【FUJIFILM】X-T3 予約受付開始! | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】X-T3 予約受付開始!

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月06日 15時31分]



x-t3 ボディ/レンズキット



FUJIFILM「X-T2」の発売から約2年
ついに待ちに待ったFUJIFILM「X-T3」が発表されました!




今まで、特別塗装色であった「グラファイトシルバー」を、
よりクラシカルな趣きのシルバーへと変更しつつ標準色として発売されます。


X-T2から何が進化したのか、主な特徴を見ていきましょう。

○新開発の裏面照射型「X-Trans CMOS 4」センサー搭載
APS-Cサイズセンサーを備えたデジタルカメラとして最高クラスの2610万画素という高解像と、優れたノイズ低減性能を実現しました。さらに、従来は拡張感度であったISO160を常用感度として使用可能です。

○新開発の画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載
・富士フイルム独自の技術で多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に、「モノクロ調整」機能を新たに追加
・銀塩フィルムからの白黒プリント制作時に、暖色系・寒色系の表現方法として活用していた「温黒調・冷黒調」を忠実に再現し、モノクロ撮影の表現の幅を広げます。

○「カラークローム・エフェクト」機能を「Xシリーズ」として初搭載
陰影のある色鮮やかな花のように、彩度が高く階調表現が難しいと言われる被写体でも、より深みのある色・階調が再現できます。

○暗いシーンでの撮影や動体撮影におけるAF性能の大幅な向上を実現
・像面位相差AFエリアを画面全域(約100%)に拡大
・位相差AFの低照度限界を従来の-1EVから-3EVへ拡張
・動く人物への顔検出性能は現行X-T2に比べ、約2倍に向上

○電子ビューファインダー(EVF)の性能が進化
・ファインダー倍率0.75倍、369万ドットの高倍率・高精細のEVFを搭載。表示タイムラグは0.005秒、表示フレームレート約100フレーム/秒の滑らかさで、被写体の動きやピント位置を高精度に把握できます。
・動きのある被写体を捉えやすい「スポーツファインダーモード」機能を新搭載。画面に1.25倍クロップのフレームが表示され、同フレーム内の被写体を撮影。被写体がフレームに入る直前から視認できるため、スポーツや野生動物などの撮影で威力を発揮します。

○X-T2のデザインは継承しつつ、操作性や拡張性を徹底的に追求
・EVFの視度調整ダイヤルをノブを引っ張り出して回転させるロック機構に変更
・従来よりも高コントラスト、広視野角、操作性の良いタッチパネル
・X-H1で人気のボディ天面のダイヤルやカメラ背面に配置しているボタンの大型化や、前後コマンドダイヤルの心地よいクリック感



X-T2に使い慣れているユーザーにも、違和感なく使える機材となっております!

またX-T2からのお変え替えをご検討される方、多くいらっしゃると思います。

今現在マップカメラでX-T2をお持ちでお売りいただき、X-T3へお変え買えをご希望される場合、
9/6時点で当店の買取価格はワンプライス買取で\66,000となっておりますため、(バッテリー、チャージャー必須)
下取交換にすると10%UPとなり、\72,600の買取価格となります。
(最新のX-T2買取価格はこちら)


X-T3の販売価格はボディ単体で¥179,334(税込)のため、
差額\106,734(9/6現在価格です。)でご購入頂くことが出来ます。

この機会に是非、ご検討くださいませ。



また、X-T3発売前日までに「予約宣言」の登録をしていただき、期間内に商品を購入の上、
製品登録&お申込みをいただいた先着1,000名様へ、UHS-Ⅱ対応 SDHCカード 32GBをプレゼントキャンペーンを実施しています。

X-T3発売記念キャンペーン

「予約宣言」なしのご応募でも、もれなく
専用バッテリー「NP-W126S」、もしくはオリジナルSDカード&バッテリーポーチをプレゼント致します。



「Xシリーズ」の第4世代モデル、FUJIFILMの新しい時代の幕開けです!


私筆者は特にISO160が常用感度になったことが非常に楽しみです。
画質を維持しつつ、真昼の撮影で到来よりボケを活かせるようになり、創作の幅が広がりそうですね!


マップカメラ店舗情報




ご予約はマップカメラで、お早めにどうぞ
WEBではもちろん、店頭電話でもご予約を受け付けております。
FUJIFILMコーナーは本館3階にございます。

また、不明な点がございましたら、電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。
ご予約を心よりお待ちしております。


〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓セール情報〓〓
〓〓新製品〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月06日 15時31分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]