究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 | THE MAP TIMES 
Select Language



究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]


人間の目のF値は1.0と言われおり、今回使用したレンズの明るさはF0.95。
肉眼より明るいレンズで撮影すると夜景はどの様に写るのでしょうか。
今回は現行販売されているレンズの中でもトップクラスの明るさを誇る
中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」を使って撮影してみました。

今回撮影した映像

使用機材:SONY α9+中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95
撮影設定:F0.95/4K24fps記録 ISO AUTO(100~6400)で撮影

動画撮影時はフレームレートの関係からシャッタースピードを大きく下げて露出を調整するのは難しく、今回のような街灯の殆どない無い場所では明るいレンズが力を発揮してくれます。
また、暗所ノイズに強いα9と組み合わせることで肉眼よりも明るく鮮明な映像が撮影できました。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

目視では確認することが出来なかった建物の色や質感など細かなディティールまで写し込んでいます。
カメラの高感度性能も重要ですが、ライトなどを一切使わず環境光だけでここまで撮影できるとF0.95の恩恵を十分体感できます。

実際の暗さが分かりにくいため、比較用に同じ場所をスマートフォンで撮影した画像です。

全体的に暗く、提灯の明かりが確認できる手度ですが肉眼で見えたイメージに近い明るさです。
この画像を見ると撮影場所の暗さがお分かり頂けると思います。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

F0.95だけあって絞り解放であれば背景は大きくボケてくれます。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

光源が入ると大きくフレアが発生しますが、このフレアをあえて取り込むことで印象的な映像にも出来そうです。
嫌われがちなフレアですが映像表現の一つとして活用するのも面白いと思います。

今回の撮影はすべてF0.95で行いました。
絞り開放だと周辺減光やレンズの解像感の甘さが目立ちますがオールドレンズを彷彿とさせる独特の描写が動画に良いアクセントを加えてくれます。
絞りもクリック感のない無段階絞りなので動画にも最適です。

▼今回の使用したカメラ&レンズはこちら▼



スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]