【PENTAX】江ノ島 Call Me. | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】江ノ島 Call Me.

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年09月29日 10時00分]







今年の8月、江ノ島に人生初めて行ってまいりました。

null
駅を出た瞬間に、『江の島に来た!』と実感。

null
初めて見る江ノ島に結構感動しました。

null
出かける前日まで、台風直撃の可能性がありヒヤヒヤとしていたのですが、当日は見事に夏を感じさせる晴れでした。

null
台風の影響もあり当日は結構高い波。

null
海の家を見ると海水浴場に来た実感が出て、テンションが上がります。

null
夏休みだけあり、浜辺は賑わっていました。

null

null

null
やはり海はこういう景色が映えます。

null
地元から電車1本で行ける場所ですが、写真で見ると海外へ遠征した気分になります。

null
来年もまた行きたいです。










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年09月29日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

THETA 【新元号令和、平成を振り返る】RICOH THETAを振り返る 2019年04月07日
RICOHより平成25年に発売された全天球カメラ『THETA』シリーズは、平成という時代の中では比較的最後の方に登場したカメラではありますが、同時に360度のパノラマ写真を撮影する全天球カメラという平成という時代に新たに生まれたジャンルのパイオニアともいうべきカメラでもあります。 無印から始まったTHETAも現在では『THETA V』で五台もの機種が発売となり、近日発売に発売日がずれ込んでしまいましたが最新機『THETA Z1』もただいまご予約受付中となっています。THETA Z1はセンサーが1インチにパワー...
続きを読む
RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
【PENTAX】新宿ビル's 【PENTAX】新宿ビル's 2019年03月01日
今回はPENTAX K-7とDA50-200mm F4-5.6ED WRを持って西新宿を散歩しました。 あまり動かずに遠くのものを撮影できるレンズを使うと、どうしてもビルを撮りたくなります。 新宿はビルが多く建てられていますので、建物好きにはいい撮影ポイントだと思います。 今回使用したのはお手軽価格のレンズですが、建物の深見も写し撮ってくれます。 光をうまい具合に反射したビルを撮影したところ、ダイナミックな描写になりました。 ビルを撮る時、どうしてもこういうアングルを撮りたくなり...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
【PENTAX】冬の海を歩く 【PENTAX】冬の海を歩く 2019年01月05日
冬の海沿いを散歩してきました。 やはり夏の賑わいとのギャップからでしょうか、 冬の海は一際寂しさを感じます。 賑わう夏の海も良いですが、人も疎らで聞こえるのは風と波の音ばかり、 そんな寂しさがむしろ心地良かったりもします。 一緒に散歩をした相棒はこちら ・PENTAX KP ・HD DA 20-40mm F2.8-4ED Limited DC WR 両者のコンパクトなサイズとクラシカルなルックスは相性抜群です。 また海沿いでは、水飛沫や砂が風で舞っているので、レンズ交換はなるべく避けたいものです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]