【SONY】とある島 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】とある島

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月04日 10時30分]



一年の半分が過ぎて、肌寒くなって来ました。
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650を持って夜行バスに。
秋の訪れを横目に、とある場所へ向かいました。

夜行バスと電車、船を乗り継いで辿り着いたのは
明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞施設となっていた島。
現在は当時の砲台跡や施設跡が残されつつ、キャンプ場などの観光施設としても役割を果たしています。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F8 1/4000 ISO800

平日という事もあり人は疎らで、写真を撮りながら歩いていると一人になり、遭難したような気分になります。
ハイキングコースのように道がある程度は補整されていますが、山の中です。
アップダウンの激しい坂も、a5000とE PZ16-50mmのサイズ感だから乗り越えられたと感じます。
眼下の海を眺めつつ孤独に砲台を目指します。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/600 ISO800


砲台施設はトンネル式になっていて、スマホのライトで照らしながらでないと暗闇を彷徨うことになります。
階段が何箇所もあり、自分が今どこにいるのか混乱します。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/600 ISO800


こちらはフラッシュで撮影して初めて広い空間になってることがわかり驚きました。
a5000の内蔵フラッシュを使うことは殆どありませんでしたが、意外なところで役立ちました。
当時はここに人がいたと思うと不思議な気持ちになります。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/10 ISO800



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F5.6 1/640 ISO800


トンネルとトンネルの間には砲台があったであろう丸い砲座跡が。
昨夜の雨のせいか、池のようになっていました。


砲台跡を抜け、森を彷徨うと一軒の廃墟が。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650


180度可動の液晶モニターがあるので煽りで撮るのも楽です。

この辺りから一人の時間が長すぎて動画を撮って感想を一人で喋っていました。
今度は家族や友人と訪れよう。そう誓いました。
a5000は動画撮影ももちろん出来ますので、写真と動画を代わる代わる撮っていました。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F4 1/30 ISO1600


ここは当時、通信室としての役割を果たしていたようです。
フレアが出てしまいましたが、なんとなく雰囲気が気に入りました。


4時間以上歩き回ったところで、携帯もカメラの充電も切れていよいよ遭難…というところで帰りの船で街に戻りました。
予備のバッテリーは必要だなと痛感しました。

日帰りの弾丸でしたが、東京では絶対に味わうことのできない景色を写真に収める事ができ満足でした。
数年使っていますが、やはりa5000のコンパクトさと操作のし易さはいいなと実感した旅となりました。


↓今回使用した商品はコチラ↓








マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]