【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中! | THE MAP TIMES
Select Language

【Nikon】待望のフルサイズミラーレスZ7先行展示中!

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年09月15日 00時00分]



Nikon Z7
数多のNikonユーザーが渇望したカメラが、ついに体験できます!


満を持しての9月28日発売へと迫る、
ニコンの新型ミラーレスカメラZ7を、
マップカメラでお試し頂ける時が来ました!

画素数約4500万画素、常用ISO感度64~25600、
そしてセンサーシフト方式のボディ内手ブレ補正を搭載。
動画もフルフレームによる4K/30P、
外部HDMIによる10bit N-log出力が可能となっております。


Nikon Z7


本館3階の男性スタッフに持ってもらいました。

従来の、上級クラスニコン製一眼レフカメラと比較すると
コンパクトなボディでありながら、
グリップは握っても小指のはみ出さない大きさです。
また、D750以降継続されるグリップ部の握りやすさは
この機種でも健在であり、とても好印象です。


Nikon Z7


背面チルト方式は同系統のスペックを持つD850と同様の
方式を採用しております。
背面操作系は一眼レフ機種で左にあったものを
右手の可動範囲へと集約しており、
左手はレンズのコントロールに集中できます。
なお、展開されるZシリーズのレンズの中には、
レンズ外装に新たな「コントロールリング」を設けるものが
あります。
展示されているZ 24-70mm f/4Sにも搭載されており、
撮影者が任意の設定をすることができます。

ちなみに、開発設計者の方がこだわったポイントである
「EVFの見やすさ」は、たしかに非常に高い完成度であると思います。
これなら、一眼レフを手元に残してのご購入でも、
シームレスに一眼レフから切り替えて撮影が出来ると
感じました。


Nikon Z7


上部軍艦部の作りはご覧の通りシンプルです。
スペック性能は一眼レフにおけるD850が近いようですが、
モードダイヤルなどのインターフェースはD750寄りです。

そのほか、マウントアダプターFTZを介して
AF-S 24-70mm f/2.8 E ED VRを装着してみました。
店頭ではFTZのデモ品もご用意しておりますので、
今までのNIKKORレンズを装着してお試し頂く事が出来ます。


Nikon Z7 & AF-S 24-70mm f/2.8 E ED VR


D850との大きさ比較です。


Nikon Z7 & D850
Nikon Z7 & D850


やはりミラー、プリズム関連の部品がなくなるので
大きさはかなり違います。
また、Zシリーズはある程度予想される筐体の大きさを
絞り込んだうえでそこに機能を盛り込んでいったそうなので、
ミラーレスカメラのアドバンテージともいえるコンパクトさ
というのを最大に押し出すことが出来るカメラと言えます。


Nikon Z7


様々なメーカーから相次いでミラーレスカメラが発表され、
大変な盛り上がりを見せている今現在。
スペック上での比較だけではなく、
Z7の良さは、実際触ってみてわかる部分とても多くございます
ので、ぜひ、本館3階でご体験ください。




↓Z7、Z6まだまだご予約受付中です↓






Z7は店頭にて先行展示中です。
マウントアダプターFTZもご用意しておりますので、
お試しの際はお気軽にお問い合わせください。
店頭にてお待ちしております!


MAPCAMERA店舗地図




〓〓新製品〓〓〓〓セール情報〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年09月15日 00時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!41票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む