【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]

SIGMA dp0 Quattro

皆様こんにちは!
7月半ばに連休を取って実家に帰省してきました。
北海道が実家というのは旅行の口実にもなるのでいいのかもしれません。

実家は旭川の隣町なのですが、ここ数年は家族で泊りがけの道内旅行に行っています。
飛行機で旭川空港に行って実家で1泊。翌朝に車で目的地まで出発といった感じです。
今回は「釧路・知床」へ行ってきました。北海道の東側です。

しばらく車を走らせてまず休憩がてら止まったのは、山をずっと入ったところにある「流星の滝」
寒さが厳しい時期になると凍り付いて氷瀑になるそうです。

SIGMA dp0 Quattro


川沿いのエゾスカシユリをパシャリ。
エゾ~の方が一般的なスカシユリよりも背丈が高く、蕾に産毛があります。

SIGMA dp0 Quattro


山を抜けて東へ車を進めます。
次に立ち寄ったのは「足寄」の道の駅です。

歌手の松山千春の出身地で、道の駅の中にミュージアムがあります。
「ずっとここに来たかったのよ!撮って!」と千春のパネルの前ではしゃぐオカン。
年は取ってもまだまだ気持ちは若い。良いことです。

オカンは載せないので代わりに可愛いウシさんでも。

SIGMA dp3 Quattro


機材の紹介をまだしていませんでした。
今回の旅行は気楽に手軽に、をテーマにコンパクトデジタルカメラをチョイス。
SIGMA dp0/dp3 Quattroの2台持ちです。
…全然手軽じゃないよとツッコミが聞こえてきそうですが、両方合わせて1kgないくらいなので重くはないんです。
それぞれストラップの長さを変えてぶつからないようにして提げていました。
このいちごソフトはdp3 Quattroにて。
解像感がしっかりありながらボケは滑らかです。色再現も素晴らしい。

SIGMA dp3 Quattro


さて、初日の目的地である釧路に着きました!
釧路といえば湿原と、そこに生息するタンチョウヅルが有名です。
ということで「釧路市丹頂鶴自然公園」に行きました。

dp3 Quattroにテレコンバーター FT-1201を装着して90mm相当にして撮った1枚。
幸い激しく動くこともなかったので、案外サッと撮れてよかったです。
このコンバーターは装着しても開放F値が変わらないので重宝します。
しかもピント面の解像力はコンバーターがあっても無くてもほぼ変わりません。びっくり。

SIGMA dp3 Quattro


タンチョウヅルを見ていたら横からカラスがやってきました。
初めて「烏の行水」を見たので思わずパシャリ。
ことわざの通り、30秒もしないうちにパッと水を浴びてすぐ飛んでいきました。

SIGMA dp3 Quattro


資料室にあったタンチョウのはく製をガラス越しにパシャリ。
映り込みを防ぐために、ガラスにカメラをベタ付けで撮ったので画角が狭いです。
どうでしょうこの圧倒的なリアリティ。ちょっと怖いくらいです。
500gくらいしかない持ち運び楽ちんなカメラでこれだけ写るので病みつきです。

SIGMA dp3 Quattro


夜の釧路は霧が出ていました。
海霧というもので、暖かい空気が冷たい海面に接すると発生するそうです。
たちまち霧が立ち込めて肌寒くなってきました。
夏だというのに半袖Tシャツ1枚では少し寒い。さすが北海道。
霧に覆われながらもディティールはしっかり描き出す。さすがSIGMAのFoveonセンサーです。


1日目の旅程はこんな感じ。

今回の旅の記録に地図を付けてみました。星が実家のある辺りです。
次回はどの辺りを行くのか、お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]