【Canon】カメラを選ぶ理由。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】カメラを選ぶ理由。

[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 17時50分]



フルサイズミラーレスカメラの発表が相次ぎ
カメラ業界がざわついた9月。

どのカメラがいいだろう?と
購入の当てがある訳でもないのに、目移りしてしまいます。
勿論選ぶ理由 は人それぞれ。
というわけで自分が今選んだカメラで理由を考えてみました。

まず第一に「フルサイズが欲しくなった
次に「EVFなら設定が直に反映される」という点。
そして「使いたいレンズがあった」というのが決め手になりました。

今回は Canon で使いたいレンズとして考えてみました。

Canon のレンズはそもそも魅力的なレンズが多いのですが
自分の中で 2本厳選してみました。
それは「EF 135mm F2L USM」と「EF 35mm F1.4 II L USM」の2本です。

EOS 5D Mark IV + EF 135mm F2 L USM


この写真は最近 日高の巾着田 で撮ってきた1枚です。
ちなみにこちらは EF 135mm F2L USM
はまった時の被写体への没入感がたまりません。
まだ小さくて離れられないので活用できていませんが
もう少し子どもが大きくなったら撮るのに使いたくてうずうずしている大好きなレンズです。

EOS 5D Mark IV + EF 35mm F1.4 II L USM


35mm は今まで使ってきた 35mmのレンズの中で
一番写りが好きだったという理由です。
家族写真ばかりなので写真は侘しいですが
思い出のクオリティが一段上がるレンズだと思っています。
Canon のマウントをお使いの方にはお薦めして間違いないレンズです。

ですがそもそもお薦めを挙げる必要などないほど
レンズのラインナップの豊富さが魅力でもあるCanon。
フルサイズミラーレス「EOS R」でも
その豊富なレンズを制限なく使えるという点は大きなアドバンテージかと思います。

ちなみに今回のブログを書くきっかけになったのは
他の方に新しいカメラはどうですか?と聞いたときに
「私はこのレンズが使いたいから替えません」という返答をもらったことがきっかけでした。
シンプルな事なのに悩んでいた気持ちの一つがストンと落ちた気がしました。

無数に存在するレンズ。
自分が見たい世界、写したい世界、誰かに見せたい世界。
それを実現する為のレンズ選び。
センサーが画質に影響するデジタル一眼カメラですので一概にとは言えません。
でもお気に入りのレンズがあって、そのレンズで撮りたいものを撮れる喜び。
それだけでもそのマウントのカメラを選ぶ理由は十分ではないでしょうか。

EOS 5D Mark IV + EF 135mm F2 L USM




ブランドコンセプトとはまた違うEOS R のカタログにあるキーワード
「EXPAND」=「拡張」

そのカタログに心打たれたコピーがあったので
最後にその一節を引用させていただきます。

----------------------------------------------------


撮り尽くされたと思われていた世界が、
EOS Rシステムの誕生で、にわかに別の色を帯びはじめる。
これ以上ないと思われていた表現に、新たな光が射し込まれていく。

もっと、いい写真が撮りたい。
強烈なその意思があれば、道は必ず拓かれる。
限界なんてない。完成なんてない。
拡張を加速させるのは、あなた自身だ。
さあその手に、その想像力に、新しいEOSを。

あなたの拡張が始まる。



----------------------------------------------------


Canon フルサイズミラーレス 「EOS R」
遂に発売。






【EOS R SYSTEM誕生キャンペーン】

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン

〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年10月25日 17時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]