Motorsports photo #4 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #4

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]


「10月サーキット撮影-FUJI FILMで撮る-」


前回のサーキット撮影から2ヶ月たち、久しぶりに富士スピードウェイに行ってまいりました。
今回の撮影は「WEC世界耐久選手権 第4戦富士6時間レース」。予選から雨が降るコンディションということもあり、レインカバーをカメラに装着し機材を保護しながら撮影しておりました。
今回のレースは世界選手権ということもあり、海外から観戦に来ている方が多く、加えてピットやパドックエリアも普段のレースの雰囲気とは違い、海上コンテナがずらりと並び、とても新鮮でした。
レース結果としてはトヨタ7号車が今季初優勝。2位にはトヨタ8号車と続きワン・ツーフィニッシュとなり母国レースで最高の結果となりました。

さてさて、今回の撮影機材は「FUJIFILM X-H1にXF100-400mm・XF1.4X TC」になります。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/100)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/125)

今回はテレコンバーターを使用しましたが、そこまでAFも迷わずに撮影できました。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR (SS 1/60)

連写で撮影するのではなく、シングル撮影をしてみました。これもまた楽しい。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)


FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/320)

少しシャッタースピードを早くして撮影してみました。ピタッと止まっている写真もたまにはいいかもしれません。

FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR
FUJIFILM X-H1+XF100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WR+XF1.4X TC WR(SS 1/125)

サーキットでFUJIFILMを使用するのは初めてでした。第一印象は「コンパクトで軽い」機動力抜群でした。
様々な撮影ポイントに動き回る際に、この軽さは武器になります。
周りで撮影されている方たちは、「バシャバシャ」といい音を鳴らしている中、無音で撮っていると、本当に撮れているのか不安でしたが、その感覚を味わえるのもミラーレスカメラの楽しさなのかもしれません。
実は筆者、今回の撮影ではNikonの機材も使用し撮影してきております。話題のミラーレスカメラ「Z7」を使用したものもありますので、後日公開できればと思います。それまでしばらくお待ちください!


↓使用した機材です↓










〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年10月17日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]