私がカメラを始めたきっかけ Vol.6 | THE MAP TIMES 
Select Language



私がカメラを始めたきっかけ Vol.6

[ Category:SONY|掲載日時:2018年09月14日 19時00分]



null

気が付けば4年半でこんなところまで来てしまった。
という感想から始まるのもたまには良いのではないでしょうか。

『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.6をお送りいたします!

私が始めて買ったカメラはSONYから発売されているDSC-RX100です。

今なお根強い人気を誇る、明るい開放F1.8のレンズに1インチセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラですが
当時家電量販店に勤め、カメラとは無縁の部署で働くインドア派だった私が、友人と出掛ける機会が増えたがために
「コンパクトかつ高画質に記録が出来るカメラが欲しい!」とリサーチを進めた結果、買ったのがこのカメラでした。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100

ポケットに入るサイズのカメラを大事にポーチに入れて、どこへ行くにも持ち出していましたが
シャープでコントラストが高く、今見返してみれば特にシャドウの階調が豊かなカメラだなあと感じます。
これからカメラを始めてみたいけど、あんまり予算はかけたくない…というお客様にもオススメです。

ワイド端でF1.8の開放値を持っていますので"比較的"大きなボケを作り出せる事もとても楽しかった。
最初のうちは"それっぽく"ボケているだけでも「おぉ~」なんて感嘆の声を漏らしていたものです。

SONY (ソニー) Cyber-shot DSC-RX100

最初は記録用で買ったはずのカメラだったので、今でも当時の写真を見返してみるといわゆる"記録写真"が多く見受けられるのですが、段々と撮る事に楽しさを見出す様になっていました。
当然撮る面白さだけでは"上手"に撮る事は難しく、作りたい画のために知識を深め、その知るという行為がまた面白く...。
右も左も分からなかった私が、船のオールを手にして大海原へ漕ぎ出したのもつかの間、
AF性能の向上や一回り大きなセンサーによる高感度耐性の向上、レンズ交換式に憧れてα6000を買ってしまいます。

SONY (ソニー) α6000ボディ ILCE-6000+E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

コンパクトデジカメにはなかった、レンズを交換する事による画の変化がとても楽しく
インドア派だった自分が嘘のように、休みの日は必ず外に出かけるほどのめり込んでいたのを覚えています。

SONY (ソニー) α6000ボディ ILCE-6000+E 50mm F1.8 OSS SEL50F18


この頃マウントアダプターというものを知り、他社製のレンズを今のカメラに付けるという遊びも始めていましたが、この時の経験は今お客様にご説明する時にも役に立っています。

そして更に時は流れ、ついには憧れであったフルサイズセンサーを搭載したα7IIの購入へと至ります。
フルサイズを使っている、という意気込みがそうさせているのかもしれませんが、表現の幅が広がったなあと感じます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z


写真をもう一枚。
この頃から"光を探す"という事を心がけるようになりました。
何気ない風景がドラマティックになるその瞬間を残すのは写真を撮るという行為の醍醐味でもあるのではないでしょうか。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Planar T* FE 50mm F1.4 ZA SEL50F14Z


さて、実はここまで1年半という当時を振り返ってみてもよく分からないスピードで邁進していた私なのですが、更に明くる年には転職を決め、気が付けばカメラ屋さんの店員になっているのですから人生というのは不思議なものです。

カメラを始めるきっかけなんて、大層な理由でなくても良いのです。
ほんの些細なきっかけがきっと貴方の世界を広げてくれるでしょう。
その些細なきっかけを汲みとって、あと一歩を踏み出す勇気をお客様に与えられたらなと思います。

貴方もカメラを始めてみませんか?


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II VM





ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

ご案内

mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年09月14日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]