【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年11月04日 10時30分]


箱根が呼んでいる……。
ふと、そんな気がしたので、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持って、
ふらりと箱根へ向かいました。
そう、夏の終わりの小さな旅のはじまりです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

まずは、箱根神社へ。
今までの晴天が嘘のように、白い霧に包まれています。
ここはどこなんだ?
幻想的な雰囲気が漂います。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

澄んだ空気を吸い込み、吐き出し、また吸い込む。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

心落ち着く神聖な場所です。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

森の中にあるポーラ美術館へ。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

自然の光と緑に包まれた、開放感あふれる美術館です。
森の遊歩道で、ゆっくり散策もできます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

現在開催中の「ルドン ひらかれた夢」展を観る。
宙に浮かぶ目玉や神話的情景、鮮やかな色彩の微細なグラデーションの中に現れる花々・蝶・儚げな女性。
ルドンの神秘的な絵画をしばし堪能。






OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

箱根美術館へ。
箱根で最も歴史ある美術館で、縄文時代の土器から江戸時代まで日本のやきものを中心に展示されています。
ここの見所は、四季折々の美しさを楽しめる苔庭です。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

どこまでも広がる緑の風景。
心地よい空間。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

まるで、苔の小宇宙です。







芦ノ湖を少し登った自然の中に建つ小さなホテルに宿泊。
野鳥の歌声と太陽の光を浴びて、箱根の朝を迎える。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

精進池(しょうじんがいけ)のほとりに佇む、元箱根石仏群へ。
今から約700 年前、鎌倉時代終わりから室町時代前期にかけて、旅ゆく人々を救う仏として信仰された地蔵菩薩を祀る多くの石仏や石塔が造られたそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

石に刻まれた二十五菩薩。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

ただひたすら、ぼーっと眺めていました。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

彫刻の森美術館へ。
散策しながら、数えきれないほどの野外彫刻やアート作品を鑑賞できます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

白い彼岸花。
リコリスというヒガンバナ科の花だそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

晩夏のヤマザクラ。
強い陽射しを受けて、影が広がっています。
春になったら、綺麗な花が咲くことでしょう。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

最後に岡本太郎の作品。
天に向かって、爆発しています。




▼今回使用した機材はこちら▼









[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年11月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]