【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年11月04日 10時30分]


箱根が呼んでいる……。
ふと、そんな気がしたので、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持って、
ふらりと箱根へ向かいました。
そう、夏の終わりの小さな旅のはじまりです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

まずは、箱根神社へ。
今までの晴天が嘘のように、白い霧に包まれています。
ここはどこなんだ?
幻想的な雰囲気が漂います。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

澄んだ空気を吸い込み、吐き出し、また吸い込む。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

心落ち着く神聖な場所です。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

森の中にあるポーラ美術館へ。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

自然の光と緑に包まれた、開放感あふれる美術館です。
森の遊歩道で、ゆっくり散策もできます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

現在開催中の「ルドン ひらかれた夢」展を観る。
宙に浮かぶ目玉や神話的情景、鮮やかな色彩の微細なグラデーションの中に現れる花々・蝶・儚げな女性。
ルドンの神秘的な絵画をしばし堪能。






OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

箱根美術館へ。
箱根で最も歴史ある美術館で、縄文時代の土器から江戸時代まで日本のやきものを中心に展示されています。
ここの見所は、四季折々の美しさを楽しめる苔庭です。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

どこまでも広がる緑の風景。
心地よい空間。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

まるで、苔の小宇宙です。







芦ノ湖を少し登った自然の中に建つ小さなホテルに宿泊。
野鳥の歌声と太陽の光を浴びて、箱根の朝を迎える。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

精進池(しょうじんがいけ)のほとりに佇む、元箱根石仏群へ。
今から約700 年前、鎌倉時代終わりから室町時代前期にかけて、旅ゆく人々を救う仏として信仰された地蔵菩薩を祀る多くの石仏や石塔が造られたそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

石に刻まれた二十五菩薩。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

ただひたすら、ぼーっと眺めていました。







OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

彫刻の森美術館へ。
散策しながら、数えきれないほどの野外彫刻やアート作品を鑑賞できます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

白い彼岸花。
リコリスというヒガンバナ科の花だそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

晩夏のヤマザクラ。
強い陽射しを受けて、影が広がっています。
春になったら、綺麗な花が咲くことでしょう。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット

最後に岡本太郎の作品。
天に向かって、爆発しています。




▼今回使用した機材はこちら▼









[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年11月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null ネガフィルム撮り比べしてみました 2018年12月14日
現在デジタルカメラが主流になっていますが、フィルムで撮るとデジタルとはかなり違った印象になります。 今回はいろいろなフィルムで撮影した写真をご紹介していきます。 ちなみに個人的にはいかにもフィルム、というような粒子感が好きです。 なおすべて現像と一緒にスキャンしてもらったため、自動補正が掛かっています。 Canon EF35mm F2 IS USM FUJICOLOR 100 Canon EF35mm F2 IS USM Kodak UltraMAX 400 Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8 ZF Kodak PORTRA160...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.02 【Canon】R Playing vol.02 2018年12月13日
という訳で晴れた日の撮影。 と言っても、陽がすでに落ち始め、、 秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。 さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」 どちらも本当に良いレンズです。 一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。 このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。 Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。 線が細く、丁寧な描写をします。 基本的に解像が良くなれば良くなる...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.01 【Canon】R Playing vol.01 2018年12月13日
みなさま写真、楽しんでますか。 とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。 Canonからも待望の EOS R が発売されました。 今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。 Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。 調整したのはほぼ「明るさ」のみ。 ピクチャースタイルは「ディテール重視」 EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。 撮って楽しい、撮った後も楽しい。 こちらは曇天。 枯葉で地面が埋まるこ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]