MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【SONY】カメラと旅を。

[ Category:SONY|掲載日時:2018年08月09日 10時30分]



私自身、写真を撮ることは好きですが、以前はカメラの知識はほとんどなく、いつもプログラムオートかシーンモードを使っていました。
本日のブログはそんな初心者でも簡単にお使いいただけるカメラを紹介していこうと思います。


SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6



撮影地は『死ぬ前に行きたい絶景』に選ばれた南米ボリビアのウユニ塩湖です。

長期旅行のため、カメラはSONY ‪α‬5100 +E PZ16-50mm F3.5-5.6GoPro Hero6を持って行きました。
こちら2つともびっくりするほど小型。カメラをずっと首に下げていても疲れず、GoProは使いたい時にポケットから出せます。

ウユニ塩湖は標高が高いため、ペルーから時間をかけて体を慣らしつつ向います。道中ナスカの地上絵やマチュピチュ、チチカカ湖なども行きましたがそれはまたの機会に。


SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6

ウユニ塩湖には現地ガイドの方が車で連れて行ってくれました。
初めはまだ水面に白い砂が見え観光客も多くテレビや本で見た印象と少し違いました。
それでも、地平線までつらなるその景色に興奮する私たちに「最高のポイントに行くから」と。(言ってると思います、多分)

SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6

水をきりながら車は進み15分ほど水上を進みます。
そして、到着。
息を飲みながらそっと車を降りました。
「ここは天国か」と声が漏れるほど。
そこからは撮影会です。
一通り撮影したあとは三脚にカメラをつけムービーを回しました。撮っても撮っても物足りなくすべて残したいと思いひたすら動画撮影。トリックアート撮影や、結婚披露宴用のムービー、中には踊りを撮影されている方もいらっしゃいました。
(サイズが違う2枚の写真は動画をスクリーンショットしています。)

GoPro Hero6

今思うと、しっかりと知識をつけて露出を気にしながら撮っていれば、もっと良いものが撮れていたかも知れません…

SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6l

お昼は現地ガイドさんが用意してくれました。
最高のピクニックですね。

SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6

場所を数度移動しつつ本当は1度ホテルに戻るスケジュールでしたが、皆とても楽しそうにしていたのでそのまま夜まで…


SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6

日が沈む頃、ガイドさんからの差し入れでビールも頂いちゃいました。

GoPro Hero6

そこからは上着を着て寒さに震えながら夜の満天の星を堪能です。遠くでは雷が落ち、星が流れ、いつまでもいたいと思った丸一日でした。

日本への帰路は有り余った時間を写真整理に。Wi-Fiで簡単にケータイへ送れるのはとても便利です。

SONY (ソニー) α5100+E PZ16-50mm F3.5-5.6

中にはブレた写真やなぜ撮ったのか?というものもありましたが、それもまた良さがある気がします。
a5100の写真はほとんどプレミアムオートやシーンの風景モードで撮影しています。
「いいな」と思った瞬間にシャッターが切れ、撮り逃すことがないので、オススメです。

余談ですが、カメラを一日中日光が照りつける中ウユニ塩湖の潮風を浴びたので心配性な私は、帰宅後メンテナンスに出したところなにも異常はありませんでした。α5100に防塵防滴などはありませんが、精密機械なのにすごいな。と実感。
ゴープロの方はウユニ塩湖の水につけたのに何事もなく動作しております。















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:SONY|掲載日時:2018年08月09日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]