アナログが熱い夏。 | THE MAP TIMES 
Select Language



アナログが熱い夏。

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月20日 10時30分]




null

デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。
ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。


null

10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。
紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。
きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光を行っていれば、最新機種に負けず劣らずの画像を出力できる点に驚きました。
アナログ媒体に秘められたパワーは凄いです。


null

暑いを通り越して酷暑が続く今日この頃。
暑さにめっぽう弱い私は、エアコンのよく効いた部屋で黙々とネガのデジタル化に打ち込んでいます。
今回の使用アイテムは、ニコンから発売されている「フィルムデジタイズアダプター ES-2」。

構造も使い方も至ってシンプル。
フィルムをセットしたホルダーを、乳白色のアクリル板を備えた透過板ユニットに装着し、フラッシュやLEDライトなどのバックライトを当てて撮影、といった流れです。

焦点距離60mm前後のマクロレンズに装着して、35mm判フィルムを1コマ単位でデュープできるアイテムです。
ニコンが誇るマイクロレンズ「Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D」「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G」、換算60mm相当になるDXフォーマット専用「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G」との組み合わせが前提ですが、フィルムスキャナー特有の待ち時間もなく、気軽にデジタル化を行える便利さが嬉しいところ。



null

付属のスリーブホルダーにフィルムを置いたところ。
位置調整後にホルダーを畳んでフィルムを固定した後、透過版ユニットにマウントさせます。



null

透過版ユニットにマウントさせたところを、カメラ背面向かって右側から撮影したところ。
今回チョイスしたレンズは「Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D」。画面左側のレンズ先端から、このレンズ専用のアダプターを介して透過板ユニットを取り付けています。


null

透過板ユニット上部の金属ネジを回すと、なんと透過板ユニット自体の全長も変更できます。
接写はピント合わせがシビアなため、ある程度の「遊び」を持たせているようです。
ピントリング位置を決めてユニットの全長を調整した後、右側から光を当てれば準備完了です。
今回はLPLから出ているLEDライト「VL-1400C」を使用しました。
常時光を当てられるLEDライトは、ピント面の追い込みも楽になるのでおススメです。



null

2012年の5月、大分県を訪れたときの一コマ。
コダックPORTRAの柔らかな画質はいつ見てもため息がでます。
今回はフィルムベースの特徴なのか、シアンが強かったので少し残してみましたが、調整はまだ詰められそうな予感。


写真との付き合いも早13年。
撮り貯めたフィルムも、ネガとリバーサル含めて100本分近くになりました。
安全な環境下での保管は重要なものの、経年変化によるフィルム劣化などの想定も必要。
スマートデバイスでの活用法など、新たな使い方もやはり必要。


暑い今年の夏は、面白いことができそうな夏になりそうです。




〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]