバックライトを当てて撮影、といった流れです。

焦点距離60mm前後のマクロレンズに装着して、35mm判フィルムを1コマ単位でデュープできるアイテムです。
ニコンが誇るマイクロレンズ「Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D」「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G」、換算60mm相当になるDXフォーマット専用「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G」との組み合わせが前提ですが、フィルムスキャナー特有の待ち時間もなく、気軽にデジタル化を行える便利さが嬉しいところ。



null

付属のスリーブホルダーにフィルムを置いたところ。
位置調整後にホルダーを畳んでフィルムを固定した後、透過版ユニットにマウントさせます。



null

透過版ユニットにマウントさせたところを、カメラ背面向かって右側から撮影したところ。
今回チョイスしたレンズは「Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D」。画面左側のレンズ先端から、このレンズ専用のアダプターを介して透過板ユニットを取り付けています。


null

透過板ユニット上部の金属ネジを回すと、なんと透過板ユニット自体の全長も変更できます。
接写はピント合わせがシビアなため、ある程度の「遊び」を持たせているようです。
ピントリング位置を決めてユニットの全長を調整した後、右側から光を当てれば準備完了です。
今回はLPLから出ているLEDライト「VL-1400C」を使用しました。
常時光を当てられるLEDライトは、ピント面の追い込みも楽になるのでおススメです。



null

2012年の5月、大分県を訪れたときの一コマ。
コダックPORTRAの柔らかな画質はいつ見てもため息がでます。
今回はフィルムベースの特徴なのか、シアンが強かったので少し残してみましたが、調整はまだ詰められそうな予感。


写真との付き合いも早13年。
撮り貯めたフィルムも、ネガとリバーサル含めて100本分近くになりました。
安全な環境下での保管は重要なものの、経年変化によるフィルム劣化などの想定も必要。
スマートデバイスでの活用法など、新たな使い方もやはり必要。


暑い今年の夏は、面白いことができそうな夏になりそうです。




〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]