フィルム紹介『Kodak PORTRA 400』 | THE MAP TIMES 
Select Language



フィルム紹介『Kodak PORTRA 400』

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月07日 15時15分]



Kodak PORTRA 400

2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、
フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。
しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。
街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。
フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。
レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。
そこでこのブログではフィルムに焦点を当ててご紹介いたします。

今回はカラーネガフィルム『Kodak PORTRA(ポートラ) 400』をご紹介いたします。

ポートラは3種類のISOラインナップ(160,400,800)がありそれぞれ多少異なりますが、
総じて過度な彩度やコントラストではなく自然な色合と高い諧調性能で様々な撮影に向いています。
個人的にカラーネガフィルムではPORTRA 400の使用が一番多いので写真は400で撮影したものになります。

撮影機材はCONTAX645+Apo Makro Planar T* 120mm F4です。
※写真はネガをスキャナー(EPSON GT-X820)で取り込んだものになります。


Kodak PORTRA 400

使用したApo Makro Planar T* 120mm F4は非常に描写力が高いレンズなので、
より一層フィルムの性能の良し悪しがわかりやすいのですが苔や葉の緑の色の違い写してくれました。


Kodak PORTRA 400

写真に写っていませんが左側に大香炉があり、灯籠が煙がかかっています。
その場の雰囲気をそのまま閉じ込めたような自然なコントラストの仕上がりになりました。


Kodak PORTRA 400


個人的にポートラで曇りの日に撮影した写真の風合いが好みです。
肉眼で見た時の感覚と同じような忠実な再現をしてくれるので素直に被写体を見ることができると感じました。

Kodak『T-MAX P3200』に続き先月の27日にポジフィルムの『EKTACHROME(エクタークローム) E100』の再販開始のお知らせが出され、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

発売が開始されましたら『EKTACHROME(エクタークローム) E100』ご紹介したいと思います。


↓今回使用したフイルムはコチラ↓






〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月07日 15時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]