究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 | THE MAP TIMES 
Select Language



究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]


人間の目のF値は1.0と言われおり、今回使用したレンズの明るさはF0.95。
肉眼より明るいレンズで撮影すると夜景はどの様に写るのでしょうか。
今回は現行販売されているレンズの中でもトップクラスの明るさを誇る
中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」を使って撮影してみました。

今回撮影した映像

使用機材:SONY α9+中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95
撮影設定:F0.95/4K24fps記録 ISO AUTO(100~6400)で撮影

動画撮影時はフレームレートの関係からシャッタースピードを大きく下げて露出を調整するのは難しく、今回のような街灯の殆どない無い場所では明るいレンズが力を発揮してくれます。
また、暗所ノイズに強いα9と組み合わせることで肉眼よりも明るく鮮明な映像が撮影できました。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

目視では確認することが出来なかった建物の色や質感など細かなディティールまで写し込んでいます。
カメラの高感度性能も重要ですが、ライトなどを一切使わず環境光だけでここまで撮影できるとF0.95の恩恵を十分体感できます。

実際の暗さが分かりにくいため、比較用に同じ場所をスマートフォンで撮影した画像です。

全体的に暗く、提灯の明かりが確認できる手度ですが肉眼で見えたイメージに近い明るさです。
この画像を見ると撮影場所の暗さがお分かり頂けると思います。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

F0.95だけあって絞り解放であれば背景は大きくボケてくれます。

SPEEDMASTER 50mm F0.95
(映像素材からの切り出し)

光源が入ると大きくフレアが発生しますが、このフレアをあえて取り込むことで印象的な映像にも出来そうです。
嫌われがちなフレアですが映像表現の一つとして活用するのも面白いと思います。

今回の撮影はすべてF0.95で行いました。
絞り開放だと周辺減光やレンズの解像感の甘さが目立ちますがオールドレンズを彷彿とさせる独特の描写が動画に良いアクセントを加えてくれます。
絞りもクリック感のない無段階絞りなので動画にも最適です。

▼今回の使用したカメラ&レンズはこちら▼



スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年10月08日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。Ⅲ 【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III 2018年11月29日
カメラと旅を。第三弾。 今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。 使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6 長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。 GoProHERO6 焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1693秒 ISO:100 とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。 a5100...
続きを読む
null 【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF 2018年11月27日
α7RIII + Batis 2/40 CF ss1/1250 F2.0 ISO100 CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。 まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが 一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのライ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]