【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月09日 20時30分]




【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山



マップカメラ24周年記念企画『24人の24mm』という事で、富士山登山へ行って参りました。

私にとっての「24mm」は広角の入り口でした。

長野県上高地でのキャンプに初めてのカメラを持っていった際、星と風景の為の広角レンズを持っていけなかった事を悔やんで次に買ったレンズが換算24mmのレンズでした。

残念ながら当時の機材は残っておりませんが、広角の生きる山岳風景と24mmレンズという組み合わせは、ある意味私個人にとっても記念の一つでもあります。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

登山はスバルライン五合目から出発。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

前日までの台風の影響が残り、あいにくの曇り空ですが、歩いてる最中には晴れ間がちらほら見える事も。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

ジグザグに登って行きます。天気もずいぶんと回復してくれて登る足にも力が入ります。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

ジグザグ道を登り終えたあたりで、本日の宿泊先、7合目の山荘に到着しました。
到着時点では本当に雲との境目に立っている様な状況でした。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

7合目からの出発はご来光を狙って午前1時予定なので、明るい内に先の道を偵察。ここからはゴツゴツとした岩場が続いています。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM



Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

日が沈み始める頃には上は青空、眼下に雲の幻想的な雰囲気に。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

満月に雲海。

登山用の荷物の関係から三脚を持参出来ず固定できる場所と構図を探して手すりの段差で固定しました。
不便を感じる場面ではありますが、こういう状況下でどうやって構図を作るかを考えたり、コンパクトな三脚を買おうか等と思案を巡らせるのも楽しいものです。

ひとしきり移り変わる空模様を楽しんだ後、仮眠を取って月明かりとヘッドライトを頼りに登って行きます。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

少しずつ空が明るくなってきました。
道中は手許も暗く不安定な岩場が続くので先を急ぎます。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

念願のご来光。
24周年目を迎えたマップカメラの発展と、お客様の写真ライフがますます豊かなものになります事を願って。




Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM

今回は「Canon EOS 5D Mark III + Canon EF16-35mm F4L IS USM」の組み合わせを選択しました。
あらゆる撮影シーンに対応できる柔軟なスペックは山行においても安心感があります。

なかなかズームレンズの24mmだけを使用して撮影する状況はないと思いますが、逆に新鮮な気持ちで写真に向き合えた気がします。ご覧いただきまして、ありがとうございました。









▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月09日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
null 【Canon】 日本で一番高い山 ~いい写真の予感がする。vol.6~ 2019年03月31日
f/6.3 シャッタースピード 1/1600 ISO感度 100 今回はCarl Zeiss の新型レンズ。 鳥の名を冠したシリーズから 「Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 ZE」です。 レンズ構成:11群14枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.3m(最大撮影倍率:0.18) フィルター径:72mm  重量:1080g さて、日本で一番高い山が間近に見える遊園地です。 冬の遊園地は人がまばらでアトラクションに乗りたい方はおすすめです。 とこれを書いたのは冬のある日ですが 今はもう春、桜が咲き始めました。 f/1...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]