MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月09日 20時30分]




【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山



マップカメラ24周年記念企画『24人の24mm』という事で、富士山登山へ行って参りました。

私にとっての「24mm」は広角の入り口でした。

長野県上高地でのキャンプに初めてのカメラを持っていった際、星と風景の為の広角レンズを持っていけなかった事を悔やんで次に買ったレンズが換算24mmのレンズでした。

残念ながら当時の機材は残っておりませんが、広角の生きる山岳風景と24mmレンズという組み合わせは、ある意味私個人にとっても記念の一つでもあります。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

登山はスバルライン五合目から出発。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

前日までの台風の影響が残り、あいにくの曇り空ですが、歩いてる最中には晴れ間がちらほら見える事も。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

ジグザグに登って行きます。天気もずいぶんと回復してくれて登る足にも力が入ります。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

ジグザグ道を登り終えたあたりで、本日の宿泊先、7合目の山荘に到着しました。
到着時点では本当に雲との境目に立っている様な状況でした。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

7合目からの出発はご来光を狙って午前1時予定なので、明るい内に先の道を偵察。ここからはゴツゴツとした岩場が続いています。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM



Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

日が沈み始める頃には上は青空、眼下に雲の幻想的な雰囲気に。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

満月に雲海。

登山用の荷物の関係から三脚を持参出来ず固定できる場所と構図を探して手すりの段差で固定しました。
不便を感じる場面ではありますが、こういう状況下でどうやって構図を作るかを考えたり、コンパクトな三脚を買おうか等と思案を巡らせるのも楽しいものです。

ひとしきり移り変わる空模様を楽しんだ後、仮眠を取って月明かりとヘッドライトを頼りに登って行きます。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

少しずつ空が明るくなってきました。
道中は手許も暗く不安定な岩場が続くので先を急ぎます。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

念願のご来光。
24周年目を迎えたマップカメラの発展と、お客様の写真ライフがますます豊かなものになります事を願って。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

今回は「Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM」の組み合わせを選択しました。
あらゆる撮影シーンに対応できる柔軟なスペックは山行においても安心感があります。

なかなかズームレンズの24mmだけを使用して撮影する状況はないと思いますが、逆に新鮮な気持ちで写真に向き合えた気がします。ご覧いただきまして、ありがとうございました。









▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月09日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]