【24人の24mm】24mmとの出会いは。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】24mmとの出会いは。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



小ぶりな葉っぱでも、レンズ先端から1.5cmも近づけば、なかなかの迫力。


【24人の24mm】24mmとの出会いは。



マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。
これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。




中国地方・山口県上空。東南東の空に入道雲が広がる。

24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。
著名な写真家が撮影したドラマチックな写真などではなく、カメラ屋に置いている、ごくごくフツーのNikkorレンズカタログ。 カタログ末巻気味に記載されているマニュアルフォーカスレンズ「Ai Nikkor 24mm F2 S」というレンズを見つけて、猛烈な片思いをしてしまいました。なんといっても、明るさがF2、いわゆるハイスピードレンズなのですから。
価格も高校生が努力して貯金すればなんとか買える現実的なもの。いやはやこれだけしか振りかえっていないにも関わらず、今と変わらずスペック房だなと、思わず苦笑してしまいました。




鹿児島までの中間地点、九州住まいならお馴染みの宮原S.A

結局のところ購入したレンズは、全くの別物「TAMRON SP 17-35mm F2.8-4 Di」。
片思いは叶わなかったとはいえ、こちらはこちらで新型が久しぶりに登場し、話題になっているベストセラーレンズです。
それまでとは全く異なる画角、全く異なる遠近感に、写真のイマジネーションがぐんぐんと広がっていくような感覚はとても新鮮でした。




街がジオラマみたく見えるビルの最上階・・・付近。いつ聞いても良い曲。


隅田川を北上する船。


西日の当たる公園のベンチ。陰影が美しい。


被写体と距離を置けば広い画角を収めることができ、寄れば程よい遠近感を演出できる24mm。
最近はオリンパスの高性能ズームレンズ『M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』を12mmに固定して、24mmの画角とその最短撮影距離を活かして写真を楽しんでいます。
約8.3倍のズーム倍率でありながら、常識外れの高画質を実現してしまい、シャープネスや強力手ぶれ補正機能に注目が集まりがちな本レンズ。被写体にどれだけ寄れるかという「最短撮影距離」も良い意味で常識外れです。




レンズ先端から1.5cmまで近づけば、広角端でも標準マクロのような写り方に。

広角端の最短撮影距離は15cm(撮像面から起算)、レンズ先端から1.5cmの距離でもピントが合うので、今までは考えられなかった距離感での撮影もこなせてしまいます。上記の写真は、掌サイズの香水ボトルで実践した1枚。昆虫撮影や、愛犬の鼻に付近いて撮ってみるのも面白そうだなと、アイデアが膨らんでいきます。




OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO

『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II』と『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』の全体フォルム。美しい金属の質感に、思わずニヤリとしてしまいます。

この記事を書き始めたときは、24mmだけで記事を書けるのかと思いましたが、思い出せば何のその。湯水のように記憶が湧き上がってくるあたり、まだまだ若いなと安堵しました。

酷暑が続く、マップカメラ24年目の夏。
この暑い暑い夏に、新しい焦点距離にチャレンジしてみたいと思う方は、是非24mmを!









▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]