【Rollei】フィルム紀行(ときどき、奇行)③風鈴市をローライと | THE MAP TIMES 
Select Language



【Rollei】フィルム紀行(ときどき、奇行)③風鈴市をローライと

[ Category:etc.|掲載日時:2018年08月28日 18時30分]



ローライフレックス 3.5F

「じゃ、いってきます。」
「いってらっしゃい。 お帰りは何時頃ですか?」
「6時くらいには帰ると思う。」

そう妻に告げ、7月20日午後3時過ぎ、家を出ました。
向かった先は、川崎大師の「風鈴市」。
全国の特産風鈴を多数吊るして展示、販売する、毎年恒例の結構大きなお祭りです。

このところ休みのたびに、「夏らしいことがしたい!!」と、「趣味:ゴロ寝」の私の安寧を脅かす妻ですが、今日はお留守番。
「風鈴市」なんて、こんな夏らしいイベントになぜ? とも思いますが、妻の祖母にあたる人が生前「川崎大師とはあまり相性が良くないので、○○家(妻の実家)の者は近付かないように。」と言い残していたとか…
…ご先祖のお告げなら仕方がありません。 毎年、私一人で行くことにしています。

「涼やかで夏らしい、いいお祭りなんだけど、本当残念だなぁ……」
そう言いながら、いつもよりフィルムを多めにバッグに詰める私…

ところが、今年はご存知のように「命に関わる危険な暑さ」。
いつもは昼頃から出かけていたのですが、今回ばかりはちょっと無理… 幸いこの日、金曜日は午後8時までやっているということなので、のんびりと家を出ました。


お伴のカメラは、ローライフレックス 3.5F(プラナー)。 前回紹介した 2.8シリーズの姉妹版ともいえるカメラです。
搭載レンズは、2.8シリーズと同じように「カールツァイス プラナー 75㎜ F3.5」と「シュナイダー クセノタール 75㎜ F3.5」の2種類が用意されていました。
ボディサイズは全く一緒なのですが、80㎜レンズよりも口径が一回り小さいため、若干軽く感じます。

3.5Fと2.8F

左:3.5F、右:2.8F

2.8Fは、レンズの重みのぶん重心が前面にあり、構えた時前のめりになる感じがしますが、3.5Fはバランスが良く、構えると手の中にすっぽり収まる感じ。
現行品として活躍していた時から、アマチュアカメラマンの間ではよりレンズの明るい 2.8Fのほうが人気が高かったのですが、プロカメラマンにはボディバランスが良くシャッターのテンションも軽い 3.5Fを愛用する人が多かったようです。

銘玉です

カールツァイス プラナー 75mm F3.5

遠出の旅行にはちょっとでも軽いほうがと、3.5Fを同行させることが多く、過去のブログ『二眼レフは、いかがですか?』『棚からローライ』などにもたびたび登場する、一番の愛機です。(…えぇ、宣伝です。)


川崎大師には、京浜急行線の「京急川崎駅」から京急大師線で3駅ほど。 自宅からだと30分もかからずに到着します。
すでに23回を数えるこの催し。 この一帯の夏の風物詩ともいえるもので、結構な賑わいを見せていました。

では、さっそく撮影を、と颯爽とローライをバッグから取り出す私。 …おっと、フィルム入れてなかった。
午後4時前のこの時刻、まだまだ日差しは強いですが日陰も多くなってきました。
風鈴が飾られているのが特設テントの軒下ということもあって、感度400でもちょっと厳しいのですが、昨今のフィルム発売状況により今回はコダックのポートラ400で。

だるまです

ローライフレックス 3.5F(プラナー) コダック ポートラ400(以下、同じ。)
風鈴市名物の「川崎大師だるま風鈴」 手書きで絵付けされているため、1つずつ表情が異なります。

風鈴とおじさん

暗めなので、あまり絞り込めません。 風鈴の後ろにぼんやりと風鈴のような… 失礼。

近接撮影用のローライナーを装着して撮影。
ちり~ん

ローライナー1使用
適度にブレて、風に揺れる風鈴らしさが出ました。 ボケも自然な感じで、その分被写体の輪郭がうまく浮き上がっています。

「それで撮ると、違って撮れるの?」 撮影に夢中になっていたら、いつの間にか目の前にいた売り子の女性に声を掛けられました。
「…えぇ、まぁ、古いカメラなんで、それなりに…」…って、なんてグダグダな受け答え… すみません、店舗の外では、こんな感じです… 妻いなくて良かった…

違います?

ローライナー2使用

毎年のように来ているのですが、色々な形の風鈴が美しく、いつもついついアップでの撮影が多くなってしまいます。
いかん、いかん…

だるまだるま

またまただるま風鈴… なかなかこっち向いてくれません…

だるまとお姉さん

みんなお姉さんのほう向いてます… まぁ、気持ちは分かる…

お姉さん

陶器の風鈴も音色が素敵です。

お姉さん

みんな撮影に夢中です。

お坊さん

お坊さんだって撮りたい。 オリンパスですね…

浴衣お姉さん

浴衣に風鈴… 本当似合います。
ウエストレベルで撮ると少し下から見上げる形になるので、人物と吊ってある風鈴の組み合わせにはちょうど良いか。

浴衣の方、チラホラいらっしゃるのですが、周りに他のカメラマンの方が多くて… 皆さん、狙いは同じです。 私なぞはシャイ過ぎて、とても近づけません…


なんだかんだで二回りくらいしてしまいました。 ちょっと疲れたのでここらで休憩。

一番搾りと

まぁ、妻もいませんし…


本堂の方が賑やかになってきました。 仲見世通りから始まった風鈴踊りの集団が、本堂前までやって来たようです。

浴衣お姉さん、ちょっと遠い…

結構ベテランの方が多い中に若い娘さんも… まぁ、妻もいませんし…

そういえば、まだ本堂にお参りしていませんでした。

(給料上がりますように…、給料上がりますように…)

そして、恒例のおみくじタイム。

末吉!

「末吉」 ……微妙…

・願望:失望せず後の達成を信じてよし
・悦び事:おそし
・職業:意に満たぬ日続くも精進すれば後よし
……どうやら、しばらく給料上がらないようです……


ぐるっと回って、縁日の屋台もひやかしてきました。
金曜日だし、昼間暑かったし、それほどの賑わいではありませんでしたが…

ジャンケンに勝つと3個です
五重塔


気がつくと、妻に告げていた時間を大幅にオーバーしていました…
まずい…

結局、7時をかなり過ぎて帰宅…

「おかえりなさい、楽しかったですか?」
「う~ん、一人だったしねぇ… まぁまぁだったかなぁ」

この日は、土用の丑の日。 鰻でした…

鰻と

…なんか、ごめんなさい……

ちり~ん

連れて帰ったにゃんこ型風鈴と…
















〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:etc.|掲載日時:2018年08月28日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]