【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ!

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]



null

愛用のレンズたち・・・
・・・うそです。こんなに持ってません。
なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。


ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。
自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、
80mmから入るだろうという考えを基にもしています。

でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・

35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決めやすいでしょうし、
山岳写真の愛好家の方には「250mmが自分の標準!」なんて人もいます。

で、そんな声にも余裕で応えられるのがハッセルの充実したレンズラインナップ!

500シリーズ用としては、30mmから500mmまでが用意されていました。
さらに、世代によってC・CF・CFi・CFEなどの種類もあり・・・
なんとも膨大な数のレンズ群なわけです。

6×6判用レンズの焦点距離を35mm判に換算するには、35mm判フィルムの画角の対角線(43.3mm)を
6×6判の画角の対角線(約79mm)で割った数値(約0.55)を6×6判の焦点距離に掛けると表されます。

たとえば、6×6判の80mmに0.55を掛けた44mmというのが、35mm判に換算したときの焦点距離となります。
・・・ふぅ、数学苦手なんですが・・・・・・


・・・実際どんな感じか、見てもらったほうが早いでしょう。

今回、上の写真にある6本のレンズで試写してきました。

全てCFレンズで、40mm・50mm・80mm・120mm・150mm・250mmです。
・・・えぇ、重かったです。 しかも仕事なので、ノンアルコールです…
(ボディ:503CXi、フジフィルム ベルビア100F使用)

null

Distagon T* CF40mm F4 FLE(35mm判換算 約22mm)
広角でありながら、歪みや周辺光量落ちの少ない高機能レンズ。
もっと広角の魚眼レンズ 30mmもあります。

null

Distagon T* CF50mm F4 FLE(35mm判換算 約28mm)
サイズもお値段もお手頃なレンズ。 広角好きな方にオススメです。

null

Planar T* CF80mm F2.8(35mm判換算 約44mm)
まさに「標準」レンズ。 ハッセルは、やっぱりここからか・・・
上記2本の間に60mmがあります。

null

Makro-Planar T* CF120mm F4(35mm判換算 約66mm)
ポートレートでの愛用者も多い万能レンズ。
間に100mmがあります。

null

Sonnar T* CF150mm F4(35mmm判換算 約82.5mm)
手持ちスナップ撮影も可能なお手頃レンズ。

null

Sonnar T* CF250mm F5.6(35mm判換算 約138mm)
焦点距離のわりにコンパクトな設計。
間に160mm・180mmがあります。


さらに望遠の350mm・500mm・ズームレンズ140-280mmなどがありますが、
・・・・・・勘弁してください、そんなに体力ないです・・・

null

ちなみに、先に話に出た CF30㎜ F3.5。
6×6判の魚眼は迫力あります。

null

そして、C500mm F8。
ドーン!! これつけて都庁にカメラ向けてたら、たぶん職質ものです…

「標準1本で勝負!」もいいですが、折角これだけのラインナップが存在するのですから、
使わない手はありません。
皆様も是非、次の1本を見つけてみてください。

null

愛用のレンズたち…
(この作者は、アルコールで動きます。)










〓〓商品ピックアップ〓〓















[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

邸宅探訪 【私のお気に入り】邸宅探訪 2019年08月23日
私は"お気に入り"があればあるほど幸せな気分になれるので ついついたくさん"お気に入り"を増やしてしまいます。 さらなる"お気に入り"を見つけるために 新しい機材を持って、群馬県にある旧中島家住宅へ向かいました。 この邸宅は昭和初期に建てられたもので、国の重要文化財に指定されているそうです。 邸宅の中でも一番豪華な部屋が応接室でした。 壁紙はシルク、ドアノブも家門の入った特注のものであったり、 海外から取り寄せたステンドグラスがはめてあったりまさに豪華絢爛です。 ...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]