【24人の24mm】24mmとの出会いは。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】24mmとの出会いは。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



小ぶりな葉っぱでも、レンズ先端から1.5cmも近づけば、なかなかの迫力。


【24人の24mm】24mmとの出会いは。



マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。
これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。




中国地方・山口県上空。東南東の空に入道雲が広がる。

24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。
著名な写真家が撮影したドラマチックな写真などではなく、カメラ屋に置いている、ごくごくフツーのNikkorレンズカタログ。 カタログ末巻気味に記載されているマニュアルフォーカスレンズ「Ai Nikkor 24mm F2 S」というレンズを見つけて、猛烈な片思いをしてしまいました。なんといっても、明るさがF2、いわゆるハイスピードレンズなのですから。
価格も高校生が努力して貯金すればなんとか買える現実的なもの。いやはやこれだけしか振りかえっていないにも関わらず、今と変わらずスペック房だなと、思わず苦笑してしまいました。




鹿児島までの中間地点、九州住まいならお馴染みの宮原S.A

結局のところ購入したレンズは、全くの別物「TAMRON SP 17-35mm F2.8-4 Di」。
片思いは叶わなかったとはいえ、こちらはこちらで新型が久しぶりに登場し、話題になっているベストセラーレンズです。
それまでとは全く異なる画角、全く異なる遠近感に、写真のイマジネーションがぐんぐんと広がっていくような感覚はとても新鮮でした。




街がジオラマみたく見えるビルの最上階・・・付近。いつ聞いても良い曲。


隅田川を北上する船。


西日の当たる公園のベンチ。陰影が美しい。


被写体と距離を置けば広い画角を収めることができ、寄れば程よい遠近感を演出できる24mm。
最近はオリンパスの高性能ズームレンズ『M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』を12mmに固定して、24mmの画角とその最短撮影距離を活かして写真を楽しんでいます。
約8.3倍のズーム倍率でありながら、常識外れの高画質を実現してしまい、シャープネスや強力手ぶれ補正機能に注目が集まりがちな本レンズ。被写体にどれだけ寄れるかという「最短撮影距離」も良い意味で常識外れです。




レンズ先端から1.5cmまで近づけば、広角端でも標準マクロのような写り方に。

広角端の最短撮影距離は15cm(撮像面から起算)、レンズ先端から1.5cmの距離でもピントが合うので、今までは考えられなかった距離感での撮影もこなせてしまいます。上記の写真は、掌サイズの香水ボトルで実践した1枚。昆虫撮影や、愛犬の鼻に付近いて撮ってみるのも面白そうだなと、アイデアが膨らんでいきます。




OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO

『OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II』と『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO』の全体フォルム。美しい金属の質感に、思わずニヤリとしてしまいます。

この記事を書き始めたときは、24mmだけで記事を書けるのかと思いましたが、思い出せば何のその。湯水のように記憶が湧き上がってくるあたり、まだまだ若いなと安堵しました。

酷暑が続く、マップカメラ24年目の夏。
この暑い暑い夏に、新しい焦点距離にチャレンジしてみたいと思う方は、是非24mmを!









▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月12日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 2018年11月04日
箱根が呼んでいる……。 ふと、そんな気がしたので、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持って、 ふらりと箱根へ向かいました。 そう、夏の終わりの小さな旅のはじまりです。 まずは、箱根神社へ。 今までの晴天が嘘のように、白い霧に包まれています。 ここはどこなんだ? 幻想的な雰囲気が漂います。 澄んだ空気を吸い込み、吐き出し、また吸い込む。 心落ち着く神聖な場所です。 森の中にあるポーラ美術館へ。 自然の光と緑に包ま...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 2018年10月14日
とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。 新宿から小田急線で揺られること約20分。 向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、 長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。 歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。 元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。 2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。 ばら苑は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]