【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]

SIGMA dp0 Quattro

皆様こんにちは!
7月半ばに連休を取って実家に帰省してきました。
北海道が実家というのは旅行の口実にもなるのでいいのかもしれません。

実家は旭川の隣町なのですが、ここ数年は家族で泊りがけの道内旅行に行っています。
飛行機で旭川空港に行って実家で1泊。翌朝に車で目的地まで出発といった感じです。
今回は「釧路・知床」へ行ってきました。北海道の東側です。

しばらく車を走らせてまず休憩がてら止まったのは、山をずっと入ったところにある「流星の滝」
寒さが厳しい時期になると凍り付いて氷瀑になるそうです。

SIGMA dp0 Quattro


川沿いのエゾスカシユリをパシャリ。
エゾ~の方が一般的なスカシユリよりも背丈が高く、蕾に産毛があります。

SIGMA dp0 Quattro


山を抜けて東へ車を進めます。
次に立ち寄ったのは「足寄」の道の駅です。

歌手の松山千春の出身地で、道の駅の中にミュージアムがあります。
「ずっとここに来たかったのよ!撮って!」と千春のパネルの前ではしゃぐオカン。
年は取ってもまだまだ気持ちは若い。良いことです。

オカンは載せないので代わりに可愛いウシさんでも。

SIGMA dp3 Quattro


機材の紹介をまだしていませんでした。
今回の旅行は気楽に手軽に、をテーマにコンパクトデジタルカメラをチョイス。
SIGMA dp0/dp3 Quattroの2台持ちです。
…全然手軽じゃないよとツッコミが聞こえてきそうですが、両方合わせて1kgないくらいなので重くはないんです。
それぞれストラップの長さを変えてぶつからないようにして提げていました。
このいちごソフトはdp3 Quattroにて。
解像感がしっかりありながらボケは滑らかです。色再現も素晴らしい。

SIGMA dp3 Quattro


さて、初日の目的地である釧路に着きました!
釧路といえば湿原と、そこに生息するタンチョウヅルが有名です。
ということで「釧路市丹頂鶴自然公園」に行きました。

dp3 Quattroにテレコンバーター FT-1201を装着して90mm相当にして撮った1枚。
幸い激しく動くこともなかったので、案外サッと撮れてよかったです。
このコンバーターは装着しても開放F値が変わらないので重宝します。
しかもピント面の解像力はコンバーターがあっても無くてもほぼ変わりません。びっくり。

SIGMA dp3 Quattro


タンチョウヅルを見ていたら横からカラスがやってきました。
初めて「烏の行水」を見たので思わずパシャリ。
ことわざの通り、30秒もしないうちにパッと水を浴びてすぐ飛んでいきました。

SIGMA dp3 Quattro


資料室にあったタンチョウのはく製をガラス越しにパシャリ。
映り込みを防ぐために、ガラスにカメラをベタ付けで撮ったので画角が狭いです。
どうでしょうこの圧倒的なリアリティ。ちょっと怖いくらいです。
500gくらいしかない持ち運び楽ちんなカメラでこれだけ写るので病みつきです。

SIGMA dp3 Quattro


夜の釧路は霧が出ていました。
海霧というもので、暖かい空気が冷たい海面に接すると発生するそうです。
たちまち霧が立ち込めて肌寒くなってきました。
夏だというのに半袖Tシャツ1枚では少し寒い。さすが北海道。
霧に覆われながらもディティールはしっかり描き出す。さすがSIGMAのFoveonセンサーです。


1日目の旅程はこんな感じ。

今回の旅の記録に地図を付けてみました。星が実家のある辺りです。
次回はどの辺りを行くのか、お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]