【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中!

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月15日 00時00分]




Nikon Z7
数多のNikonユーザーが渇望したカメラが、ついに体験できます!


満を持しての9月28日発売へと迫る、
ニコンの新型ミラーレスカメラZ7を、
マップカメラでお試し頂ける時が来ました!

画素数約4500万画素、常用ISO感度64~25600、
そしてセンサーシフト方式のボディ内手ブレ補正を搭載。
動画もフルフレームによる4K/30P、
外部HDMIによる10bit N-log出力が可能となっております。


Nikon Z7


本館3階の男性スタッフに持ってもらいました。

従来の、上級クラスニコン製一眼レフカメラと比較すると
コンパクトなボディでありながら、
グリップは握っても小指のはみ出さない大きさです。
また、D750以降継続されるグリップ部の握りやすさは
この機種でも健在であり、とても好印象です。


Nikon Z7


背面チルト方式は同系統のスペックを持つD850と同様の
方式を採用しております。
背面操作系は一眼レフ機種で左にあったものを
右手の可動範囲へと集約しており、
左手はレンズのコントロールに集中できます。
なお、展開されるZシリーズのレンズの中には、
レンズ外装に新たな「コントロールリング」を設けるものが
あります。
展示されているZ 24-70mm f/4Sにも搭載されており、
撮影者が任意の設定をすることができます。

ちなみに、開発設計者の方がこだわったポイントである
「EVFの見やすさ」は、たしかに非常に高い完成度であると思います。
これなら、一眼レフを手元に残してのご購入でも、
シームレスに一眼レフから切り替えて撮影が出来ると
感じました。


Nikon Z7


上部軍艦部の作りはご覧の通りシンプルです。
スペック性能は一眼レフにおけるD850が近いようですが、
モードダイヤルなどのインターフェースはD750寄りです。

そのほか、マウントアダプターFTZを介して
AF-S 24-70mm f/2.8 E ED VRを装着してみました。
店頭ではFTZのデモ品もご用意しておりますので、
今までのNIKKORレンズを装着してお試し頂く事が出来ます。


Nikon Z7 & AF-S 24-70mm f/2.8 E ED VR


D850との大きさ比較です。


Nikon Z7 & D850
Nikon Z7 & D850


やはりミラー、プリズム関連の部品がなくなるので
大きさはかなり違います。
また、Zシリーズはある程度予想される筐体の大きさを
絞り込んだうえでそこに機能を盛り込んでいったそうなので、
ミラーレスカメラのアドバンテージともいえるコンパクトさ
というのを最大に押し出すことが出来るカメラと言えます。


Nikon Z7


様々なメーカーから相次いでミラーレスカメラが発表され、
大変な盛り上がりを見せている今現在。
スペック上での比較だけではなく、
Z7の良さは、実際触ってみてわかる部分とても多くございます
ので、ぜひ、本館3階でご体験ください。




↓Z7、Z6まだまだご予約受付中です↓






Z7は店頭にて先行展示中です。
マウントアダプターFTZもご用意しておりますので、
お試しの際はお気軽にお問い合わせください。
店頭にてお待ちしております!


MAPCAMERA店舗地図




〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月15日 00時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]