【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]


水墨画の古民家in徽州

久々に帰省し、家族と近くの観光地に行ってきました。
家から車で約2時間、
日本ですと遠く感じてしまいますが、中国で言うとかなり近いです。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回の訪れた先は黄山の麓にある古村落「宏村」です。
南宋の紹興元年(1131 年)に建造されました。
宏村は、代表的な徽派建築で、
そのほとんどが19世紀に消滅したり、姿を変えてしまったりした中国古代農村の面影を残しています。
道の様式や旧建築、装飾物、給水システムなどが整備された住居群は、特色の強い文化遺跡となっています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

ちょうど夏休みの終わりぐらいで、お子様連れの家族を多く見かけました。
周りが山に囲まれており、とても涼しかったです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

蓮がキレイに咲いています。
宏村は水墨画のような美しさから、中国国内から人々が写生に訪れる「中国画里郷村」と呼ばれて愛されています。
池の向かい側には、至る所で絵を描いていた芸術学校の生徒さんがいました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R


徽派建築の特色といえば、
独特な高壁、反り上がったひさし、馬頭牆(階段状の切妻壁)、飾りもようのある窓枠、広間など。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

馬頭牆は文字通り、横から見ると、馬の頭の形をしているから、こういう名前をつけられました。
古代、徽州の殆どの建物は木造で、限られた土をうまく利用するために、ぎっしりと家屋が並んでいます。
素朴ながらも厳かです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
しかし、家屋が密集しており、一度火災が発生すると被害が広範囲になる為、
高い壁で被害を最小限にしています。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の南側に位置する大きな湖に戻ります。
湖岸に残るかつての私塾「南湖書院」は、清の嘉慶19年(1814年)に住民の出資によって建てられました。
格子造りの玄関をくぐると、講義が行われた部屋があります。
堂内には様々な木彫りの彫刻があり、精巧で生き生きとした様子は、現在でも輝きを失っておりません。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
奥行きが深く、さらに奥へ進むと、書生たちのために孔子の位牌を祭った文昌閣などもありました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
望湖楼
勉強の隙間に湖をのぞきながら休憩するところのようです。
扉は開いていますが、人の気配がなくて入りませんでした。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の中心部へ向かうと、路肩に石で築かれた水路が続き、清らかな水が流れています。
住民たちがその水を使って、洗濯をしたり、野菜を洗ったり今も生活用水として利用しています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回は観光客が多くて、落ち着いて写真撮る事ができませんでしたが、
こちらの写真を通して少しでも中国旅行に興味を持ってきていただければ幸いです。
短い旅のお供は愛用のFUJIFILMを使いました。
何よりも直感的な操作とFUJIFILMの色に魅了されています。
これから新たに発売されるX-T3も楽しみにしております。
今度は動画撮影にも挑戦してみようかなと思います。

▼FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R▼












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]