【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES
Select Language

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ!

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]


null

愛用のレンズたち・・・
・・・うそです。こんなに持ってません。
なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。


ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。
自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、
80mmから入るだろうという考えを基にもしています。

でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・

35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決めやすいでしょうし、
山岳写真の愛好家の方には「250mmが自分の標準!」なんて人もいます。

で、そんな声にも余裕で応えられるのがハッセルの充実したレンズラインナップ!

500シリーズ用としては、30mmから500mmまでが用意されていました。
さらに、世代によってC・CF・CFi・CFEなどの種類もあり・・・
なんとも膨大な数のレンズ群なわけです。

6×6判用レンズの焦点距離を35mm判に換算するには、35mm判フィルムの画角の対角線(43.3mm)を
6×6判の画角の対角線(約79mm)で割った数値(約0.55)を6×6判の焦点距離に掛けると表されます。

たとえば、6×6判の80mmに0.55を掛けた44mmというのが、35mm判に換算したときの焦点距離となります。
・・・ふぅ、数学苦手なんですが・・・・・・


・・・実際どんな感じか、見てもらったほうが早いでしょう。

今回、上の写真にある6本のレンズで試写してきました。

全てCFレンズで、40mm・50mm・80mm・120mm・150mm・250mmです。
・・・えぇ、重かったです。 しかも仕事なので、ノンアルコールです…
(ボディ:503CXi、フジフィルム ベルビア100F使用)

null

Distagon T* CF40mm F4 FLE(35mm判換算 約22mm)
広角でありながら、歪みや周辺光量落ちの少ない高機能レンズ。
もっと広角の魚眼レンズ 30mmもあります。

null

Distagon T* CF50mm F4 FLE(35mm判換算 約28mm)
サイズもお値段もお手頃なレンズ。 広角好きな方にオススメです。

null

Planar T* CF80mm F2.8(35mm判換算 約44mm)
まさに「標準」レンズ。 ハッセルは、やっぱりここからか・・・
上記2本の間に60mmがあります。

null

Makro-Planar T* CF120mm F4(35mm判換算 約66mm)
ポートレートでの愛用者も多い万能レンズ。
間に100mmがあります。

null

Sonnar T* CF150mm F4(35mmm判換算 約82.5mm)
手持ちスナップ撮影も可能なお手頃レンズ。

null

Sonnar T* CF250mm F5.6(35mm判換算 約138mm)
焦点距離のわりにコンパクトな設計。
間に160mm・180mmがあります。


さらに望遠の350mm・500mm・ズームレンズ140-280mmなどがありますが、
・・・・・・勘弁してください、そんなに体力ないです・・・

null

ちなみに、先に話に出た CF30㎜ F3.5。
6×6判の魚眼は迫力あります。

null

そして、C500mm F8。
ドーン!! これつけて都庁にカメラ向けてたら、たぶん職質ものです…

「標準1本で勝負!」もいいですが、折角これだけのラインナップが存在するのですから、
使わない手はありません。
皆様も是非、次の1本を見つけてみてください。

null

愛用のレンズたち…
(この作者は、アルコールで動きます。)










〓〓商品ピックアップ〓〓















[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!44票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む