Select Language

【24人の24mm】標準ズームワイド端で

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2018年07月31日 20時30分]




標準ズームワイド端で


猛暑が続き、外に出るのも億劫になる日々が続いています。
しかし不思議なものでどんなに外が暑くても写真を撮りたいという衝動は生まれてきます。
私はその衝動を抑える事が出来ないので、いつもそれに従うかのように、カメラと熱中症対策のタオルとペットボトルを持って、今回も撮影にでかけます。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

港の方に行くとそこには小さな鉄塔が。
下に潜り込んで撮影すると、晴天による綺麗な青のグラデーションと無数の三角形がどことなく不思議な幾何学模様が出来上がってました。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

ふと横を見ると、動物の群れの様にいくつものクレーンがあります。
ここ東京は2020年に向かって街は常に進化しています。
一日経つにつれ昨日には無い新しい東京が生まれています。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

橋の下は夕日が差し込み壁を黄金色に染め上げてくれています。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

水面の映り込みを撮影した一枚。
実は水面とカメラは20センチぐらいしか離れてませんでした。

今回使用した「K-1 mark II」と「HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR」防塵防滴機能がついてるので、カメラの心配はあまり気になりません。
それよりも、自分の靴とズボンが濡れることのほうが心配でした。




K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

『K-1 MarkII』と『HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR』
さすがPENTAXが誇るフラグシップのカメラとレンズです。

階調の綺麗さに発色性の高さ、そして素晴らしい解像力。
一度グリップを握ったら、その手を離すことが出来ないくらい、あれも撮りたい、これも撮りたい、そういった気持ちにさせられました。

正直、24mmは苦手です。
構図はどうするべきか、露出はどうするべきか等、どう撮って良いか解らず、写真を撮る上で悩みの種であり一番避けたい画角です。
しかし24mmと向き合って行くと、どう撮って行けば良いのか多少ですが解ったような気がして、改めて写真の楽しさや面白さを感じることができました。
普段撮影しない画角もたまに使用してみると新しい見方や発見があるかもしれません。
24mmとは言わず普段使わない画角を使ってみては如何でしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2018年07月31日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


D850と宝登山

【Nikon】D850と宝登山[2020年02月21日]

2月も半ばになり、少しずつ暖かくなってきました。 今回は【Nikon D850】と 【TAMRON SP 24-70mm F2.8 Di VC USD G2】を持って、 秩父郡長瀞町にある宝登山に行って来ました。 バイクに跨って走ること1時間。 宝登山の登山口に到着。 準備を整えて登山開始します。 この日の天気は快晴。 綺麗な景色が見れそうです。 標高は497mと低く登山道は綺麗に整備されて...
続きを読む
ライカ ブティック 7周年

LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 7th Anniv.[2020年02月20日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 今回、7周年の感謝を込めて、...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+Carl Zeiss Milvus 50mm F2 M ZE

【Carl Zeiss 】 Milvus 50mm F2 M ZEで写す風景[2020年02月20日]

みなさんは神社やお寺に足を運ぶ機会は、どのくらいありますか。 私は初詣やちょっとした出先に、それも時間に余裕がある時でもない限り、その土地の神社やお寺に行くことは中々ありませんでした。 神社巡りや御朱印集めが趣味として人気を集める中、私は何かきっかけが無ければ、神社やお寺に訪れることはほとんどありません。 そんな中、突然ですが浅草に行く機会がありましたので、久しぶりにカ...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む