【Nikon】Z7徹底使用レポート Vol.1~Z7と一眼レフを同時に使うという選択肢~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Z7徹底使用レポート Vol.1~Z7と一眼レフを同時に使うという選択肢~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月11日 17時30分]





ニコン待望のフルサイズミラーレスデジタル一眼カメラ、Z7が発売されてから、早くも一週間ほどが経ちました。

非常にご好評をいただいてはおりますが、
まだちょっと検討中というお客様もいらっしゃいます。
そういった、検討中のお客様からのお話を伺うと、こんな声が。
「ニコン初のフルサイズミラーレス。魅力的だけど、初期の初期で購入するのは少々勇気が必要。」
「レンズやアクセサリーなどのシステムが出そろってから、改ためてほかの方の評価を参考に購入を検討したい・・・。」

しかし、ニコンを愛してやまない私はこう申し上げたい。
Z7の買い時はほかのいつでもない、今なのです!

というわけで、私自身が撮影した写真を踏まえて、Z7のイイトコロをご紹介していければと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


Z7は、一眼レフの機能を補完し得るのか

Z7より一年先駆けて発売された、Nikon D850。
有効画素数 約4500万画素 裏面照射型CMOSセンサーを搭載するスペックは、最新のZ7のスペックと比較してもかなり重複している点が多く感じます。
さて、こんな両機を比較し、「どちらが優れているのか」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、レフ機とミラーレス機には、機能的な得手不得手がありますので、使用目的などによって、その結果は異なってくる場合があります。

ニコンは、今後の製品展開は、ミラーレスと一眼レフをそれぞれのメリットを活かしつつ、開発を継続すると発表しております。

そこで、私からの提案は、「一眼レフとミラーレス2台持ち」という選択です。
突拍子もない話かもしれませんが、互換性に優れたニコンの機種ならではの使い方で、今後の写真生活をより良いものにできること間違い無しの選択肢なのです。


Nikon Z7 & D850


今回は、やはりスペックで相似点の多いD850との組み合わせです。
レンズはZ7にはAF-S 24-70mm f/2.8E ED VR、
D850にはAF-S 70-200mm f/2.E FL ED VRを装着し臨みます。

D850を選択した理由は、前述の通り、Z7との描写性能がもっとも近いと思われたからです。
また、上記のレンズを選択した理由とは、既存のレンズシステムとの互換性を体感するためです。
では、実際に標準域と望遠域をそれぞれ違うカメラで撮影してみます。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:1/8 F11 ISO100)


山間のダムを訪れました。
ここ最近私が山に入ると霧が出る日が多いようです。

遠くを見ると、霧がかった山間部に鉄塔が続いており、なんともエモーショナル。
「同じ描写性能のカメラで望遠を使いたい。」こんなとき、
レンズを付け替える時間は大きなタイムロスを招きます。
とりわけ、今回の霧などは、流動的な被写体なので、もたもたする時間はありません。
あらかじめ左肩に下げておいたD850に持ち替え、シャッターを切ります。

余談ですが、このときのシャッタースピードは1/8秒。
Z7にFTZを介して手振れ補正つきのレンズを使用した際は3軸手振れ補正になるとのこと(ボディがロール、レンズがピッチとヨー)ですが、この効果はDシリーズの一眼レフと比較した際にZ7の最も体感的に違いを実感する部分でした。


D850 + AF-S 70-200mm f/2.8E FL ED VR
(Nikon D850 SS:1/60 F11 ISO100)


無事、一瞬の景色を収める事ができました。

つづいて、同県内にある、下流側にループ橋を擁するダム。
まずは"引き"のZ7でダムの全貌を押さえます。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:1/15 F11 ISO100)


手振れ補正が大いに有効だと、低速シャッターにも果敢に挑戦でき、ISO感度を下げつつ、良く絞った上で撮影する事ができます。

そのまま望遠に持ち替えて、ダムのピンポイントの造形を撮影します。



(Nikon D850 SS:1/60 F5.6 ISO100)


すばらしいです、この機動力。
D850を二台持つよりも、片方の重さも軽減されるので、撮影時の疲労も軽減されます。
ダイヤルなどに相違がありますが、主要な人差し指付近の操作系は共通なので、とっさの設定変更にもそこまで戸惑う事はありません。

最後は三脚を立てて、最低常用感度で長秒露光。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:20 F11 ISO64)


驚くべき事に、ノイズが全く目立ちません。
ここまで夜間撮影でも鮮明に描写できれば、きっと天体撮影などにも活用できるはずです。

いかがでしょうか。
私の思惑通り、Z7は必要十分に一眼レフとの共存が可能です。
少なくとも、今回のような静物撮影では、同等の描写性能を持つD850に対して、
全く引けを取らないポテンシャルを持っていることが、よくわかりました。

一眼レフと比較した際によく言われるバッファーの問題などは、別の回で検証をしてみる予定です。

次回も実用的なレビューをお届けしますので、
ご期待ください。




↓今回使用した機材はこちら↓


↓新世代のZシリーズ↓



Z7は店頭にて展示中です。
マウントアダプターFTZもご用意しておりますので、
お試しの際はお気軽にお問い合わせください。
店頭にてお待ちしております!


MAPCAMERA店舗地図




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月11日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]