【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Qと旅する~青森編~Part2

[ Category:Leica|掲載日時:2018年09月18日 10時30分]



前回に引き続きQと旅する~青森編~です!

前回の答え合わせ!
私が頼んだのは!

馬肉バラ焼きとさしみ定食
馬肉なべ定食です!!

馬刺し!
Leica Q(Typ116)
圧倒的柔らかさ!そして旨味!

バラ焼き!
Leica Q(Typ116)
ビールが進む!(飲めないけど!)
十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。

鍋!
Leica Q(Typ116)
さりげなくせんべいが入っている!

小食にはこれで十分です!
東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。
できればお値段も一緒で…。


翌日。
この日もゆっくり活動開始

まずはワ・ラッセ
Leica Q(Typ116)

こちらでは、ねぶたの歴史に関するものや、
ねぶた祭で賞を受賞したねぶたが展示されています。

Leica Q(Typ116)
優秀制作者賞 市長賞
あおもり市民ねぶた実行委員会 「入雲龍 公孫勝」
作/北村 麻子

女性初のねぶた師の作品だそうです。

Leica Q(Typ116)
すごい迫力と躍動感。そして美しい!
波にまで命が宿り、今にも動き出しそうです。

絶対にねぶた祭の期間にまた来ようと思いました。
(小学生の作文感…。)

ねぶたを見て満足しましたが、そういえば何も食べていない…。

ワ・ラッセの目の前にあるお店へ
Leica Q(Typ116)
近くだからか、天井や壁にもねぶたがありました。

こちらのお店の特徴は、
写真中央にある生簀から帆立を釣り、
それを刺身や焼きで食べさせてくれるという面白いシステムです。

Leica Q(Typ116)
500円で2分間釣り放題!(釣れなくても2枚は保証してくれるみたいです。)
今回の旅行で帆立が好きになりました。

続いて、
りんごのお酒シードルの作成・販売
その他にも青森のお土産なども置いてあるお店へ

Leica Q(Typ116)
こちらの機械ではシードルの試飲ができます!

飲めない私はジュースで…。
Leica Q(Typ116)
ちなみに左手に見えるのはベイブリッジ
右手に見えるのはワ・ラッセです!

さて、残り時間もあとわずか!
遠くには行けないので、初日に行った青森県立美術館のすぐ近くの
三内丸山遺跡へ!

Leica Q(Typ116)

日本の遺跡の中で、最も知名度があるのではないでしょうか
なんとなく近いからと立ち寄りましたが、予想以上に立派な建物。
Leica Q(Typ116)
そして入場無料というのも驚きです。

私が一番グッときたのは
Leica Q(Typ116)
「トンネルを抜けると遺跡です」
川端康成の『雪国』のような雰囲気と遺跡というロマン溢れるワードに心をくすぐられました。

ちなみにトンネルはこのような感じです。
Leica Q(Typ116)



雲が多いですが、風もあり、非常に心地良い空気です。
Leica Q(Typ116)
遺跡に来たというよりピクニックに来た気分になりました。

Leica Q(Typ116)
有名なアレです。
柱の跡から予測して再現されているそうです。

建物内では土偶や縄文時代の生活が感じられる道具などの展示
がありました。
Leica Q(Typ116)
こんなキュートな土偶も…。

Leica Q(Typ116)
最後に再び青森駅付近に戻り、
ずっと見え隠れしていて気になっていた三角形の建物へ
青森県観光物産館 通称アスパムだそうです。
青森で一番高い建物で高さは76m、正三角形!

中にはお土産屋や食事処、貸会議室などが入っています。

14階までありますが、10階からの眺めもなかなかのものです!
Leica Q(Typ116)
と、いうわけで、最後の食事はオーシャンビューになりました。

今回の旅行はLeica Q(Typ116)
Leica Q(Typ116)
Mamiya7でした!

いかがでしたでしょうか。

旅と写真
旅とカメラは切っても切れない関係です。

折角の旅行なら、風景も、人も、食べ物も、より良い写真で残したい。

Leica Q(Typ116)はそんなニーズにピッタリです。

今回載せませんでしたが、美術作品+人を撮るシチュエーションでは
タッチAFが便利でした!

この2泊3日でりんごジュースを6本飲んだのはここだけの秘密です。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年09月18日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む
【Leica】M3と江の島散歩 【Leica】M3と江の島散歩 2018年11月12日
とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。 今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。 レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。 竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。 秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビ...
続きを読む
【Leica】秋祭りを撮る 【Leica】秋祭りを撮る 2018年11月06日
秋といえば何が思い浮かぶでしょうか? 読書?運動?はたまた食欲? 色々と思考を巡らせるのですが、毎年私の頭の片隅に必ずいるのが「お祭り」です。 お祭りというと夏のイメージが強いですが、地域によっては秋に行われているお祭りもあり 今回撮影に行ってきた「川越まつり」も秋に行われるお祭りです。 機材はLeica M10にAPO-Summicron 75mm F2 ASPH. CarlZeissのDistagon T* 35mm F1.4 ZMという組み合わせで臨みました。 それではどうぞ。 Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM ...
続きを読む
M9-P×ズミクロン M50mm F2 沈胴 【Leica】M9片手に夜の商店街を歩く。 2018年11月02日
友人との約束の時間より1時間も早く着いてしまったので、 M9にズミクロン M50mm F2沈胴を付け夜の商店街を撮影することに。 M9は高感度耐性が弱くISO400まで上げるとノイズが気になるのでモノクロで撮影しました。 ノイズのざらつきがかえって粒子のように感じられました。 テーラーショップの店先で1枚。 ライティングされ艶っぽいモノクロのトーンが印象的な仕上がりになりました。 昼も夜も関係なくつい路地に魅かれてしまうのは私だけでしょうか。 夜のスナップ撮影...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]