【Nikon】都会の日常 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】都会の日常

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月15日 15時42分]




『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』
-言葉を写真に-


Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G


日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。


今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と
ポートレートで使われることが多い85mm、
そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を…

"スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、
撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。


Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G



このセットの重さであれば片手で持ち歩き、シャッターをとっさに切ることが出来ます。

D750はチルト式液晶モニターであるため、ローアングルであってもきちんと構図を考えることが出来ます。
そして軽量でありながらもフルサイズ、しっかり"一眼レフ"で撮影している撮影の快感。
ミラーアップのあのシャッター音が、撮影している私の気分を高めてくれます。

あの快感はミラーレスカメラでは味わうことが出来ないです…



Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G

Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G



この日はこのセットしか持ってこなかったため、"85mm"という画角で撮りたい風景をとことん狙っていきました。
105mmであれば…と思う場面が実は何度もありました…
ですが、85mmだからこそ、目の前で起こった撮りたい光景をダイレクトに切り取れたのかもしれません。
メッセージ性を強く、伝えたい意図に答えてくれるかのように切り取ってくれました。


Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G


またNikkor85mmF1.4G、このレンズは非常に自然なボケです。
綺麗で滑らかなボケ感が独特の世界を表現してくれます。
写真のボケている部分の想像力を膨らませる力もあると…私は思います。


Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G



単焦点レンズで写真を撮る…という利点を全般的に考えてみると、
F値であったり、軽量・コンパクトが多いことであったり…などが挙がってきます。
今回の撮影もF1.4だからこそ撮れた景色がたくさんありました。


ですが、スナップ写真を撮る上での単焦点の理由として、
"あえて"焦点距離が固定されていることが挙がると私は思います。

写真を切り取る範囲を定められている、=写真の表現に制限がかかる、
そのことによって迷ってしまう目の前の光景の切り取りに、ヒントを貰っているようなものだと思います。



Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G



その焦点距離で撮り続ければ…
もう少し広角がいいであったり、もう少し狭く写したいであったり、
そしてどのぐらいの画角で目の前の風景を切り取れば良いのか、
この場面ではこう撮りたい、こう写って欲しい、というこだわりが出てくるようになり、機材の特徴を知りたくなると思います。

世間一般的な考え方ではなく、他人の評価だけで機材の良し悪しを判断するのではなく、
自分にとって扱いやすい、撮りやすい、写りが好みのボディとレンズをとことん探し続ける…
写真を撮ることが一番の目的ではありますが、自分に合った機材選びを見つける。という喜びと楽しさを味わうことが出来ます。



Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G



そして何より、写真に正解はないです。

あなたの写真を撮るための機材探しを…
とことんこだわって探してみてはいかがでしょうか。




▼今回使用した機材はこちら▼








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:Nikon|掲載日時:2018年08月15日 15時42分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]