【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ!

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]



null

愛用のレンズたち・・・
・・・うそです。こんなに持ってません。
なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。


ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。
自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、
80mmから入るだろうという考えを基にもしています。

でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・

35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決めやすいでしょうし、
山岳写真の愛好家の方には「250mmが自分の標準!」なんて人もいます。

で、そんな声にも余裕で応えられるのがハッセルの充実したレンズラインナップ!

500シリーズ用としては、30mmから500mmまでが用意されていました。
さらに、世代によってC・CF・CFi・CFEなどの種類もあり・・・
なんとも膨大な数のレンズ群なわけです。

6×6判用レンズの焦点距離を35mm判に換算するには、35mm判フィルムの画角の対角線(43.3mm)を
6×6判の画角の対角線(約79mm)で割った数値(約0.55)を6×6判の焦点距離に掛けると表されます。

たとえば、6×6判の80mmに0.55を掛けた44mmというのが、35mm判に換算したときの焦点距離となります。
・・・ふぅ、数学苦手なんですが・・・・・・


・・・実際どんな感じか、見てもらったほうが早いでしょう。

今回、上の写真にある6本のレンズで試写してきました。

全てCFレンズで、40mm・50mm・80mm・120mm・150mm・250mmです。
・・・えぇ、重かったです。 しかも仕事なので、ノンアルコールです…
(ボディ:503CXi、フジフィルム ベルビア100F使用)

null

Distagon T* CF40mm F4 FLE(35mm判換算 約22mm)
広角でありながら、歪みや周辺光量落ちの少ない高機能レンズ。
もっと広角の魚眼レンズ 30mmもあります。

null

Distagon T* CF50mm F4 FLE(35mm判換算 約28mm)
サイズもお値段もお手頃なレンズ。 広角好きな方にオススメです。

null

Planar T* CF80mm F2.8(35mm判換算 約44mm)
まさに「標準」レンズ。 ハッセルは、やっぱりここからか・・・
上記2本の間に60mmがあります。

null

Makro-Planar T* CF120mm F4(35mm判換算 約66mm)
ポートレートでの愛用者も多い万能レンズ。
間に100mmがあります。

null

Sonnar T* CF150mm F4(35mmm判換算 約82.5mm)
手持ちスナップ撮影も可能なお手頃レンズ。

null

Sonnar T* CF250mm F5.6(35mm判換算 約138mm)
焦点距離のわりにコンパクトな設計。
間に160mm・180mmがあります。


さらに望遠の350mm・500mm・ズームレンズ140-280mmなどがありますが、
・・・・・・勘弁してください、そんなに体力ないです・・・

null

ちなみに、先に話に出た CF30㎜ F3.5。
6×6判の魚眼は迫力あります。

null

そして、C500mm F8。
ドーン!! これつけて都庁にカメラ向けてたら、たぶん職質ものです…

「標準1本で勝負!」もいいですが、折角これだけのラインナップが存在するのですから、
使わない手はありません。
皆様も是非、次の1本を見つけてみてください。

null

愛用のレンズたち…
(この作者は、アルコールで動きます。)










〓〓商品ピックアップ〓〓















[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]