【Nikon】D500と夏の日々 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】D500と夏の日々

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月20日 10時30分]



Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2
焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。
夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。
思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。



Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
焦点距離:20mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100

旅行で行った伊豆最南端の石廊崎の遊覧船から撮った「蓑掛岩(みのかけいわ)」。広角レンズで切り取りました。
この日はかなり波が激しく、手すりにつかまっていないと海に放り出されそうなくらいの状況下、気合で撮影しました。
(写真を撮っていたのは私だけでした)
家族からは呆れられる始末。
おまけに生まれて初めての船酔いを体験です・・・。




Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
焦点距離:85mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/5000秒 ISO:100

同じく伊豆での海水浴の様子。
カメラ水没の危険を顧みず、防水カメラでもないD500を持って波を被らないギリギリまで近づきました。
今度は85mmのポートレートレンズで撮影。おかげでうまい具合に我が子の真っ黒に日焼けした背中を撮ることができました。
そしてまた家族からは呆れられました。



Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
焦点距離:85mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/5000秒 ISO:100

しばし都会の喧騒を離れて、自然に囲まれた中で過ごすのも悪くありません。



Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
焦点距離:85mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:100

8月の仕事休みの日で特に予定のない日は息子とテニスの練習に打ち込む日々。
とにかく暑かった・・・。
合間を縫ってフォームの確認も兼ねて写真も撮っていました。
私がD500の購入に踏み切った最大の理由はこの連写撮影のためです。
最近では小型のミラーレスでも同等の連写が手軽にできたり、Panasonicの4Kフォトや6Kフォトでもっと精度の高い瞬間を切り出すこともできますが、私は一眼レフでファインダー越しに瞬間を狙って連写をするのが好きなのでこのD500を愛用しています。
操作性の相性の良さもありますが、道具としての魅力が詰まったカメラだと思います。



Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
Nkon D500+Nikon AF-S NIKKOR 85mm F1.8G
焦点距離:85mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:100

本当は望遠レンズで撮影したいのですが、所有していないため以前から愛用している85mmのレンズで頑張っています。
しかしさすが代表的なポートレートレンズなだけあって立体感のある写真を堪能することができます。
天候が良かったのもありますが、発色や解像感も申し分なしです。



Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
焦点距離:10mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/250秒 ISO:400

こちらはぶらりと都内に出かけた際に見つけました。
画になるなと思いとりあえず撮影。
うちの近所ではこんな柄の建物は見れません。さすが東京です。



Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
焦点距離:17mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/160秒 ISO:400

ちょうど西陽が沈むタイミングに出くわすことができました。
太陽の光が神々しく明治神宮の大鳥居に差し込んでいます。
近くにいた人たちは皆その光景にカメラを向けたり、鳥居に差し込む光に包まれようとしていました。
9月に入り日の沈む時間が徐々に早まっていて夏の終わりを少しずつ感じます。

これから秋冬と季節は変わっていきますがまだまだD500で写真を撮り続ける所存であります!












〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月20日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]