秋の嗜み | THE MAP TIMES 
Select Language



秋の嗜み

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年10月05日 08時00分]



長かった残暑もようやく落ち着き、過ごしやすい季節になってきました。
今年は例年より気候が不安定なように感じますが、貴重な晴れ間にはどこか広い空間で穏やかに過ごしたいものです。

そしていよいよ芸術の秋に突入。
絵画や映画を鑑賞するのは定番ですが、今年は写真を嗜んでみるのはいかがでしょうか。
ということで、今回は東京都写真美術館のある恵比寿ガーデンプレイスへ行ってきました。

Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


JR恵比寿駅からガーデンプレイスへ向かうとまず見えてくる赤煉瓦の建物。
おなじみエビスビールの工場跡に建てられたレストランの壁に絡まる葉に日が差し込んでいます。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


レストランから少し進んだところにあるエレベータホール。
窓からやんわりと光が入り込み、床のタイルの質感を際立たせています。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


さらに奥へ進むと西洋風の風景が広がり、中央にある建物はレストランになっています。
外に置かれた椅子やテーブル、階段や植木に至るまで西洋の雰囲気が完全に再現されています。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


広場から美術館を挟んだ向かい側には細い路地があり、こじんまりしたバーやレストラン、さらにはスナックに至るまで個性豊かなお店が並んでいます。



Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


窓から覗くヱビス黒ビールの文字。
美術館から出るとすっかり暗くなっていました。


Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO + Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


西洋風の建物は夜になるとライトアップされ、街灯一つをとってもとてもロマンチックです。


夏が過ぎ去ってだんだんと夜の時間が長くなっている今日この頃。
秋の夜長に写真を楽しむために、強力な手振れ補正のついた LUMIX DC-G9 PROと、大口径レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.で撮って良し、観て良しの写真生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。




今回使用した機材はこちら
Panasonic (パナソニック) LUMIX DC-G9 PRO ボディ
Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.












〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年10月05日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]