Select Language

SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ

[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/100 ISO-125

先日、東京駅近辺にて友人とポートレート撮影をしてきました。
とても暑い日でしたが、東京駅近辺はポートレートにうってつけの撮影地が沢山あったので、
二人で撮影に夢中で楽しい一日となりました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100

とろけるようなボケ味とキレのあるピントがSIGMA Artならではの魅力です。
今回のArt 105mm F1.4、他社にも負けないこの解像力にとても惚れ惚れしました。
背景のビルの描写も湾曲することなく、真っ直ぐと綺麗に写されています。
ピントも素早く手前の被写体にしっかり合い、非常に快適な撮影を味わえました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

この時の撮影日時は7月前半の17時30分。
左側から射し込んだ西日がレフ板代わりとなり、モデルを美しく表現しました。
あえて花形フードを外して撮影しましたが、
強い西日の中でもフレア・ゴーストに影響されず驚きました。

スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの対策が徹底されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1250 ISO-100

手前の手すりのボケ方と奥のビルの滑らかなボケ方に注目してください。
周辺光量落ちや色収差もさほど気にならず、四隅から中央まで美しく描写されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/125 ISO-125

東京駅前にて、背景に様々な物が映るように撮影。
背景と距離を離すことで、被写体が浮き出て美しく強調されます。
キレのある写りが特徴であるSIGMAだからこそ獲られる描写です。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-2000





Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100 ※トリミング画像



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-800 ※トリミング画像

分かりやすくするためにビル写真の一部をトリミングし、F値を変えて撮影。
建物画像はF値を絞って撮影すると建物の線のディテールが強調され、より美しく表現できます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/250 ISO-100

最後は東京駅前にてパシャリ。
105mmという画角のお陰で、遠くの背景が引き寄せられて印象的な背景となりました。
駅前にはたくさんの人が居ましたが、大きくボケるので背景に写っても全く気になりません。

SIGMAがこだわりぬいて製作した、Art 105mm F1.4。
業界最高とも言われている解像力の高さ。
そこに加えて最小限まで抑えられた、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴースト。
今回私が撮影した中で、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴーストがほとんど気にならず非常に驚きました。
24mm・35mm・50mm・85mmと、様々なSIGMAのArtシリーズを使用しましたが、一番収差を抑えているのが105mmだと思います。

唯一気になる所が重さで、やはり他のレンズとの兼ね合いも考えなければならず、女性の私が持ち歩くには少し大変でした。
しかしあまりにも美しく撮影できるので、知らない内に気にならなくなっていました。
息を飲むような、惹き込まれるような非常に美しい解像力。
ぜひ、お客様のその手で味わって下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!54票


null

【SIGMA】しぐまびより Part32[2019年11月07日]

SIGMA fp 発売から約2週間。 ユーザーの方達も撮影を楽しんでいらっしゃると思います。 今回は fp に Lマウントレンズの SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN と MC-21 で Art 70mm F2.8 DG MACRO を装着して 撮影したブログをご紹介させていただきます。 Art 14-24mm F2.8 DG DN はその超広角からのスペックから考えると 驚くほど小ぶりで軽量なレンズです。 冒頭の一枚目は Art 14-24mm F2.8 DG DN で撮影。 ただまっすぐ上を見上げただけですが、超広角の画角が ダイナミックに演出して...
続きを読む
Merrillといっしょ、にころぶ

【SIGMA】Merrillといっしょ、にころぶ[2019年11月04日]

皆さんは色被りはお好きですか? 正直あまり好きな方はいないことを承知で聞いてみました。 突然こんなことを尋ねたのは私が緑に転んだ写真が好きだからであり、これから紹介する写真はそんな写真ばかりだからです。 今回は気づけば私のメインのカメラになってしまった、SIGMAのDP2 Merrillをご紹介します。 既にご存知かとは思いますが、このカメラは万人が使いやすい万能カメラではありません。 独特の緑の色被りがでることもありますし、暗いところも少し苦手です。 ただ...
続きを読む
SIGMA fp&C 45mmF2.8

【SIGMA】「拡がる「fp」の世界」[2019年10月29日]

SIGMA fp 今回のブログではKASYAPAでご紹介できなかった機能についてご紹介させていただきます。 まずは今回から追加されたアスペクト比 [A判 (√2:1)] の画角をご紹介させていただきます。 [3:2] が 6,000×4,000 に対し [A判 (√2:1)] が5,664×4,000。 デザインや印刷に関わっている方にとっては馴染のある言葉かもしれませんが、 A判の(√2:1)表記は初めての方もいらっしゃると思います。当の私も初めて知りました。。 [A判 (√2:1)] [3:2] これは「白銀比」とも呼ばれ...
続きを読む
Contemporary 30mm F1.4 DC DN(マイクロフォーサーズ用)

【SIGMA】Contemporary 30mm F1.4 DC DNを試す[2019年10月27日]

OM-D E-M1 Mark IIを購入してからというもの、標準系の明るいレンズが欲しいと思うようになりました。 高額な製品には手が出ず、比較的安価なレンズばかり何本か試してみたり、果ては手持ちのレンズをマウントアダプターで着けてみたりしても、なかなか満足できるレンズが見つからないでいたところ、ようやくめぐりあえたのがこの1本でした。 ボケが自然で非常に綺麗なところが気に入っています。 少ない光の中でもしっかりとトーンが出ており、安心してできます。 ...
続きを読む
初めてのオールドレンズ

【増税前にデビュー】初めてのオールドレンズ[2019年09月08日]

SIGMAのsd QuattroにM42レンズ用のマウントアダプターを使い、AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7を付けて東京の下町風景を撮影してきました。 AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7は1967年に発売されたYASHICA TL SUPERという一眼レフフィルムカメラのセットレンズとして登場しました。 オールドレンズらしさを出したかったので全て絞り解放で撮影しました。 モノクロとオールドレンズ、相性がとてもよく思えます。 sd Quattroの持つモノクロームの空気感をどこか懐かしい描写で味付けしてくれるレ...
続きを読む