【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]

SIGMA dp0 Quattro

皆様こんにちは!
7月半ばに連休を取って実家に帰省してきました。
北海道が実家というのは旅行の口実にもなるのでいいのかもしれません。

実家は旭川の隣町なのですが、ここ数年は家族で泊りがけの道内旅行に行っています。
飛行機で旭川空港に行って実家で1泊。翌朝に車で目的地まで出発といった感じです。
今回は「釧路・知床」へ行ってきました。北海道の東側です。

しばらく車を走らせてまず休憩がてら止まったのは、山をずっと入ったところにある「流星の滝」
寒さが厳しい時期になると凍り付いて氷瀑になるそうです。

SIGMA dp0 Quattro


川沿いのエゾスカシユリをパシャリ。
エゾ~の方が一般的なスカシユリよりも背丈が高く、蕾に産毛があります。

SIGMA dp0 Quattro


山を抜けて東へ車を進めます。
次に立ち寄ったのは「足寄」の道の駅です。

歌手の松山千春の出身地で、道の駅の中にミュージアムがあります。
「ずっとここに来たかったのよ!撮って!」と千春のパネルの前ではしゃぐオカン。
年は取ってもまだまだ気持ちは若い。良いことです。

オカンは載せないので代わりに可愛いウシさんでも。

SIGMA dp3 Quattro


機材の紹介をまだしていませんでした。
今回の旅行は気楽に手軽に、をテーマにコンパクトデジタルカメラをチョイス。
SIGMA dp0/dp3 Quattroの2台持ちです。
…全然手軽じゃないよとツッコミが聞こえてきそうですが、両方合わせて1kgないくらいなので重くはないんです。
それぞれストラップの長さを変えてぶつからないようにして提げていました。
このいちごソフトはdp3 Quattroにて。
解像感がしっかりありながらボケは滑らかです。色再現も素晴らしい。

SIGMA dp3 Quattro


さて、初日の目的地である釧路に着きました!
釧路といえば湿原と、そこに生息するタンチョウヅルが有名です。
ということで「釧路市丹頂鶴自然公園」に行きました。

dp3 Quattroにテレコンバーター FT-1201を装着して90mm相当にして撮った1枚。
幸い激しく動くこともなかったので、案外サッと撮れてよかったです。
このコンバーターは装着しても開放F値が変わらないので重宝します。
しかもピント面の解像力はコンバーターがあっても無くてもほぼ変わりません。びっくり。

SIGMA dp3 Quattro


タンチョウヅルを見ていたら横からカラスがやってきました。
初めて「烏の行水」を見たので思わずパシャリ。
ことわざの通り、30秒もしないうちにパッと水を浴びてすぐ飛んでいきました。

SIGMA dp3 Quattro


資料室にあったタンチョウのはく製をガラス越しにパシャリ。
映り込みを防ぐために、ガラスにカメラをベタ付けで撮ったので画角が狭いです。
どうでしょうこの圧倒的なリアリティ。ちょっと怖いくらいです。
500gくらいしかない持ち運び楽ちんなカメラでこれだけ写るので病みつきです。

SIGMA dp3 Quattro


夜の釧路は霧が出ていました。
海霧というもので、暖かい空気が冷たい海面に接すると発生するそうです。
たちまち霧が立ち込めて肌寒くなってきました。
夏だというのに半袖Tシャツ1枚では少し寒い。さすが北海道。
霧に覆われながらもディティールはしっかり描き出す。さすがSIGMAのFoveonセンサーです。


1日目の旅程はこんな感じ。

今回の旅の記録に地図を付けてみました。星が実家のある辺りです。
次回はどの辺りを行くのか、お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]