【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D? | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D?

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]






皆様こんにちは。
フルサイズミラーレスがさらなる熱を帯びている今日この頃。
筆者もフルサイズミラーレスを愛用していますが、ちょっとした撮影に用いるときには、少し大げさかもと思うことがあります。

そんなとき役立つのが、マイクロフォーサーズのカメラ。
今はOM-D E-M1 Mark IIを使っていますが、その前は先代のOM-D E-M1を使って、メモ用途や日常の様々なシーンを撮影しまくっています。

空気が澄み始めるこの季節、ついつい撮影したくなるのが夜空。
先代のE-M1から愛用している機能の一つである「ライブコンポジット」を使って、澄んだ夜空を星でいっぱいにしてみようと、日々試行錯誤しています。


null
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 8mm F1.8 PRO Fisheye
8mm | SS 8sec. | F3.5 | ISO200


手に入れたばかりのOM-D E-M1 Mark IIを使って、初ライブコンポジット。
8秒間の露光を5分ほど繰り返していたところ、雲がスーッと画面を横断していきました。
最初狙っていた写真とは違う結果ですが、これはこれでありか。ポジティブに考えて、次の一枚を狙ってみようかなと思います。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
14mm | SS 30sec. | F7.1 | ISO200



先代のE-M1で撮影した、模範的とも言うべきライブコンポジットの一枚。
北極星から距離が離れるにしたがって、星の軌跡も長くなっていきます。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
35mm | SS 5sec. | F7.1 | ISO800


トリコロールカラーにライトアップされたスカイツリーと、北北東の空をセットに撮った一枚。
建築物を静とするなら、星の軌跡は動といったところでしょうか。
ライブコンポジットならではの変化を楽しめる構図、ぜひ一度チャレンジしてみてください。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
150mm | SS 1sec. | F7.1 | ISO200


ライブコンポジットは、星空以外にも応用できるのが面白いポイント。
5分ほど露光をしていますが、1枚1枚の露光時間は1秒にすぎないので、画面全体の明るさは維持できています。
車のテールライトを捉えるために長時間露光していても、画面全体は露光オーバーにならないので、このような場面で大変重宝します。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
52mm | SS 2sec. | F7.1 | ISO200


長崎市の稲佐山から撮影した市街地。
薄明の頃から露光スタートしたことで、空がきれいなブルーになりました。
ライブコンポジットは明るく変化した部分を記録していく機能なので、どんどん暗くなっていくシーンでは、空の色を残しながら夜景を撮る、なんてテクニックも簡単に行えます。



秋の夜長を撮り尽くす 嗚呼おもしろい OM-D...。

皆様も秋の夜長をお楽しみください。




▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 2019年04月11日
一眼レフ市場にミラーレス一眼カメラが登場して約11年。 一眼レフカメラよりも小さくて軽いけれど、同じようなきれいな写真が撮れて軽快に持ち歩けることが最大のメリットとして、カメラ市場でたいへん人気を博してます。 今ではソニー、ニコン、キヤノンなど…さまざまなメーカーでミラーレス一眼が注力されています。 最初に登場したのは2008年、フォーサーズの新規格『マイクロフォーサーズ』として、パナソニックから「DMC-G1」が発売されました。 平成の時代に名を馳せるミラーレス一眼の誕生です。 ...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色 2019年04月06日
新年度。新しい生活が始まりました。 いつもとの雰囲気とは違う4月1日。 そうです。令和です。 新元号の発表後、当店では今月「平成を振り返る」というテーマで のご紹介となります。 E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8 改めまして、雨男です。 今回は雨の写真と平成の間に撮影した写真をご紹介できればと思います。 突然ではありますが、筆者は昭和60年生まれです。 平成の元号になった時の記憶は定かではありませんが、写真を撮り始めたのは当然の如く平成となります。 思い返してみ...
続きを読む
フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 2019年03月30日
2015年、春、広島 「時の流れは早い」 取引先様との商談などで忙しく過ごす毎日の中にあって、このようなことを考える瞬間が最近多くなりました。 世間の喧噪に呑まれているのか、ただ単に自らが歳を重ねたからなのか。 ともに歩んできた平成という時代が、本当に終わってしまう。 そのようなことを考えると、名残惜しさが込み上げてきます。 2019年、春、東京 そんな名残惜しい思いに、そっと手を差し伸べてくれる今年の桜。 今改めて思うと、立ち止まりそうな時、桜に導か...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]