【SONY】とある島 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】とある島

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月04日 10時30分]



一年の半分が過ぎて、肌寒くなって来ました。
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650を持って夜行バスに。
秋の訪れを横目に、とある場所へ向かいました。

夜行バスと電車、船を乗り継いで辿り着いたのは
明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞施設となっていた島。
現在は当時の砲台跡や施設跡が残されつつ、キャンプ場などの観光施設としても役割を果たしています。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F8 1/4000 ISO800

平日という事もあり人は疎らで、写真を撮りながら歩いていると一人になり、遭難したような気分になります。
ハイキングコースのように道がある程度は補整されていますが、山の中です。
アップダウンの激しい坂も、a5000とE PZ16-50mmのサイズ感だから乗り越えられたと感じます。
眼下の海を眺めつつ孤独に砲台を目指します。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/600 ISO800


砲台施設はトンネル式になっていて、スマホのライトで照らしながらでないと暗闇を彷徨うことになります。
階段が何箇所もあり、自分が今どこにいるのか混乱します。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/600 ISO800


こちらはフラッシュで撮影して初めて広い空間になってることがわかり驚きました。
a5000の内蔵フラッシュを使うことは殆どありませんでしたが、意外なところで役立ちました。
当時はここに人がいたと思うと不思議な気持ちになります。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F3.5 1/10 ISO800



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F5.6 1/640 ISO800


トンネルとトンネルの間には砲台があったであろう丸い砲座跡が。
昨夜の雨のせいか、池のようになっていました。


砲台跡を抜け、森を彷徨うと一軒の廃墟が。


SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650


180度可動の液晶モニターがあるので煽りで撮るのも楽です。

この辺りから一人の時間が長すぎて動画を撮って感想を一人で喋っていました。
今度は家族や友人と訪れよう。そう誓いました。
a5000は動画撮影ももちろん出来ますので、写真と動画を代わる代わる撮っていました。



SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F4 1/30 ISO1600


ここは当時、通信室としての役割を果たしていたようです。
フレアが出てしまいましたが、なんとなく雰囲気が気に入りました。


4時間以上歩き回ったところで、携帯もカメラの充電も切れていよいよ遭難…というところで帰りの船で街に戻りました。
予備のバッテリーは必要だなと痛感しました。

日帰りの弾丸でしたが、東京では絶対に味わうことのできない景色を写真に収める事ができ満足でした。
数年使っていますが、やはりa5000のコンパクトさと操作のし易さはいいなと実感した旅となりました。


↓今回使用した商品はコチラ↓








マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]