【Canon】ROUTE YOKOSUKA | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】ROUTE YOKOSUKA

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月16日 10時30分]



台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
8月某日。
私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。

ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。
他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。
それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。


この日はお台場と横須賀へ向かいました。


夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場をぶらつきます。
照り付けが厳しいです。




EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F4.5 1/2000 ISO100



突然フレームインして踊り出した友人。

この時、筆者はただアタフタシャッターを押しただけでしたが、
Kiss Mが瞬時に彼女にフォーカスを合わせ、宙に浮いている瞬間を切り取ってくれました。

なんて優秀なんでしょう。


お台場のコンクリートジャングルから抜けて、神奈川にある横須賀へ。


道中からどんどん雲行きが怪しくなっていきましたが、なんとか雨に降られることなく目的地へ到着。
ひとまず車を止めて、海のそばにあるコーヒー屋さんで落ち着くことにします。


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F5 1/250 ISO100 クリエイティブフィルター トイフォト


クリエイティブフィルターを使って雰囲気写真。


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F5 1/100 ISO100


二階のテラス席で大荒れの海を眺めながら飲むコーヒーは苦いけど少し甘い。

後ろの若人グループに「ユーアーチャイニーズ?」と絡まれたところで、下に降りて海辺に行くこととなりました。





EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F6.3 1/100 ISO400


お天気の割に、海岸は多くの人で賑わってました。



シーンモードのスポーツに切り替えて、波の動きを連写してみました。


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F6.3 1/400 ISO800 計4枚


大きく浮き上がって地面に叩きつけられる波の動きをブレなく捉えることができました。



ひとしきり波を全身で体感したところで、波が激しさを増してきたため車に戻ります。


EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM
EOS Kiss M+EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM F4.5 1/100 ISO125 クリエイティブフィルター トイフォト


戻る途中、クリエイティブフィルターを使った雰囲気写真を撮って、横須賀の海を後にします。


この日は朝から晩までカメラを首から下げていましたが、そこまで苦にならず改めてKiss Mのコンパクトさを実感しました。
また、シーンモードで撮影をすれば、普段カメラに慣れていない方でも簡単に写真を楽しむことができます。

ぜひ、平成最後の○○をKiss Mで収めてみてはいかがでしょうか。











マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年08月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]