【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! | THE MAP TIMES
Select Language

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ!

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]


null

愛用のレンズたち・・・
・・・うそです。こんなに持ってません。
なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。


ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。
自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、
80mmから入るだろうという考えを基にもしています。

でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・

35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決めやすいでしょうし、
山岳写真の愛好家の方には「250mmが自分の標準!」なんて人もいます。

で、そんな声にも余裕で応えられるのがハッセルの充実したレンズラインナップ!

500シリーズ用としては、30mmから500mmまでが用意されていました。
さらに、世代によってC・CF・CFi・CFEなどの種類もあり・・・
なんとも膨大な数のレンズ群なわけです。

6×6判用レンズの焦点距離を35mm判に換算するには、35mm判フィルムの画角の対角線(43.3mm)を
6×6判の画角の対角線(約79mm)で割った数値(約0.55)を6×6判の焦点距離に掛けると表されます。

たとえば、6×6判の80mmに0.55を掛けた44mmというのが、35mm判に換算したときの焦点距離となります。
・・・ふぅ、数学苦手なんですが・・・・・・


・・・実際どんな感じか、見てもらったほうが早いでしょう。

今回、上の写真にある6本のレンズで試写してきました。

全てCFレンズで、40mm・50mm・80mm・120mm・150mm・250mmです。
・・・えぇ、重かったです。 しかも仕事なので、ノンアルコールです…
(ボディ:503CXi、フジフィルム ベルビア100F使用)

null

Distagon T* CF40mm F4 FLE(35mm判換算 約22mm)
広角でありながら、歪みや周辺光量落ちの少ない高機能レンズ。
もっと広角の魚眼レンズ 30mmもあります。

null

Distagon T* CF50mm F4 FLE(35mm判換算 約28mm)
サイズもお値段もお手頃なレンズ。 広角好きな方にオススメです。

null

Planar T* CF80mm F2.8(35mm判換算 約44mm)
まさに「標準」レンズ。 ハッセルは、やっぱりここからか・・・
上記2本の間に60mmがあります。

null

Makro-Planar T* CF120mm F4(35mm判換算 約66mm)
ポートレートでの愛用者も多い万能レンズ。
間に100mmがあります。

null

Sonnar T* CF150mm F4(35mmm判換算 約82.5mm)
手持ちスナップ撮影も可能なお手頃レンズ。

null

Sonnar T* CF250mm F5.6(35mm判換算 約138mm)
焦点距離のわりにコンパクトな設計。
間に160mm・180mmがあります。


さらに望遠の350mm・500mm・ズームレンズ140-280mmなどがありますが、
・・・・・・勘弁してください、そんなに体力ないです・・・

null

ちなみに、先に話に出た CF30㎜ F3.5。
6×6判の魚眼は迫力あります。

null

そして、C500mm F8。
ドーン!! これつけて都庁にカメラ向けてたら、たぶん職質ものです…

「標準1本で勝負!」もいいですが、折角これだけのラインナップが存在するのですから、
使わない手はありません。
皆様も是非、次の1本を見つけてみてください。

null

愛用のレンズたち…
(この作者は、アルコールで動きます。)










〓〓商品ピックアップ〓〓















[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年09月30日 16時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!44票


C 80mm F2.8×500C

【増税前にデビュー】ハッセルブラッドVシステム[2019年09月07日]

プロカメラマンが持つ機材の代名詞であったハッセルブラッドのVシステム。 2013年にVシステムカメラの製造が終了されましたが、今なお人気の高さを誇っているカメラシステムです。 今年6月にはVマウントシステムにも対応したデジタルバック「CFV II 50C」の開発発表がされ再び注目を集めています。 今回は昨年製造が終了したフジフイルムのACROS 100をカメラに詰めて撮影してきました。 使用したカメラが71年製ということもあり昭和感漂う商店街へ撮影へ。 ピント面の描写力はさることながら...
続きを読む
イメージです

【Hassel blad】 フィルム紀行(ときどき、奇行) ⑤ハッセルで合格祈願![2019年03月31日]

先月の誕生日に妻が卓上の酒燗道具をプレゼントしてくれました。 器にお湯を入れ、お酒を注いだ錫製のチロリを温めるもの。 …これがなかなか! いままでレンジでチンしていた時は、飲み口がどうもトゲトゲした印象だったのですが、湯煎したものはなんともまろやか!! 燗酒に向いたお酒というのもあるようで、奈良・春鹿の「さくら純米」や山形・大山の「十水」は、ぬる燗から人肌燗あたりの温度で口当たり柔らかくふくよかな味わいになります。 また、広島・誠鏡の「純米たけはら」などは、いかにも...
続きを読む
null

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ![2018年09月30日]

愛用のレンズたち・・・ ・・・うそです。こんなに持ってません。 なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。 ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。 自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、 80mmから入るだろうという考えを基にもしています。 でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・ 35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決め...
続きを読む
500C/M+C80mm+プロクサー0.5m

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル[2018年07月03日]

妻が実家に帰ってしまった… …なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。 今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。 まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤… そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」 (上の写真は、イメージです...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ

【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ[2017年11月07日]

今回は、CFレンズを紹介しましょう。Planar 80mmF2.8で説明します。 ①Fセットロックボタン ②シャッタースピード目盛り ③絞りリング(絞り目盛り)  ④絞り込みレバー ⑤シンクロ接点 ⑥距離目盛り ⑦ダブルバヨネット ⑧シャッタースピードリング ⑨EV値目盛り ⑩EVロックボタン ⑪中央指標 ⑫被写界深度目盛り ⑬フォーカシングリング フォーカルプレーンシャッター搭載のHASSELBLAD 2000FC(1977年)登場以降に Cレンズにかわって発売されたレンズです。 シャッターは、Cレンズの...
続きを読む