映像制作日記05「撮影後のノイズリダクションを考える」 | THE MAP TIMES 
Select Language



映像制作日記05「撮影後のノイズリダクションを考える」

[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月30日 11時00分]



近年のデジタルカメラの高感度性能は年々向上し、特にミラーレスや一眼レフのようにセンサーの大きいカメラでは暗所でもノイズを気にせず綺麗な映像が撮影できるようになりました。
しかし、カメラのモニター上では綺麗に撮影したつもりでも大きなモニターで確認するとノイズが目立つことも多いと思います。
写真では現像の際にノイズリダクションを掛けるのは一般的になっていますが、映像だと意外と行わずに使用している方も多いのではないでしょうか。私自身もノイズの処理は疎かにしていました。
そこで、今回は有名なノイズリダクションソフトを用いて違いを比較してみました。

使用したソフトはRE:Vision Effects「DE:Noise」とRed Giant Software「DeNoiserII」、Adobe 「After Effects CC」です。
null
(元画像)

それでは早速比較を見ていきましょう。
null
GH5撮影素材(C4K 10bit 24p 400Mbps V-LOG記録 ISO400~800オート NR等のパレメーターは初期設定のままです)
左上の部分を等倍で切り出しています。
明るい部分はほぼノイズが気にならないですが、V-LOG記録という事もあり夜空やライトの周りにはノイズが目立ちます。

下記はすべて初期設定値(オート)で処理をしました。(素材はV-Log撮影、すべて同じlutを適用済み)
null
After Effects 標準搭載のグレイン除去機能
全体的にノイズのザラつきが消えましたが、シャープネスが失われ、ボケた印象です。後でシャープネスを加える必要が有りそうです。

null
RE:Vision Effects社 DE:Noise
標準のノイズリダクションと比べてボケた印象は少なくディティール感は残っていますが、ノイズは多少残っています。

null
Red Giant 社 Denoiser II
今回試した中ではノイズ処理が一番上手くできている印象です。現在は最新バージョンIIIが販売されています。
シャープネスを残しつつノイズを綺麗に消せました。
今回はあくまでパラメータを調整せずに初期値での検証ですので調整次第ではより良い結果を得ることができると思います。

サンプル映像

使用機材:Panasonic LUMIX DC-GH5+LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm
撮影設定:C4K 10bit 24p V-Log L記録/DE:Noiseを使用
掲載時に圧縮が掛かり動画だと各ソフトの違いが分かり難い為、今回は「DE:Noise」の比較のみ掲載しました。

ソフト毎に違いは有りますが総じて、ノイズリダクションを行うメリットとして映像のざらつきを低減するだけでなくグレーディング時の結果もノイズに色が引っ張られる事が少なくなり、より良いものが得られました。
しかし、デメリットとしては映像がのっぺりとした感じになることです。
勿論、GH5のノイズリダクション設定を強くすればノイズ感をより抑えることは可能ですが、あえてカメラ側のノイズリダクションを抑えて、編集ソフト側でノイズを後からコントロールするのも良いと思います。

今回は検証していませんが、他にも有名な「Neat Video」というソフトがあり、評判も高いので今後、検証してみたいと思います。
別売りのプラグインを購入するのが面倒な方は今回使用したAdobeのソフトウェアや「DaVinci Resolve」等の一般的な編集ソフトには標準でノイズリダクション機能がついているので一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

映像撮影をするうえで暗所でのノイズとどう付き合うかは永遠のテーマでもあると思います。
やはり、撮影時だけでなく編集でのケアも重要だと感じる検証となりました。

▼今回の使用したカメラ&レンズはこちら▼



スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月30日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]