【Nikon】VOYAGE:ニコンの101年 Vol.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】VOYAGE:ニコンの101年 Vol.2

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月28日 18時30分]





NIKON VOYAGE VOL.2

ついに本日、Nikon初のフルサイズミラーレスカメラ
Z7が発売となりました。

Nikon F3 & F5

ニコンの踏み出した新たな歴史と共に
今までニコンが辿ってきた時間を振り返る「Nikon VOYAGE」、今回は第2回です。
さて、今日では一言にカメラといえば、
一般的には完全電子駆動のものが想像されますが、
初期の頃のカメラといえば、こちらもいうまでも無く完全メカニカル駆動でした。
電子化の潮流は初代Fより始まっており、たとえば、電池式の露出計内蔵フォトミックファインダーなどから感じ取る事ができます。
しかし、実際にシャッターの電子制御などが組み込まれる
ようになるのは、初代F発売からおよそ10数年後のこととなります。

・電子シャッター搭載機

ニコン製カメラで先んじて電子制御シャッターが組み込まれたのは
実際には俗に言うF一桁などのフラッグシップ機ではありません。
そのカメラは1972年発売の「ニコマートEL」。
位置づけ的には各種コストを抑えた、いわゆる廉価版というモデルで、
しかしながら、後にフラッグシップ機に搭載されるような機能が
実験的に投入されており、その機能は先進的でした。
具体的には、ニコン一眼レフ機において、絞り優先AE機能と
電子制御シャッターの採用はこの機種が初となります。
電子制御シャッターはレンズシャッター製造などに著名なコパル社
製の部品を使用した自社設計製造のもので、最速で1/1000の速度で
シャッターを切る事が可能です。
こういった電子制御化の源流は後のニコンカメラにおけるメカニズム
の礎となっていくわけですが、
フラッグシップ機にも採用されるような機能がエントリー機種
に先んじて組み込まれる事は珍しくなく、
現在の機種で言うなら、WiFiやBluetoothなどの通信機能や、
タッチパネルなどの搭載がエントリー機の方が先、という例を上げる事ができます。

・至高の名機、登場

1980年、その後20年にわたり発売されるロングセラーカメラが発売されます。
その名も、「F3」です。


Nikon F3 & F5


旧来の一眼レフのルックスを残しつつも、モダンな雰囲気が融合し、まさに1980年代を代表するようなプロダクトデザインに仕上がっており、今でも絶大な人気があります。
このカメラをデザインしたのは世界のプロダクトデザインに多大な影響を与えるジョルジェット・ジウジアーロ氏であることは有名で、
その後のカメラにも、”ジウジアーロデザイン”が継承されていくこととなります。
(ちなみに余談ですが、このF3からニコンの機種は赤いワンポイントが入っておりますが、それは黒に対して強い印象を与える色だからだそうです。)
もちろん、中身に関しても堅実に作りこまれており、
1/2000までの電子制御シャッターを採用。
ファインダーも従来の機種と同様に「アイレベル」「ハイアイポイント」「ウェストレベル」など各種を選択することが可能です。
とりわけ、ハイアイポイントファインダーの見易さはいまだに史上最高との呼び声も高く、非常に視認性がよくピント合わせが容易なファインダーとなっております。
また、この機種は様々な種類展開があり、
チタン外装仕様のF3/T、報道機関向けのF3 Pや、
ハーフミラー採用のF3 H、F3 Pの一般限定仕様F3 Limitedなど、
本当に多くの種類があります。
そのほか、写真家・植村直己氏専用仕様のウエムラスペシャル、
NASAの要望で設計された特別なモデルのF3などがあり、
特殊用途の世界でも、プロの写真に応えるために、様々なモデルが展開されました。

・銀塩全盛時代の終焉

ご存知の通り、今現在はデジタルカメラの時代であり、
フィルムが衰退をはじめてからおおよそ20年前後経っております。
そういった中で、1996年、ニコンがフィルムカメラとして持てる
ノウハウを全て詰め込み、現在ニコンが採用しているデジタル一眼レフの操作系をフラッグシップ機としてはじめて採用し、発売したカメラがF5でした。



Nikon F3 & F5


機種としては、前後コマンドダイヤル、背面マルチセレクター、
フィルムDXコード読取機能、そして、3D-RGBマルチパターン測光を採用しており、より高精度な露出測光が可能です。
今現在ニコンのボディを使ってる方には馴染み深い操作系も、
もともとはこの世代からとなります。
持ってみると、ずっしりと重さを感じるのは、
マグネシウム合金を採用した、確かな堅牢さゆえ。
毎秒8コマもの高速連写も可能で、
現在流通している36枚フィルムなら、たった四秒で撮り切ってしまう
という恐ろしい性能です。
外部アクセサリーも、背面データバック、各種ファインダー、
ニッケル水素バッテリーなど豊富に用意されており、
まさに、プロが使うシステムカメラといった趣です。
バッテリーは単三電池8本を挿入する事も可能ですが、
当然ですが尋常ではない重さになります。
性能をほぼそのままにダウンサイジングしたF100というモデルもあり、当時はこちらも人気機種でした。
ちなみに、この機種にはNikon創業50周年を記念した
ガンメタルカラーの特別な50周年記念モデルが発売されており、
ペンタ部に刻印されているNikonの文字も、レンジファインダー
カメラのS2の刻印の物のような、クラシックなものになっています。


・F to Z


Nikon F3 & F5


さて、フィルム全盛の時代が終焉を向かえ、いまはデジタルカメラの時代です。
この十年での技術の進歩はめまぐるしいものがあり、
カメラの一眼レフからミラーレスへと、新たな形態を迎えつつあります。
かつて、Nikonの代名詞でもあった「不変のFマウント」。
長い歴史の中で生まれてきた様々なFマウントニッコールの銘玉達も
今後展開されるZマウントシリーズで、マウントアダプターFTZを介して使用することが出来ます。
新しいマウントが生まれても、今までの名機の価値が失われることはありません。
そして、今まで生まれた銘玉たちも、
その色を失わずに、最新鋭のZマウントで、その性能を享受する事ができるのです。

新しいマウントでも、是非、存分にNikonをお楽しみください。





↓新世代のZマウント ご購入・ご予約はこちらから↓







↓今回ご紹介したカメラはこちら↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月28日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR 【Nikon】桜の季節が来る前に 2019年02月13日
桜の季節が来る前に 2月、まだまだ冷え込む日々が続きます。 白い吹雪ではなく桜色の吹雪が待ち遠しい今日この頃です。 さて2月というのは 「寒桜」が見ごろを迎え始める季節でもあります。 そろそろ寒桜が見ごろを迎えるかと思っていたある日の朝、 その日は雪が降った日でした。 「雪桜」 そんな言葉が頭に浮かんだ私は、 Nikon D500と70-200mm F2.8 FL VRだけを持ち、 都内某所に向かいました。 たったこれだけの機材に絞ったのは、 手持ちの中で最も防塵・防滴へ...
続きを読む
D810で撮る旧岩崎邸 【Nikon】D810で撮る旧岩崎邸 2019年02月10日
年が明けたと思ったら、あっという間に2月。 急に写真が撮りたくなり、 前から気になっていた「旧岩崎邸」撮影してきました。 惚れ惚れするようなクリーム色の洋館。 さっそく中へ入ります。 この建物は明治29年に三菱第3社長の本宅として造られたもので、 往時は1万5千坪の土地があったそうです。 建物の造形美に惹きつけられ思わずシャッターを切ります。 次は和館へ。 洋館だからといって全てを洋風にするのではなく、 日本の心も取り入れる、という点に日本人らしさを...
続きを読む
D850 AF-S60mmF2.8G 【Nikon】Nikonの話~マイクロレンズと実効F値の話 2019年02月06日
以前よりNikon Fマウントの話をしておりますがその流れでレンズのF値に関して それもマイクロ(マクロ)レンズに関しての話を掲載していきたいと思います 今回も内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいので なるべく簡易にかるーく紹介してみたいと思います まず絞りの値(F値)の基本に軽く触れてみます 現在、一般の絞り値はF1に始まり1段階絞ると露光量が半分になる国際絞りというものが採用されています つまりこんな感じ ちなみに人間の目のF値は約1.0とい...
続きを読む
アクセサリー雑感 〜マウントアダプター編〜 アクセサリー雑感 -マウントアダプター編 Vol.2- 2019年01月30日
2019年もあっという間に1ヶ月が過ぎようとしております。 寒さも一段と厳しくなり体調管理も気をつけたいところであります。 さてさて、前回のアクセサリー雑感を投稿したのが、1年ほど前... そのブログでは電子接点付きマウントアダプター、Commlite CM-ENF-E1 PROに関して書かせていただきました。 今回のアクセサリー雑感もマウントアダプター編になります。 今回の組み合わせはNikon Z7にLeica エルマー L35mm F3.5となります。 ライカMレンズをニコンZボディに取り付けられるアダプターにラ...
続きを読む
【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 【Nikon】COOLPIX P1000 未知の世界への誘い 2019年01月26日
今回は「Nikon COOLPIX P1000」で撮影してみました。 発表された時から、「3000mm相当という未知の望遠域の世界はどんなものか」と気になっていました。 鏡筒部分のズームレバーの隣の「クイックバックズームボタン」を押すと、いったんワイド側に引き下がり、元の焦点距離まで再度ズームアップしてくれます。 画角が極端に狭いため、被写体を探すのにかなり役立ちました。 手振れ補正の効果は非常に強く、頼もしく感じました。通常、超望遠レンズの領域は三脚が必須となりますが、 地面に膝を付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]