【Canon】カメラを選ぶ理由。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】カメラを選ぶ理由。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 17時50分]



フルサイズミラーレスカメラの発表が相次ぎ
カメラ業界がざわついた9月。

どのカメラがいいだろう?と
購入の当てがある訳でもないのに、目移りしてしまいます。
勿論選ぶ理由 は人それぞれ。
というわけで自分が今選んだカメラで理由を考えてみました。

まず第一に「フルサイズが欲しくなった
次に「EVFなら設定が直に反映される」という点。
そして「使いたいレンズがあった」というのが決め手になりました。

今回は Canon で使いたいレンズとして考えてみました。

Canon のレンズはそもそも魅力的なレンズが多いのですが
自分の中で 2本厳選してみました。
それは「EF 135mm F2L USM」と「EF 35mm F1.4 II L USM」の2本です。

EOS 5D Mark IV + EF 135mm F2 L USM


この写真は最近 日高の巾着田 で撮ってきた1枚です。
ちなみにこちらは EF 135mm F2L USM
はまった時の被写体への没入感がたまりません。
まだ小さくて離れられないので活用できていませんが
もう少し子どもが大きくなったら撮るのに使いたくてうずうずしている大好きなレンズです。

EOS 5D Mark IV + EF 35mm F1.4 II L USM


35mm は今まで使ってきた 35mmのレンズの中で
一番写りが好きだったという理由です。
家族写真ばかりなので写真は侘しいですが
思い出のクオリティが一段上がるレンズだと思っています。
Canon のマウントをお使いの方にはお薦めして間違いないレンズです。

ですがそもそもお薦めを挙げる必要などないほど
レンズのラインナップの豊富さが魅力でもあるCanon。
フルサイズミラーレス「EOS R」でも
その豊富なレンズを制限なく使えるという点は大きなアドバンテージかと思います。

ちなみに今回のブログを書くきっかけになったのは
他の方に新しいカメラはどうですか?と聞いたときに
「私はこのレンズが使いたいから替えません」という返答をもらったことがきっかけでした。
シンプルな事なのに悩んでいた気持ちの一つがストンと落ちた気がしました。

無数に存在するレンズ。
自分が見たい世界、写したい世界、誰かに見せたい世界。
それを実現する為のレンズ選び。
センサーが画質に影響するデジタル一眼カメラですので一概にとは言えません。
でもお気に入りのレンズがあって、そのレンズで撮りたいものを撮れる喜び。
それだけでもそのマウントのカメラを選ぶ理由は十分ではないでしょうか。

EOS 5D Mark IV + EF 135mm F2 L USM




ブランドコンセプトとはまた違うEOS R のカタログにあるキーワード
「EXPAND」=「拡張」

そのカタログに心打たれたコピーがあったので
最後にその一節を引用させていただきます。

----------------------------------------------------


撮り尽くされたと思われていた世界が、
EOS Rシステムの誕生で、にわかに別の色を帯びはじめる。
これ以上ないと思われていた表現に、新たな光が射し込まれていく。

もっと、いい写真が撮りたい。
強烈なその意思があれば、道は必ず拓かれる。
限界なんてない。完成なんてない。
拡張を加速させるのは、あなた自身だ。
さあその手に、その想像力に、新しいEOSを。

あなたの拡張が始まる。



----------------------------------------------------


Canon フルサイズミラーレス 「EOS R」
遂に発売。






【EOS R SYSTEM誕生キャンペーン】

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン

〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 17時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]