【Nikon】NIKKOR Z レンズ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】NIKKOR Z レンズ

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月14日 10時30分]



Sline


【Nikonフルサイズミラーレス NIKKOR Z レンズ】

新たにカメラの新しいうねりが起こりつつあります
Nikon・Canonが相次いでミラーレスを発表しました
Nikonのミラーレス機、第一弾のZ7は9月28日に発売がとうとう決定しました
きたる日が皆様も待ち遠しくてたまらない方も多いことでしょう

今回、 NIKKOR Z レンズでは、ラインナップは3種類の発売となります
順にご紹介していきたいと思います


標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」
null


焦点距離24-70mm全域で開放f/4ズームレンズ
メーカーの紹介にあるとおり今までの描写を一新するというのは伊達じゃないレンズのようです
特に画像中心部だけでなく周辺部まで高い解像力を発揮は素晴らしいものです
最短撮影距離がズーム全域で実現した0.3mというのはなかなか興味深く
ボタンレスの沈胴式ボディーを採用というのも特徴的な点です

広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」
null


こちらの描写性能の高さも素晴らしく絞り開放からの高い解像力
点像再現性・やわらかく美しいボケ味が特徴との事
新採用のマルチフォーカス方式で実現した、静粛で高速・高精度なAF制御
無限遠から近距離まで撮影距離を問わない高い結像性能とのアナウンスにあるとおり
新たなフランジバッグ距離を活かした性能が発揮されるようです


標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」
null


軸上色収差を徹底的に補正し絞り開放から、画像周辺部においても被写体の質感を描写するとの事で
標準単焦点を担う素晴らしい描写性能が期待されるようです



そして、まだ発売は先ですが、
このレンズのためのZマウントといっても過言ではない期待の一本をご紹介いたします

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」
null

こちらは開発中のレンズになりますが究極の光学性能を追求すると評するだけあり
ニコン史上最高の開放F値0.95、焦点距離58mmの標準単焦点マニュアルフォーカスレンズとなるようです

Zマウントレンズの中にあって「S-Line」に属する交換レンズの最高峰にあたる、まさに究極のレンズになります。
高い解像力と美しいボケの連続性、卓越した点像再現性によって、
かつて類を見ない、立体感あふれる描写性能を実現すべく、開発を進めているとの事で
Nikonファンには待ちきれない大変楽しみなレンズのようです


ちなみに「S-Line」とは、NIKKOR Z レンズにおいて新たに設定されたグレードで、
ニコン独自の設計指針と品質管理を高い基準でクリアーし、特に高いレベルで光学性能を発揮するレンズとのことです

Zレンズの特徴をいくつか挙げていくと
・フォーカスブリージング対応(フォーカシング時にピント位置の移動に伴って画角が変化する)
・動画撮影時も静止画と変わらない高い解像力
・滑らかな露出制御
・コントロールリングの搭載
・動画撮影に適した性能、機能を備えている

特に下図にあるようにレンズのコントロールリングに機能を割り当てられるのは
今までには無い特徴的なユニークな機能だと思います
null

null


沈胴式であることもあり24-70㎜のレンズと単焦点のレンズの高さが統一されているのも気になりました
もしかして今後出てくるレンズも同じ高さになるのでしょうか




Zマウントというシステムは特にレンズにとって大きな可能性を持つものと言えるでしょう
Nikonの誇るべき「不変のFマウント」

同時にFマウントは半世紀以上前に作られたシステムと規格のマウントであり
現行のデジタルカメラの技術革新においてレンズの設計には困難な点も多く、
特に広角レンズの設計及び小型化、大口径化には多大な苦労があったそうです。

誤解を恐れずに簡単に言うとレンズの口径を大きくすれば光を取り込みやすく(F値を大きくしやすい)
フランジバック(マウント面とセンサー面の距離)が短いと広角側の設計が容易になるとの事、

今までNikonのFマウントは口径が44mm、フランジバックが46.5mm
各社の中でも一番長く口径も小さい方であったのでレンズの開発が困難だったことは想像に難くないです。

そして今回のZマウントは口径55mm、フランジバック16mm
「新たな Z マウントは今の時代にふさわしい、さらに将来を見越した、大きな可能性を持っている」と
Nikonのホームページにあるように、今回のミラーレスシステムであるZマウントは
特にレンズの設計の自由度を大幅に確保したシステムではないでしょうか。


null


Zレンズの特徴は「解像感を高めていること」ということなので今後の展開に期待したいところです

Nikonファンも興味がある方も、今後のNikonの展開に是非ご注目ください






〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月14日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]