Select Language

【Nikon】NIKKOR Z レンズ

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年09月14日 10時30分]


Sline


【Nikonフルサイズミラーレス NIKKOR Z レンズ】

新たにカメラの新しいうねりが起こりつつあります
Nikon・Canonが相次いでミラーレスを発表しました
Nikonのミラーレス機、第一弾のZ7は9月28日に発売がとうとう決定しました
きたる日が皆様も待ち遠しくてたまらない方も多いことでしょう

今回、 NIKKOR Z レンズでは、ラインナップは3種類の発売となります
順にご紹介していきたいと思います


標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」
null


焦点距離24-70mm全域で開放f/4ズームレンズ
メーカーの紹介にあるとおり今までの描写を一新するというのは伊達じゃないレンズのようです
特に画像中心部だけでなく周辺部まで高い解像力を発揮は素晴らしいものです
最短撮影距離がズーム全域で実現した0.3mというのはなかなか興味深く
ボタンレスの沈胴式ボディーを採用というのも特徴的な点です

広角単焦点レンズ「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」
null


こちらの描写性能の高さも素晴らしく絞り開放からの高い解像力
点像再現性・やわらかく美しいボケ味が特徴との事
新採用のマルチフォーカス方式で実現した、静粛で高速・高精度なAF制御
無限遠から近距離まで撮影距離を問わない高い結像性能とのアナウンスにあるとおり
新たなフランジバッグ距離を活かした性能が発揮されるようです


標準単焦点レンズ「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」
null


軸上色収差を徹底的に補正し絞り開放から、画像周辺部においても被写体の質感を描写するとの事で
標準単焦点を担う素晴らしい描写性能が期待されるようです



そして、まだ発売は先ですが、
このレンズのためのZマウントといっても過言ではない期待の一本をご紹介いたします

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」
null

こちらは開発中のレンズになりますが究極の光学性能を追求すると評するだけあり
ニコン史上最高の開放F値0.95、焦点距離58mmの標準単焦点マニュアルフォーカスレンズとなるようです

Zマウントレンズの中にあって「S-Line」に属する交換レンズの最高峰にあたる、まさに究極のレンズになります。
高い解像力と美しいボケの連続性、卓越した点像再現性によって、
かつて類を見ない、立体感あふれる描写性能を実現すべく、開発を進めているとの事で
Nikonファンには待ちきれない大変楽しみなレンズのようです


ちなみに「S-Line」とは、NIKKOR Z レンズにおいて新たに設定されたグレードで、
ニコン独自の設計指針と品質管理を高い基準でクリアーし、特に高いレベルで光学性能を発揮するレンズとのことです

Zレンズの特徴をいくつか挙げていくと
・フォーカスブリージング対応(フォーカシング時にピント位置の移動に伴って画角が変化する)
・動画撮影時も静止画と変わらない高い解像力
・滑らかな露出制御
・コントロールリングの搭載
・動画撮影に適した性能、機能を備えている

特に下図にあるようにレンズのコントロールリングに機能を割り当てられるのは
今までには無い特徴的なユニークな機能だと思います
null

null


沈胴式であることもあり24-70㎜のレンズと単焦点のレンズの高さが統一されているのも気になりました
もしかして今後出てくるレンズも同じ高さになるのでしょうか




Zマウントというシステムは特にレンズにとって大きな可能性を持つものと言えるでしょう
Nikonの誇るべき「不変のFマウント」

同時にFマウントは半世紀以上前に作られたシステムと規格のマウントであり
現行のデジタルカメラの技術革新においてレンズの設計には困難な点も多く、
特に広角レンズの設計及び小型化、大口径化には多大な苦労があったそうです。

誤解を恐れずに簡単に言うとレンズの口径を大きくすれば光を取り込みやすく(F値を大きくしやすい)
フランジバック(マウント面とセンサー面の距離)が短いと広角側の設計が容易になるとの事、

今までNikonのFマウントは口径が44mm、フランジバックが46.5mm
各社の中でも一番長く口径も小さい方であったのでレンズの開発が困難だったことは想像に難くないです。

そして今回のZマウントは口径55mm、フランジバック16mm
「新たな Z マウントは今の時代にふさわしい、さらに将来を見越した、大きな可能性を持っている」と
Nikonのホームページにあるように、今回のミラーレスシステムであるZマウントは
特にレンズの設計の自由度を大幅に確保したシステムではないでしょうか。


null


Zレンズの特徴は「解像感を高めていること」ということなので今後の展開に期待したいところです

Nikonファンも興味がある方も、今後のNikonの展開に是非ご注目ください






〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年09月14日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!35票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む