超望遠レンズで飛行機撮影 | THE MAP TIMES 
Select Language



超望遠レンズで飛行機撮影

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月12日 12時00分]





マップカメラでは現在、航空祭などで活躍する超望遠レンズをおすすめしております。
空が綺麗なこの時期は、青空を背景にかっこいい飛行機をたくさん撮影したいものです。
しかし航空祭の日は既に別の予定が....など、撮影の機会に恵まれないのも現実です。
そんな時は、近くの空港に出掛けてみてはいかかがですか?
通常の飛行機はもう見飽きたと言われる方のために、珍しいラッピングの機体を紹介します。


R2-D2
焦点距離:500mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D4S +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


映画「STAR WARS Episode7」の公開に合わせて始まったANAの「STAR WARS JETS」シリーズ。
B787-9 型機が映画に登場する「R2-D2」をイメージしたカラーにラッピングされています。


R2-D2
焦点距離:270mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D4S +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


主に国際線で使用されているため、羽田空港や成田空港で見ることができます。
使用したレンズは「Nikon AF-S 200-500mm F5.6E ED VR」。手持ちで撮影できる便利な超望遠ズームレンズです。
滑走路での動きに合わせながらズームすることで、画面いっぱいに機体を捉えることができます。
4.5段分の手ブレ補正機能に、高速連写中も安定した絞り操作をする電磁絞り機構を搭載。遠くの被写体の決定的瞬間を撮るのに最適な1本です。


R2-D2
焦点距離:500mm / 絞り:F7.1 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D4S +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


ズーム全域で優れた描写力を発揮するレンズは、離陸後の機体も綺麗に捉えてくれました。


BB-8
焦点距離:200mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D5 +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


続いては、STAR WARSの「BB-8」をイメージしたB777-300型機。
R2-D2と同じく、国際線で使用されているので羽田空港や成田空港で見ることができます。


BB-8
焦点距離:200mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D5 +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


成田空港第1ターミナルの展望デッキで機体の到着を待っていたのですが、着陸滑走路の見当が外れ着陸シーンを見逃すことに。ロビーからの撮影になりました。
しかもこの日に限って、標準域のレンズの持っていなかったという始末。
「SIGMA Sports 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM」のような、便利な高倍率超望遠ズームが欲しかったと今更ながらに思います。


BB-8
焦点距離:200mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:800
使用機材:Nikon D5 +AF-S 200-500mm F5.6E ED VR


ガラス越しでも反射なく綺麗に収まったことに救われました。


C-3PO
焦点距離:400mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


STAR WARSシリーズの最後は、フォトプレビユーサイト「Kasyapa」でも登場した「C-3PO」カラーのB777-200型機。
こちらは国内線仕様ですので運が良ければ、B777運用のある近くの空港で遭遇できるかもしれません。


C-3PO
焦点距離:400mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2000秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


ド派手な金色がトレードマークの「C-3PO」を見事に再現。西日を浴びて輝きを増す機体がとても鮮やかです。
これを捉えたのが、高い解像性能を持つSONYのGマスター超望遠レンズ。400mmF2.8というスペックを持ちながら2,895gという軽量さを実現。ボディ内手ブレ補正機能と相まって、手持ちでも安定した撮影を可能にします。


C-3PO
焦点距離:400mm / 絞り:F4 / シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


細かな機体のディテールも捉える高い解像力です。さすが最新のフラッグシップレンズです。人気が高く入手困難なことが悔やまれます。


西郷どん
焦点距離:400mm / 絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100
使用機材:SONY α9 +FE400mm F2.8 GM OSS


STAR WARS以外にも様々なラッピング機がありますので、探して見ると楽しいですよ。超望遠レンズを是非お試しください。
ドラマは江戸城無血開城をして、いよいよクライマックスの「西郷どん」。JALのラッピングもそろそろ見納め?






使用機材はこちら



お求めやすい中古商品もございます。



活躍間違いなし!注目の新製品!



〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月12日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

虫撮りその2 【SONY】α77II 虫撮りその2 2018年12月15日
前回、撮影に行ってから2ヶ月ほど経ちました。その間に秋を飛び越えたように冬の寒さになった気がしました。 さて、こんな寒さになっても虫はいるのでしょうか。 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 この蝶(クモガタヒョウモン)や川の中にモツゴ(関東名ではクチボソ)稚魚を撮りに行った頃と違い季節が急に冬になった気がしました。 なんとか、この気候にいる昆虫・魚に会いたいものです。 探したのです...
続きを読む
null ネガフィルム撮り比べしてみました 2018年12月14日
現在デジタルカメラが主流になっていますが、フィルムで撮るとデジタルとはかなり違った印象になります。 今回はいろいろなフィルムで撮影した写真をご紹介していきます。 ちなみに個人的にはいかにもフィルム、というような粒子感が好きです。 なおすべて現像と一緒にスキャンしてもらったため、自動補正が掛かっています。 Canon EF35mm F2 IS USM FUJICOLOR 100 Canon EF35mm F2 IS USM Kodak UltraMAX 400 Carl Zeiss Distagon T* 25mm F2.8 ZF Kodak PORTRA160...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.02 【Canon】R Playing vol.02 2018年12月13日
という訳で晴れた日の撮影。 と言っても、陽がすでに落ち始め、、 秋の感覚を引きずったままだと時間の早さにびっくりします。 さて、今回のレンズも「EF35mm F1.4L II USM」と「EF135mm F2L USM」 どちらも本当に良いレンズです。 一枚目は陽が落ちかけの逆光での撮影、どうでしょう。 このレンズを使いたくなる理由はお分かりいただけるでしょうか。 Vol.1でも同じレンズを使っているので感想は簡単に。 線が細く、丁寧な描写をします。 基本的に解像が良くなれば良くなる...
続きを読む
【Canon】R Playing  vol.01 【Canon】R Playing vol.01 2018年12月13日
みなさま写真、楽しんでますか。 とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。 Canonからも待望の EOS R が発売されました。 今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。 Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。 調整したのはほぼ「明るさ」のみ。 ピクチャースタイルは「ディテール重視」 EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。 撮って楽しい、撮った後も楽しい。 こちらは曇天。 枯葉で地面が埋まるこ...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]