【Nikon】お気に入りの撮影アイテム | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】お気に入りの撮影アイテム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月27日 12時45分]

           
Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR
Nikon AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

望遠レンズに慣れていないこともあって、初めてこのレンズを使ってみたとき、被写体との距離感が難しいと思う反面、カメラ(Nikon D800)との相性も良く、これまで使ってきたレンズとは違うその美しい描写力に驚きました。それ以来、このレンズが私のお気に入りの撮影アイテムとなっております。
そして、このレンズをメインで使うことで、写真撮影がまたひとつ楽しくなったと感じています。





Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

主な使用目的は家族のスナップ写真です。このカメラとレンズの組み合わせで良い瞬間に遭遇することを期待しながら今日もシャッターを切ります。






 
         Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

これは昨年の入間航空祭の日に、自宅近くの入間川の土手から撮影したものです。小型軽量のレンズでこのような飛行機を当たり前のように手持ちで撮影できるのも嬉しいです。







          Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

自衛隊機が自宅付近の空を飛んでいるのを見かけることはあっても、複数の飛行機が同時に超高速で市内上空を飛び回るような光景を普段、目にすることはありません。初めて見るブルーインパルスの編隊飛行は見事でした。







   Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR       

少し離れたところから子どもが何かに興味を示した時の仕草や、表情をファインダー越しに見るのは楽しいです。ちょっと窮屈な感じがするものの、望遠レンズならではのスナップ写真が撮れました。




         




 Nikon D800+AF-S NIKKOR 300mm F4E PF ED VR

望遠レンズなので当然、なんでもうまく撮れるわけではありません。撮影時、被写体との距離が大事なので私自身の運動量も多いです。しかし、被写体を強調した、それでいて高画質な写りは私にはとても魅力的です。
秋は運動会や花、そして紅葉などカメラを持ち出す機会が増える季節です。みなさんもお気に入りの撮影機材を用意して来るべきシャッターチャンスに備えてください。
では私は今週末、埼玉西武ライオンズの優勝胴上げシーンを見れることを期待して、球場に向かいます。



         


↓今回使用した機材はコチラ↓








マップカメラのご案内


〓〓タイムズフォト〓〓







[ Category:Nikon|掲載日時:2018年09月27日 12時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Z 24-70mm f/2.8S 【Nikon】新標準ズームで日常にスパイス 2019年05月08日
スパイス11 皐月になって、すっかり日も延びてきました。 めまぐるしく過ぎていく季節の中で、様々なカメラ機材が新たに登場しています。 本日ご紹介するNikon Z 24-70mm f/2.8Sも、4月19日に発売したばかりの新製品です。 すべてが新しい待望の「標準ズーム」 Nikonの誇るF2.8通しのズームレンズライン、いわゆる大三元。 その中でも24-70mmという焦点距離は、様々な撮影にまず必要なもっともポピュラーなレンズと言って差し支えありません。 従来からプロが現場で多用する同レンズは...
続きを読む
D850と荒川起点 【新元号令和、平成を振り返る】D850と荒川起点 2019年04月26日
もうすっかり暖かくなり、 カメラを持ち撮影に出かけるには良い季節になりました。 さて平成がそろそろ終わろうとしています。 私がカメラに興味を持ち、初めて手にしたデジタル一眼レフカメラは Nikon D810でした。 平成26年に発売の高画素フルサイズ機です。 D850は平成29年登場。 4575万画素というさらなる高画素化と連射性能等、スペックがアップしています。 ニコン初のフルサイズカメラD3が発売されたのが平成19年。 振り返ってみると、この10年ほどで飛躍的な進化を遂げました。 D700が発...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード 2019年04月14日
平成を振り返るシリーズ。 今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。 50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。 広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。 今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操...
続きを読む
Nikon S3 【新元号令和、平成を振り返る】レンジファインダーニコンで日常にスパイス【Nikon】 2019年04月03日
スパイス10 気が付けば、平成という時代もカウントダウンを迎えています。 同時に春の訪れも、往々にして、気がついた頃にはもうすぐ傍に感じるものです。 今年も今年とて、あっという間に春の景色が広がり始めました。 さて、春は新しい出会いへの期待や、別れへの不安など、様々な感情が交差する季節。 同時に、新しいことへの挑戦の可能性も秘めています。 十人十色の春の始まりですが、一つ、これから何かを始めようとする方へ、ささやかな提案です。 「平成の最後に、S型ニコン、始...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]