【Leica】Qと旅する~青森編~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Qと旅する~青森編~

[ Category:Leica|掲載日時:2018年09月11日 10時30分]


今回Leica Q(Typ116)とともに訪れたのは青森!!

車移動+美術館メインの旅の為、写真は少な目ですがご覧ください。

最初に(スイッチ式の)エンジンのかけ方が分からないというトラブルがあったりカーナビに惑わされたものの、
なんとか目的地へ…。

Leica Q(Typ116)
天気が心配でしたが、涼しく本当に気分爽快!!
思えば人生で一番北に来ました。

やってきたのは青森県立美術館!
Leica Q(Typ116)
青森を代表する芸術家、奈良美智氏や棟方志功の作品が
展示されているなど、見どころ満載です。

なかでも『あおもり犬』は見逃せません!
Leica Q(Typ116)


遠目からだと何か分からないネオンですが、近づいてみると…。
Leica Q(Typ116)
このシンボルマークはaがベースとなっていて、
「青い木が集まって森になる」という成長を描いているそうです。

Leica Q(Typ116)
もう青森にしか見えないです。

Leica Q(Typ116)
白く角ばった建物と、青く光るネオン管が可愛いです。

そして待ちわびた青森初の食事はこちらで!
Leica Q(Typ116)
カウンター席でしたので、料理の撮影は遠慮しましたが、
マグロやヒラメの刺身などに舌鼓を打ちました。
大将が気さくな方で、おすすめスポットや食事を教えてもらいました!

翌日。旅行に行くと朝はゆっくりするのがモットーです。

朝食兼昼食は昨晩大将にすすめられ、個人的にも気になっていた
青森魚菜センター本店(古川市場)
Leica Q(Typ116)

何が有名かというと…。
Leica Q(Typ116)
のっけ丼!!

【のっけ丼とは…?】
まず場内の案内カウンターで食事券10枚or5枚を購入します。
そして丼ごはんを1枚と交換し、そのごはんを持ち
場内の約30店舗もあるお店から好きな具材を券と交換し、
自分だけのオリジナル海鮮丼を作るのです!

このように場内をぐるぐるします
Leica Q(Typ116)
具材によって量も値段も変わる為、残り9枚の食事券を何と交換するのか考える必要があります。
子どもの頃にやったお買い物体験を思い出しました。

さて、その後は車で移動し十和田市へ!
目的地は十和田市現代美術館!
Leica Q(Typ116)


馬が有名らしく、
「うまの街」として知られているとのこと。

(Leica Q(Typ116)
こんなところにも馬が


Leica Q(Typ116)
美術館の目の前のバス停
ベンチでしょうか。
アートしてます。

駐車場の植え込みにいた鳩
Leica Q(Typ116)
鳩!?!?

もちろん美術館内も面白い作品ばかりですので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

さて、折角馬肉が有名な場所にきたので、夕飯は馬肉にしましょう。

こちらにお邪魔します。
Leica Q(Typ116)
そういえば、なぜ「うまの街」なのかというと、
日本有数の馬の産地だったそうで、軍馬の育成所(補充部)として栄えていったようです。

さて、メニューは様々ありますが、
Leica Q(Typ116)
定食がリーズナブル!

突然ですがここで問題です。
私は何を頼んだでしょう?
そして皆様なら何を頼みますか?

次回に続きます。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年09月11日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]