Select Language

【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]


とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。

新宿から小田急線で揺られること約20分。
向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、
長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。
歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。

OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。
2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。

ばら苑は年2回、春と秋に公開され、春はおよそ805種3,300株、秋はおよそ625種2,900株のバラを見ることができます。
今年の公開は11月4日日曜日までとなっています。

今回のバラ撮影に用意したのは、OLYMPUS E-1とZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro。

OLYMPUS E-1は2003年10月にオリンパスのフラッグシップフォーサーズ機として発売されました。
画素数は500万画素と時代を感じさせますが、搭載されたコダック製のCCDセンサーとオリンパスの色づくりは、
ほかの機種にはない魅力を今でも放っております。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

残念ながら生憎の曇り空。ただ、影が出にくいので花の撮影にはちょうどいいです。
苑内綺麗に整備されていて、品種毎に名前の札がついています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

まず目についたのが「フラグラント・クラウド」。日本語に訳すと「香りの雲」だそうです。近づくとバラの香りが広がっています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

イングリッド・バーグマンという名前は映画「カサブランカ」や「誰が為に鐘は鳴る」などで知られる女優に由来しているとのこと、ビロードのような花びらがとても美しいです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今度は「スーパースター」という品種です。マクロで接写するとオレンジ色がボケの中に溶けていきます。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

淡いピンクに包まれているのが「ミシェル メイアン」。花の名の由来は、作成者のフランシス・メイアン夫妻の娘の名前だそうです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

幾重にも花を重ねる「セプタード・アイル」というバラは、シェークスピアの歴史劇「リチャード2世」のセリフに由来するそうで「王が治める島」という意味です。

このほかにも、たくさんのバラがありゆっくりと楽しむことが出来ました。生田緑地ばら苑は都心からも近く、沢山のバラを楽しめるスポットです。
開園期間は11月4日日曜日までとなりますので、秋のお散歩にいかがでしょうか。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!35票


みんなのライカ

みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッ...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む
SIGMA fp + SIGMA MC-21 + TAMRON SP 35mm F1.4 Di USD

【SIGMA】しぐまびより Part35[2020年02月25日]

SIGMA fp から使えるようになった「ティールアンドオレンジ」 Quattroから使えるようになったアスペクト比「21:9」と 合わせることがすっかりマイブームになりました。 現像ソフト「Adobe Lightroom」に SIGMAの カラーモードを反映できるプリセットが用意されるようになってから最近はこちらで現像しています。 「ティールアンドオレンジ」のみだけでなく「サンセットレッド」なども使えま...
続きを読む
【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで

【FUJIFILM】X-PRO2とちょっとそこまで[2020年02月24日]

川崎で用事を済ませ時間が余った午後の日のこと。 天気もいいのでどこに行こうかと予定もなく駅の路線図を眺めていたら目に留まったのが秘境駅「海芝浦」でした。 「海芝浦」駅に向かうにはひとつの方法しかありません。それは鶴見線に乗ること。 早速、電車に乗り換え鶴見線の始発駅である鶴見駅に向かいました。 昭和の面影を色濃く残すレトロなホームに3両編成の短い電車入ってきます。...
続きを読む
スローシャッター×ポートレート

【OLYMPUS】スローシャッター×ポートレート【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月23日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『スローシャッター×ポートレート』 絞り:F4 / シャッタースピード:1/2秒 / ISO:200 / 使用レンズ:OLYMPUS M...
続きを読む