【24人の24mm】標準ズームワイド端で | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】標準ズームワイド端で

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年07月31日 20時30分]





標準ズームワイド端で


猛暑が続き、外に出るのも億劫になる日々が続いています。
しかし不思議なものでどんなに外が暑くても写真を撮りたいという衝動は生まれてきます。
私はその衝動を抑える事が出来ないので、いつもそれに従うかのように、カメラと熱中症対策のタオルとペットボトルを持って、今回も撮影にでかけます。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

港の方に行くとそこには小さな鉄塔が。
下に潜り込んで撮影すると、晴天による綺麗な青のグラデーションと無数の三角形がどことなく不思議な幾何学模様が出来上がってました。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

ふと横を見ると、動物の群れの様にいくつものクレーンがあります。
ここ東京は2020年に向かって街は常に進化しています。
一日経つにつれ昨日には無い新しい東京が生まれています。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

橋の下は夕日が差し込み壁を黄金色に染め上げてくれています。




 K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

水面の映り込みを撮影した一枚。
実は水面とカメラは20センチぐらいしか離れてませんでした。

今回使用した「K-1 mark II」と「HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR」防塵防滴機能がついてるので、カメラの心配はあまり気になりません。
それよりも、自分の靴とズボンが濡れることのほうが心配でした。




K-1 Mark II + HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

『K-1 MarkII』と『HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR』
さすがPENTAXが誇るフラグシップのカメラとレンズです。

階調の綺麗さに発色性の高さ、そして素晴らしい解像力。
一度グリップを握ったら、その手を離すことが出来ないくらい、あれも撮りたい、これも撮りたい、そういった気持ちにさせられました。

正直、24mmは苦手です。
構図はどうするべきか、露出はどうするべきか等、どう撮って良いか解らず、写真を撮る上で悩みの種であり一番避けたい画角です。
しかし24mmと向き合って行くと、どう撮って行けば良いのか多少ですが解ったような気がして、改めて写真の楽しさや面白さを感じることができました。
普段撮影しない画角もたまに使用してみると新しい見方や発見があるかもしれません。
24mmとは言わず普段使わない画角を使ってみては如何でしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲













〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年07月31日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へまたその先へ 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となりあんまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントでNikkor 50mm F1.4です 口径には旧日本光学時代の呼び名で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.3【航空祭】 2019年09月13日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「航空祭」 航空祭は各地で一年を通して開催されております。 THEMAPTIMESでは2013年からブログがありました。 2013年青森県三沢市航空祭を撮ろう!!(三沢編)、航空祭を撮ろう!!(ブルーインパルス編) 2014年青森県三沢市航空祭を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]