【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その1

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]

SIGMA dp0 Quattro

皆様こんにちは!
7月半ばに連休を取って実家に帰省してきました。
北海道が実家というのは旅行の口実にもなるのでいいのかもしれません。

実家は旭川の隣町なのですが、ここ数年は家族で泊りがけの道内旅行に行っています。
飛行機で旭川空港に行って実家で1泊。翌朝に車で目的地まで出発といった感じです。
今回は「釧路・知床」へ行ってきました。北海道の東側です。

しばらく車を走らせてまず休憩がてら止まったのは、山をずっと入ったところにある「流星の滝」
寒さが厳しい時期になると凍り付いて氷瀑になるそうです。

SIGMA dp0 Quattro


川沿いのエゾスカシユリをパシャリ。
エゾ~の方が一般的なスカシユリよりも背丈が高く、蕾に産毛があります。

SIGMA dp0 Quattro


山を抜けて東へ車を進めます。
次に立ち寄ったのは「足寄」の道の駅です。

歌手の松山千春の出身地で、道の駅の中にミュージアムがあります。
「ずっとここに来たかったのよ!撮って!」と千春のパネルの前ではしゃぐオカン。
年は取ってもまだまだ気持ちは若い。良いことです。

オカンは載せないので代わりに可愛いウシさんでも。

SIGMA dp3 Quattro


機材の紹介をまだしていませんでした。
今回の旅行は気楽に手軽に、をテーマにコンパクトデジタルカメラをチョイス。
SIGMA dp0/dp3 Quattroの2台持ちです。
…全然手軽じゃないよとツッコミが聞こえてきそうですが、両方合わせて1kgないくらいなので重くはないんです。
それぞれストラップの長さを変えてぶつからないようにして提げていました。
このいちごソフトはdp3 Quattroにて。
解像感がしっかりありながらボケは滑らかです。色再現も素晴らしい。

SIGMA dp3 Quattro


さて、初日の目的地である釧路に着きました!
釧路といえば湿原と、そこに生息するタンチョウヅルが有名です。
ということで「釧路市丹頂鶴自然公園」に行きました。

dp3 Quattroにテレコンバーター FT-1201を装着して90mm相当にして撮った1枚。
幸い激しく動くこともなかったので、案外サッと撮れてよかったです。
このコンバーターは装着しても開放F値が変わらないので重宝します。
しかもピント面の解像力はコンバーターがあっても無くてもほぼ変わりません。びっくり。

SIGMA dp3 Quattro


タンチョウヅルを見ていたら横からカラスがやってきました。
初めて「烏の行水」を見たので思わずパシャリ。
ことわざの通り、30秒もしないうちにパッと水を浴びてすぐ飛んでいきました。

SIGMA dp3 Quattro


資料室にあったタンチョウのはく製をガラス越しにパシャリ。
映り込みを防ぐために、ガラスにカメラをベタ付けで撮ったので画角が狭いです。
どうでしょうこの圧倒的なリアリティ。ちょっと怖いくらいです。
500gくらいしかない持ち運び楽ちんなカメラでこれだけ写るので病みつきです。

SIGMA dp3 Quattro


夜の釧路は霧が出ていました。
海霧というもので、暖かい空気が冷たい海面に接すると発生するそうです。
たちまち霧が立ち込めて肌寒くなってきました。
夏だというのに半袖Tシャツ1枚では少し寒い。さすが北海道。
霧に覆われながらもディティールはしっかり描き出す。さすがSIGMAのFoveonセンサーです。


1日目の旅程はこんな感じ。

今回の旅の記録に地図を付けてみました。星が実家のある辺りです。
次回はどの辺りを行くのか、お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む
DP3 Merrill 【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る 2019年04月04日
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200 業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。 新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。 FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので 初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。 最新の世代である「Quattro」は ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。 この変更はSIGMAユーザーの間で話...
続きを読む
null 【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4  2019年03月30日
こんにちは。 今回は「SIGMA Art 105mm F1.4 」で撮った写真を ご紹介したいと思います。 中望遠レンズといえば 85mmや135mmを思い浮かびます。 100mmといえばマクロレンズが思い浮かびます。 つまりあまり聞きなじみのない焦点距離です。(私にとっては) ただ以前ブログ企画で100mmのレンズを撮ったことがあります。 今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2 今再びのCONTAX! Vol.34 Planar T*100mm F2 Part2 この時思ったんです。 実はこの「100mm」って一番程いい中望遠なんじゃないか...
続きを読む
北国雪景色の旅 北国雪景色の旅 2019年03月03日
今回ご紹介する写真は本州最北端、青森県で撮影してきたものになります。 暖冬という言葉がいたる所から聞こえていたので、果たして素晴らしい雪景色は見られるのか、と少々不安に思っていましたがそんな不安はすぐに吹雪の中へと消えていきました。 この旅のお供は、【SIGMA sdQuattro】と【SIGMA Art 12-24mm F4 DG】【SIGMA Art 24-105mm F4 DG】です。 現地に着く前に天気予報を確認すると滞在日数のうち、初日のみ晴れの予報でした。 青森と言えば、八甲田山の樹氷が有名です。 晴れているう...
続きを読む
null 【SIGMA】「Eがいいっ」Art 28mm F1.4 DG HSM 2019年02月15日
新製品「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」のハンズオンに出かけた日、興味本位でSIGMA マウントコンバーター MC-11も装備していきました。 何を隠そう、筆者のメインカメラはフルサイズα。当時は対応ファームウェアもリリース前(※)でしたが、「フルサイズαの5軸手振れ補正と組み合わせたら最強だな・・・」と膨らんだ妄想は無言実行あるのみ。そう、「Eがいいっ」のです。 ナイフとランプを鞄に詰め込むだけでは飽き足らず、SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSMとCanon EOS 5D Mark IV、そしてMC-11を取り付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]