【Canon】First Impression of EOS R | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】First Impression of EOS R

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月05日 21時00分]




長野県北安曇郡小谷村にて
Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
85mm | F8.0 | 1/40 | ISO100

First Impression of EOS R




キヤノンからEOSのフルサイズミラーレスの登場です。

9月上旬、待ちわびていたキヤノンのフルサイズミラーレス機が発表されました。
長年、キヤノンユーザーの筆者にとっては「遂に」という気持ちです。
スペック上の印象では物足りないと感じる点がいくつかあり、世論もそうですが、購入して使ってみないとものは言えません。
9月12日、朝一番で予約を入れて発売を待ちます。
現行機ではEOS-1D X MarkⅡ、EOS5D MarkⅣ、EOS5Ds、EOS5DsRなど
数多くのキヤノン機を使ってきた私にとっては日に日に期待が膨らみます。

発売日の深夜、早速撮影に出かけました。今回は同時に発売された標準ズームレンズ「RF24-105mm F4L IS USM」をはじめ、
マウントアダプター「EF-EOS R」を購入したので、それを用いていくつかの既存のレンズも試しました。


東京都渋谷区にて
Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
30mm | F4.0 | 1/2 | ISO400


発売日は出掛けるのが深夜になってしまったので、手軽に撮る事のできる被写体を探す事に・・・
知人のマクラーレン650S、メタリックペイントされた20インチの鍛造ホイールを写しました。
ボディ同色、タロッコオレンジのブレーキキャリパーが引き立ちます。「秋」に出かけたくなる色です。


東京都八王子市にて
Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
24mm | F5.6 | 1/250 | ISO400


ワイド端24mmで撮影。フォトショップで補正をする前は多少の歪みがありましたが、解像力は周辺まで優れています。
EFマウントで既存の「EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM」と比較すると大きく進化しています。
また、フランジバックの関係で後玉が「RF24-105mm F4L IS USM」の方が大きく、それもまた解像力に一役買っているのでしょうか。
デザインは距離計窓を無くしたことでシンプルでありながら、Lレンズの高級感は十分に感じとれます。


長野県北安曇郡小谷村にて
Canon EOS R + EF-EOS R + EF85mm F1.4L IS USM
85mm | F2.0 | 1/125 | ISO200


昨年11月に発売された 「EF85mm F1.4L IS USM」と組み合わせました。
マウントアダプターを介するとAF速度が落ちるイメージですが、
EOS Rと同時発売の「EF-EOS R」ではそれを感じないほど素早いAFに感動しました。
ボディ内に手振れ補正機能を搭載していないので、特に中望遠以上のレンズと組み合わせる際は、
このレンズの様にレンズ側に手振れ補正機能があるものを選択するとよさそうです。


長野県北安曇郡小谷村にて
Canon EOS R + RF24-105mm F4L IS USM
70mm | F8.0 | 1/40 | ISO100


冒頭の写真から少し視点を変えて。
朝7時、長野県と新潟県の県境付近にある雨飾高原の鎌池です。
紅葉は終わりに近づいていましたが、風の少ない早朝の池は、水鏡がとても素晴らしかったです。

低い位置に三脚を据えて撮影する時に、バリアングル液晶を効果的に使う事ができ、これはEOS Rの良い点の1つです。


長野県北安曇郡小谷村にて
Canon EOS R + EF-EOS R + EF11-24mm F4L USM
12mm | F5.6 | 1/200 | ISO100


EFレンズで最広角のズームレンズ「EF11-24mm F4L USM」を組み合わせました。広角レンズにしてはかなり重量級で、
ボディとのバランスが心配でしたが、マウントアダプター「EF-EOS R」はガタつく事がなく、
重量級レンズとの組み合わせでも安心して使う事が出来ます。
マウントアダプターの止めネジは、ボディ側に4本、レンズ側に6本です。


長野県北安曇郡小谷村にて
Canon EOS R + EF-EOS R + EF11-24mm F4L USM
11mm | F5.6 | 1/200 | ISO100


この様に多くの既存のEFレンズと制約無く組み合わせることができるので、キヤノンユーザーの読者の方は、
最初からRFレンズを購入しなくても、マウントアダプター「EF-EOS R」を使う事でEOS Rを十分に楽しむことができます。


東京都渋谷区にて
Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM
50mm | F1.2 | 1/80 | ISO5000


EOS Rの発売と同時にラインアップされたもう1本のレンズがあります。
「RF50mm F1.2L USM」です。EFレンズで既存の「EF50mm F1.2L USM」とは異なる点がいくつかあります。
まずはサイズです。φ85.8×65.5mmから、RFレンズではφ89.8×108mmと大きくなり、
重量は倍近くなりましたが写りは開放F1.2からシャープな描写と美しいボケ味が楽しめます。


東京都渋谷区にて
Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM
50mm | F1.2 | 1/30 | ISO3200


スナップ撮影では、鏡筒先端に備わるコントロールリングアダプターが、その意味を成します。
コントロールリングアダプターには、カスタムによっていくつかの機能を割り当てる事が出来ますが、
撮影時のデフォルトではF値の調整ダイヤルになっています。右手親指をAFボタン、人差し指をシャッターボタンに置く場合は、
左手をレンズに沿わせながら絞りを操作出来るので余計な動きが少なく非常に便利で、
これは既存のEFレンズとの大きな違いです。


東京都渋谷区にて
Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM
50mm | F1.4 | 1/30 | ISO500


EOS Rは、キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラとして全く新しいものでありながら、
今までのEOSをしっかり継承しているという印象です。
ミラーレスカメラにしては深く握りやすいグリップを確保していますし、
EVFは夜間でも鮮明で、AFは俊敏に動作をします。
操作系に関しては発展途上と感じる点がいくつかありますが、
別な捉え方をすると次の機種への期待につながります。
筆者にとってEOS Rはこれかれも写真と撮影を楽しむアイテムになりそうです。
次回のブログではマウントアダプターを介し、望遠レンズで撮影した写真の紹介をしたいと思います。


▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年11月05日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]