【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。

新宿から小田急線で揺られること約20分。
向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、
長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。
歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。

OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。
2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。

ばら苑は年2回、春と秋に公開され、春はおよそ805種3,300株、秋はおよそ625種2,900株のバラを見ることができます。
今年の公開は11月4日日曜日までとなっています。

今回のバラ撮影に用意したのは、OLYMPUS E-1とZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro。

OLYMPUS E-1は2003年10月にオリンパスのフラッグシップフォーサーズ機として発売されました。
画素数は500万画素と時代を感じさせますが、搭載されたコダック製のCCDセンサーとオリンパスの色づくりは、
ほかの機種にはない魅力を今でも放っております。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

残念ながら生憎の曇り空。ただ、影が出にくいので花の撮影にはちょうどいいです。
苑内綺麗に整備されていて、品種毎に名前の札がついています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

まず目についたのが「フラグラント・クラウド」。日本語に訳すと「香りの雲」だそうです。近づくとバラの香りが広がっています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

イングリッド・バーグマンという名前は映画「カサブランカ」や「誰が為に鐘は鳴る」などで知られる女優に由来しているとのこと、ビロードのような花びらがとても美しいです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今度は「スーパースター」という品種です。マクロで接写するとオレンジ色がボケの中に溶けていきます。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

淡いピンクに包まれているのが「ミシェル メイアン」。花の名の由来は、作成者のフランシス・メイアン夫妻の娘の名前だそうです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

幾重にも花を重ねる「セプタード・アイル」というバラは、シェークスピアの歴史劇「リチャード2世」のセリフに由来するそうで「王が治める島」という意味です。

このほかにも、たくさんのバラがありゆっくりと楽しむことが出来ました。生田緑地ばら苑は都心からも近く、沢山のバラを楽しめるスポットです。
開園期間は11月4日日曜日までとなりますので、秋のお散歩にいかがでしょうか。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]