【24人の24mm】24mmとの出会いは。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】24mmとの出会いは。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



小ぶりな葉っぱでも、レンズ先端から1.5cmも近づけば、なかなかの迫力。


【24人の24mm】24mmとの出会いは。



マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。
これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。




中国地方・山口県上空。東南東の空に入道雲が広がる。

24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。
著名な写真家が撮影したドラマチックな写真などではなく、カメラ屋に置いている、ごくごくフツーのNikkorレンズカタログ。 カタログ末巻気味に記載されているマニュアルフォーカスレンズ「Ai Nikkor 24mm F2 S」というレンズを見つけて、猛烈な片思いをしてしまいました。なんといっても、明るさがF2、いわゆるハイスピードレンズなのですから。
価格も高校生が努力して貯金すればなんとか買える現実的なもの。いやはやこれだけしか振りかえっていないにも関わらず、今と変わらずスペック房だなと、思わず苦笑してしまいました。




鹿児島までの中間地点、九州住まいならお馴染みの宮原S.A

結局のところ購入したレンズは、全くの別物「TAMRON SP 17-35mm F2.8-4 Di」。
片思いは叶わなかったとはいえ、こちらはこちらで新型が久しぶりに登場し、話題になっているベストセラーレンズです。
それまでとは全く異なる画角、全く異なる遠近感に、写真のイマジネーションがぐんぐんと広がっていくような感覚はとても新鮮でした。




街がジオラマみたく見えるビルの最上階・・・付近。いつ聞いても良い曲。


隅田川を北上する船。


西日の当たる公園のベンチ。陰影が美しい。


被写体と距離を置けば広い画角を収めることができ、寄れば程よい遠近感を演出できる24mm。
最近はオリンパスの高性能ズームレンズ『M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』を12mmに固定して、24mmの画角とその最短撮影距離を活かして写真を楽しんでいます。
約8.3倍のズーム倍率でありながら、常識外れの高画質を実現してしまい、シャープネスや強力手ぶれ補正機能に注目が集まりがちな本レンズ。被写体にどれだけ寄れるかという「最短撮影距離」も良い意味で常識外れです。




レンズ先端から1.5cmまで近づけば、広角端でも標準マクロのような写り方に。

広角端の最短撮影距離は15cm(撮像面から起算)、レンズ先端から1.5cmの距離でもピントが合うので、今までは考えられなかった距離感での撮影もこなせてしまいます。上記の写真は、掌サイズの香水ボトルで実践した1枚。昆虫撮影や、愛犬の鼻に付近いて撮ってみるのも面白そうだなと、アイデアが膨らんでいきます。




OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO

『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II』と『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』の全体フォルム。美しい金属の質感に、思わずニヤリとしてしまいます。

この記事を書き始めたときは、24mmだけで記事を書けるのかと思いましたが、思い出せば何のその。湯水のように記憶が湧き上がってくるあたり、まだまだ若いなと安堵しました。

酷暑が続く、マップカメラ24年目の夏。
この暑い暑い夏に、新しい焦点距離にチャレンジしてみたいと思う方は、是非24mmを!









▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 2019年04月11日
一眼レフ市場にミラーレス一眼カメラが登場して約11年。 一眼レフカメラよりも小さくて軽いけれど、同じようなきれいな写真が撮れて軽快に持ち歩けることが最大のメリットとして、カメラ市場でたいへん人気を博してます。 今ではソニー、ニコン、キヤノンなど…さまざまなメーカーでミラーレス一眼が注力されています。 最初に登場したのは2008年、フォーサーズの新規格『マイクロフォーサーズ』として、パナソニックから「DMC-G1」が発売されました。 平成の時代に名を馳せるミラーレス一眼の誕生です。 ...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色 2019年04月06日
新年度。新しい生活が始まりました。 いつもとの雰囲気とは違う4月1日。 そうです。令和です。 新元号の発表後、当店では今月「平成を振り返る」というテーマで のご紹介となります。 E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8 改めまして、雨男です。 今回は雨の写真と平成の間に撮影した写真をご紹介できればと思います。 突然ではありますが、筆者は昭和60年生まれです。 平成の元号になった時の記憶は定かではありませんが、写真を撮り始めたのは当然の如く平成となります。 思い返してみ...
続きを読む
フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 2019年03月30日
2015年、春、広島 「時の流れは早い」 取引先様との商談などで忙しく過ごす毎日の中にあって、このようなことを考える瞬間が最近多くなりました。 世間の喧噪に呑まれているのか、ただ単に自らが歳を重ねたからなのか。 ともに歩んできた平成という時代が、本当に終わってしまう。 そのようなことを考えると、名残惜しさが込み上げてきます。 2019年、春、東京 そんな名残惜しい思いに、そっと手を差し伸べてくれる今年の桜。 今改めて思うと、立ち止まりそうな時、桜に導か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]