【Nikon】Z7徹底使用レポート Vol.1~Z7と一眼レフを同時に使うという選択肢~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Z7徹底使用レポート Vol.1~Z7と一眼レフを同時に使うという選択肢~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月11日 17時30分]





ニコン待望のフルサイズミラーレスデジタル一眼カメラ、Z7が発売されてから、早くも一週間ほどが経ちました。

非常にご好評をいただいてはおりますが、
まだちょっと検討中というお客様もいらっしゃいます。
そういった、検討中のお客様からのお話を伺うと、こんな声が。
「ニコン初のフルサイズミラーレス。魅力的だけど、初期の初期で購入するのは少々勇気が必要。」
「レンズやアクセサリーなどのシステムが出そろってから、改ためてほかの方の評価を参考に購入を検討したい・・・。」

しかし、ニコンを愛してやまない私はこう申し上げたい。
Z7の買い時はほかのいつでもない、今なのです!

というわけで、私自身が撮影した写真を踏まえて、Z7のイイトコロをご紹介していければと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。


Z7は、一眼レフの機能を補完し得るのか

Z7より一年先駆けて発売された、Nikon D850。
有効画素数 約4500万画素 裏面照射型CMOSセンサーを搭載するスペックは、最新のZ7のスペックと比較してもかなり重複している点が多く感じます。
さて、こんな両機を比較し、「どちらが優れているのか」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、レフ機とミラーレス機には、機能的な得手不得手がありますので、使用目的などによって、その結果は異なってくる場合があります。

ニコンは、今後の製品展開は、ミラーレスと一眼レフをそれぞれのメリットを活かしつつ、開発を継続すると発表しております。

そこで、私からの提案は、「一眼レフとミラーレス2台持ち」という選択です。
突拍子もない話かもしれませんが、互換性に優れたニコンの機種ならではの使い方で、今後の写真生活をより良いものにできること間違い無しの選択肢なのです。


Nikon Z7 & D850


今回は、やはりスペックで相似点の多いD850との組み合わせです。
レンズはZ7にはAF-S 24-70mm f/2.8E ED VR、
D850にはAF-S 70-200mm f/2.E FL ED VRを装着し臨みます。

D850を選択した理由は、前述の通り、Z7との描写性能がもっとも近いと思われたからです。
また、上記のレンズを選択した理由とは、既存のレンズシステムとの互換性を体感するためです。
では、実際に標準域と望遠域をそれぞれ違うカメラで撮影してみます。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:1/8 F11 ISO100)


山間のダムを訪れました。
ここ最近私が山に入ると霧が出る日が多いようです。

遠くを見ると、霧がかった山間部に鉄塔が続いており、なんともエモーショナル。
「同じ描写性能のカメラで望遠を使いたい。」こんなとき、
レンズを付け替える時間は大きなタイムロスを招きます。
とりわけ、今回の霧などは、流動的な被写体なので、もたもたする時間はありません。
あらかじめ左肩に下げておいたD850に持ち替え、シャッターを切ります。

余談ですが、このときのシャッタースピードは1/8秒。
Z7にFTZを介して手振れ補正つきのレンズを使用した際は3軸手振れ補正になるとのこと(ボディがロール、レンズがピッチとヨー)ですが、この効果はDシリーズの一眼レフと比較した際にZ7の最も体感的に違いを実感する部分でした。


D850 + AF-S 70-200mm f/2.8E FL ED VR
(Nikon D850 SS:1/60 F11 ISO100)


無事、一瞬の景色を収める事ができました。

つづいて、同県内にある、下流側にループ橋を擁するダム。
まずは"引き"のZ7でダムの全貌を押さえます。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:1/15 F11 ISO100)


手振れ補正が大いに有効だと、低速シャッターにも果敢に挑戦でき、ISO感度を下げつつ、良く絞った上で撮影する事ができます。

そのまま望遠に持ち替えて、ダムのピンポイントの造形を撮影します。



(Nikon D850 SS:1/60 F5.6 ISO100)


すばらしいです、この機動力。
D850を二台持つよりも、片方の重さも軽減されるので、撮影時の疲労も軽減されます。
ダイヤルなどに相違がありますが、主要な人差し指付近の操作系は共通なので、とっさの設定変更にもそこまで戸惑う事はありません。

最後は三脚を立てて、最低常用感度で長秒露光。


Z7 + AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR
(Nikon Z7 SS:20 F11 ISO64)


驚くべき事に、ノイズが全く目立ちません。
ここまで夜間撮影でも鮮明に描写できれば、きっと天体撮影などにも活用できるはずです。

いかがでしょうか。
私の思惑通り、Z7は必要十分に一眼レフとの共存が可能です。
少なくとも、今回のような静物撮影では、同等の描写性能を持つD850に対して、
全く引けを取らないポテンシャルを持っていることが、よくわかりました。

一眼レフと比較した際によく言われるバッファーの問題などは、別の回で検証をしてみる予定です。

次回も実用的なレビューをお届けしますので、
ご期待ください。




↓今回使用した機材はこちら↓


↓新世代のZシリーズ↓



Z7は店頭にて展示中です。
マウントアダプターFTZもご用意しておりますので、
お試しの際はお気軽にお問い合わせください。
店頭にてお待ちしております!


MAPCAMERA店舗地図




〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2018年10月11日 17時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]