【24人の24mm】イメージの拡大 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】イメージの拡大

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]




イメージの拡大


「24㎜」という焦点距離はこれまで全く縁のないものでした。
これまでに使ったことがあるのは28mmまでで、それですら広すぎると思いすぐに使わなくなってしまいました。
それからかなりの時間が経ってしまったので、今回の企画を通じて改めて広角の焦点距離について考えてみようと思います。

今回使用したのはKOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8というレンズです。
KOWA (コーワ)というメーカーは製薬会社というイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。
以前はカメラ販売も行っていて、現在は望遠鏡や双眼鏡などを併せて販売しています。
中判一眼レフのKowa Six(1968発売)あたりが有名でしょうか。

このレンズはマイクロフォーサーズ用の完全マニュアル方式です。
焦点距離が12mmなのはマイクロフォーサーズのセンサーサイズがフルサイズセンサーの2分の1であるためです。
綿密に加工された金属製の鏡筒は美しく、全3色ある中でも大胆なグリーンカラーがとても目を引きます。
オートフォーカスはできませんが、F1.8と広角レンズの中ではかなり明るいです。
今回はOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ シルバーに装着して撮影しました。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

風に揺れる柳と「吹き流し」を一枚ずつ。
広角レンズで上を見上げると被写体がダイナミックに写ります。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

広角とはいえ、このレンズは20㎝まで寄れるので標準レンズのような使い方もできます。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

公園の何の変哲もない分かれ道にここまで存在感を感じるとは思いませんでした。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ワニの顔の主張が強いですが、トーテムポールの上の方まで歪みはほとんど見られません。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ここまで寄っても歪みはほとんど見られず、ピント面はとてもシャープです。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

枝の隙間を中心に添えるか、枝の形を活かすか。
木々を下から見上げる写真は撮る人の性格が出るような気がします。





KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

E-M1と合わせるとかなりクラシカルな外見になります。
先に書いたとおり本レンズはマニュアル専用ですが、カメラのピーキング機能を使えばピント合わせは容易に行うことができました。
滑らかに動くリングの感触はクセになります。

ただ一つ注意点として、このレンズには電子接点が無いためカメラ側で絞りの確認ができず、もちろんデータも記録されません。
撮影データをしっかりと残しておきたい方はご注意ください。

撮影を始めたときはとにかく写る範囲が広いので被写体をどう収めればいいのか迷いましたが、
撮っていくにつれて自然と被写体が広がっていった、というかより多くのものを含めた全体としての形でとらえるようになりました。
被写体に十分近づけば広角のパース効果とレンズそのもののシャープさでその存在感を強調することもできます。


使い方次第で様々な表現ができる24㎜。
私と同じようにこれまで避けてきた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲




今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]