【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】水墨画の古民家in徽州

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]


水墨画の古民家in徽州

久々に帰省し、家族と近くの観光地に行ってきました。
家から車で約2時間、
日本ですと遠く感じてしまいますが、中国で言うとかなり近いです。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回の訪れた先は黄山の麓にある古村落「宏村」です。
南宋の紹興元年(1131 年)に建造されました。
宏村は、代表的な徽派建築で、
そのほとんどが19世紀に消滅したり、姿を変えてしまったりした中国古代農村の面影を残しています。
道の様式や旧建築、装飾物、給水システムなどが整備された住居群は、特色の強い文化遺跡となっています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

ちょうど夏休みの終わりぐらいで、お子様連れの家族を多く見かけました。
周りが山に囲まれており、とても涼しかったです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

蓮がキレイに咲いています。
宏村は水墨画のような美しさから、中国国内から人々が写生に訪れる「中国画里郷村」と呼ばれて愛されています。
池の向かい側には、至る所で絵を描いていた芸術学校の生徒さんがいました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R


徽派建築の特色といえば、
独特な高壁、反り上がったひさし、馬頭牆(階段状の切妻壁)、飾りもようのある窓枠、広間など。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

馬頭牆は文字通り、横から見ると、馬の頭の形をしているから、こういう名前をつけられました。
古代、徽州の殆どの建物は木造で、限られた土をうまく利用するために、ぎっしりと家屋が並んでいます。
素朴ながらも厳かです。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
しかし、家屋が密集しており、一度火災が発生すると被害が広範囲になる為、
高い壁で被害を最小限にしています。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の南側に位置する大きな湖に戻ります。
湖岸に残るかつての私塾「南湖書院」は、清の嘉慶19年(1814年)に住民の出資によって建てられました。
格子造りの玄関をくぐると、講義が行われた部屋があります。
堂内には様々な木彫りの彫刻があり、精巧で生き生きとした様子は、現在でも輝きを失っておりません。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
奥行きが深く、さらに奥へ進むと、書生たちのために孔子の位牌を祭った文昌閣などもありました。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
望湖楼
勉強の隙間に湖をのぞきながら休憩するところのようです。
扉は開いていますが、人の気配がなくて入りませんでした。

FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R
村の中心部へ向かうと、路肩に石で築かれた水路が続き、清らかな水が流れています。
住民たちがその水を使って、洗濯をしたり、野菜を洗ったり今も生活用水として利用しています。
FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R

今回は観光客が多くて、落ち着いて写真撮る事ができませんでしたが、
こちらの写真を通して少しでも中国旅行に興味を持ってきていただければ幸いです。
短い旅のお供は愛用のFUJIFILMを使いました。
何よりも直感的な操作とFUJIFILMの色に魅了されています。
これから新たに発売されるX-T3も楽しみにしております。
今度は動画撮影にも挑戦してみようかなと思います。

▼FUJIFILM X-H1+フジノン XF 16mm F1.4 R WR+フジノン XF 35mm F1.4 R▼












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年09月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]