【Voigtlander】HELIAR75 曇りのち雨 待ちぼうけ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Voigtlander】HELIAR75 曇りのち雨 待ちぼうけ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月28日 10時30分]


HELIAR classic 75mm F1.8 VM


夏の暑さも幕を引き、新たな撮影シーズンの到来となりましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
早速私事ではございますが、実は先日新しいレンズを購入いたしまして、
ぶらりと撮りに行こうと友人に声をかけては連敗した次第です。
今回もまたひとりでお散歩となりましたが、
皆様には最後までお付き合いいただけると幸いです。


今回使ったレンズは
【Voigtlander HELIAR classic 75mm F1.8 VM】

巷では真実の標準レンズだとか何とか。
さっそく参りましょう。


HELIAR classic 75mm F1.8 VM



HELIAR classic 75mm F1.8 VM



「小さなお家と迷子の帽子」
怪しい天気に重い気持ちと足を動かし街を往く。
見かけた小さな家がいつでも帰っておいでと言ってくれている気がして1枚。
また1枚。
今日はどんな1日になるんだろうな。



HELIAR classic 75mm F1.8 VM



HELIAR classic 75mm F1.8 VM



「灰に咲く」
この重い空の下の街を彩るのが色とりどりの花たち。
青空の下撮るのもいいですが、
曇が一層その色が浮き出ると思うのは私だけでしょうか。




HELIAR classic 75mm F1.8 VM




HELIAR classic 75mm F1.8 VM




「透明のむこう」
鏡や水面、窓に映る世界はなんだか自分の住んでいる世界とは違う、
似て非なるものだったらなとか、
透明のむこうに写る景色への興味はいくつになっても絶えないですね。




HELIAR classic 75mm F1.8 VM




HELIAR classic 75mm F1.8 VM





「待ちぼうけ」
いよいよ降り出したので本日はここまで。
いろいろ模索して参りましたがアンダーめに撮るのが最近のマイブームだったりします。
先の通り、花やガラスの写真にせよ雨の日の暗い写真は自分の目で見た世界とはまるで別の物が写るような気がして出来上がりが
特に楽しみだったりします。

普段愛用しているレンズとはまた違う色合いでひとりの撮影でしたが、
楽しく撮り回れたのでは、と感じております。
全然寂しくなんてありません。
さて余談はさておき、
使い勝手は普段35mmの広角もとい準標準を使う私としてはもう少し慣れが必要な画角だったかなとも思います。
ただその明るさ、描写性はクセになる何かがあるのは確か。
ひとえに、試し甲斐のあるいいレンズではないでしょうか。


さて、今回はここまで。
このたびも長々とお付き合いありがとうございました。それではまた次の機会に。












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]